「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花⑤

愛してる、そばにいて0726

 ←愛してる、そばにいて0725 →詐欺画面表示について
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「…戒」
 子犬を連れたジーナが、通りのベンチに腰掛けている戒の姿を目にし、立ち止まって呆然と呟く。
 …なんて言おうか考えてなかった。
 今更ながらの感慨。
 けれど、自然に浮かんだ笑みは、それでも彼の正直な感情の発露で、常のようにはそこにはなんの意図もなかった。
 ただ彼女に逢えたことが嬉しかったーーーそれだけ。
 「犬…、飼ったの?」
 「え?」
 立ち尽くして、ただ彼の顔をジッと見つめているジーナの傍らへと歩み寄った。
 出逢った頃の視線の位置とは逆転して、いつの間にか戒の方が背が高くなっていることに気がつく。
 おそらくジーナも同じことを思ったのだろう。
 わずかに視線を動かし、彼の頭の位置を確かめ、驚いたような顔をしている。
 「ラブラドールだよね?」
 真っ黒な毛並みの子犬は愛らしい顔立ちをしていて、その目には浮かぶ理智の光は、戒のことをどんな人間なのか図ろうとしているようにも見える。
 しゃがみこんで片手を顎の下に差し出すと、子犬はふんふんと戒の匂いを嗅いで、彼の手をペロリと熱い舌先で舐めた。
 「…ふふ、可愛いじゃん」
 「えっと…、あたしの犬じゃなくって、この子は盲導犬協会からの預かりものなの」
 「ああ。パピーレイザーになったんだ?」
 「そう。自分でペットを飼うことも考えたけど…せっかくだから、以前に経験したことを活かして、少しでも誰かの役に立てればって思ったから」
 「へぇ」
 パピーレイザーとは、日本でいうパピーウォーカーのことで、盲導犬や聴導犬などの介助犬となる候補犬を一歳まで育てる一般家庭のボランティアのことだ。
 以前、戒の頼みで、滋がジーナに盲導犬関係のアルバイトを紹介したことがあった。
 元々動物が好きで、ペットシッターもしていた彼女がそのことに触発され、一時期はトレーナーになるのもいいかもしれないと夢を馳せていたこともあるくらいだ。
 犬の頭を柔らかく撫で、戒は立ち上がった。
 「いつ…フィラデルイフィアへ?」
 姉弟揃って最初に聞くことがそれなのかと、妙なおかしみを感じて戒が小さく笑う。
 「昨夜かな」
 「お父さんに反対されなかったの?」
 しかし、ついでの質問はジュリオと同じものではなかった。
 これまで彼女に司の意向など気にされたこともなかったというのに。
 いや、遥か以前、一度だけあったか。
 思えばその頃にはもう、彼女と自分の間に司の影が差し始めていたのだろう。
 戒が気がついていなかっただけで。
 ジーナの質問に答えることはせず、戒はさっと周囲を見回し提案する。
 まだ朝も早い時間帯、それほど人通りがあるわけではなかったが、ジョギングする人間や、ジーナのように犬の散歩に繰り出す近隣の住人たちの姿がチラホラと見え始めていた。
 「こんなところで立ち話もなんだから、どこか店にでも移動しない?」
 こんな早朝から開いている店など、それこそダイナーのような店かファーストフード店くらいの選択肢しかないが、それでもこんな往来で込み入った話をするよりはよほどマシには違いない。
 だが、ジーナは足元へと視線を落として逡巡し、しかし、結局首を横に振って彼に応じなかった。
 「いいえ」
 「じゃあ、ジーナのうちに招待してくれる?」
 「無理。今は、あたし、一人で暮らしてるわけじゃないから」
 ケンモホロロな断り文句に、ジーナに再会して初めて、戒の唇の端に自嘲が浮かぶ。
 ジーナが一人暮らしではないことなど、彼女の住む家からジュリオが出て来たことだけでも容易にわかることだ。
 少なくても、ジーナと彼女のすぐ下の弟の他に、ジュリオが出がけに話していた人物がいるはずだった。
 いや、それ以前に、彼女が現在、アルコール中毒の更生施設に入っている父親以外の家族と一緒に暮らしていることは、戒も調査会社からの報告書で承知していることだったのだ。
 それがなぜか…どういった経緯からかまでは、短期間の調査では調査会社も突き止めることはできていなかった。
 けれど、戒にはそうした部分を補足するいくつもの情報を自身で突き止めていたし、そうでなくても彼女と完全に連絡が取れなくなって、彼女が戒に無断で行方を晦ました時から、おおむね彼女と自分の間に起きていることの大半を予想づけていた。
 だが、戒は素知らぬ顔を続け、なおも彼はジーナに問いかける。
 「一人暮らしじゃないって、じゃあ、誰と?」
 「誰と…って」
 「…マッシオ?」
 「…っ!」
 「そ?」
 「どうしてっ、…どうしてその名前を」
 戒はジーナの男の名前を、彼女の弟から得ていたが、その男のことに関して直接彼女と話したことはなかった。
 しかし、たとえその存在をジュリオから聞いていなかったにせよ、気が付けなかったはずがない。
 そこかしこ、一人で暮らしているはずの女の住まいに、男の気配を戒も感じていたのだ。
 たとえその当の男の姿を見てはいなかったとしても。
 ジーナは男を待っていた。
 彼女がどう言い繕っていようと、それはたしかなことだったのだ。
 それなのに、
 …ジーナはあのアパートを引き払った。
 男を待って、待ち続けていたはずなのに、それなのに。
 「ジーナがあのアパートから出たのは、俺の父親が来たせい?」
 「………か、戒っ」
 戒の表情は変わらなかった。
 ジーナの前だけで見せる能面のようではない、けれど怒りも哀しみも、……すべてを飲み込んだ複雑な笑みを浮かべるだけで、けっして彼女を咎めてはいないはずだったのに、戒の顔を見たジーナの顔は悲痛に歪んで、彼から目を背ける。
 彼女の顔に浮かんだのは、疚しさ、罪悪感ーーーそしてなぜか、そこには戒に対する憎しみにもよく似た憤りがあるように彼には感じられた。
 「そんなっ、そんな顔であたしを見ないでっ!」 
 「………………」 
 「そんな顔して、回りくどい聞き方しないで、さっさとハッキリ言えばいいじゃないのっ。知ってるんでしょ?わかっててここにやって来たのよね!?あたしが、あんたともう二度と会わないことを交換条件に、あんたの父親からお金や援助をせびっりとった薄汚いメス豚だってことをっ!」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0725】へ
  • 【詐欺画面表示について】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0725】へ
  • 【詐欺画面表示について】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク