「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花④

愛してる、そばにいて0696

 ←愛してる、そばにいて0695 →愛してる、そばにいて0697
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「きゃあっ」
 間近の長椅子を蹴り上げられ、少年と争っていた初老の女性が悲鳴をあげる。
 「ガラが悪いのはどっちだよ!俺のこと見世物でも見るみたいな顔して、失礼なことしてたのはあんたじゃないかっ!?それなのに、なんで俺の親が関係あるんだよっ」
 少年がいくつなのか正確なところはわからないが、背丈の高さだけならかなり大人にも近く、相対する大人を威圧して伸び上がっている様は、今にも手を出してしまいそうだ。
 いまのところ直接的な危害を加えてはいないが、さすがに暴力を奮ったとなれば、いくら子供でもシャレにはならない。
 通り過ぎる通行人たちにしても、相手は子供だということで、興味津々に騒ぎを眺めてゆくか、あとは眉根を潜めて通り過ぎる程度で、特に今はまだ警備員等を呼ばれてはいなかったけれど、それでも万が一にも傷害沙汰にでもなってしまえば大変な話だ。
 「け、警察っ!誰か、警察呼んでちょうだいっ!!」
 騒ぎたて始めた女性の様子に、さすがにつくしも黙っていられなくなってしまった。
 もしかしたら、少年が戒や陽太と同じ年頃だということもあったのかもしれない。
 「……あのぅ、まだ小さな子供のことですし、大事になさらず許してあげてはいかがでしょうか?」
 遠慮がちに割り入ったつくしに、左右大小の鋭い視線が、両方向から同時に向けられる。
 …うっひぃ。
 言うなれば、ギロッという擬音がピッタリくるようなどちらも険悪な眼差し。
 それでもそんなことで怖気つくくらいなら、最初から声などかけてはいない。
 「ほら、あなたも謝って」
 少年へと促す。
 「なんでだよ。俺は悪くない」
 「まあ、悪くはなかったかもしれないけど、言い方ってものがあるでしょ?無作法な大人を許してあげてくれっていうのも、私的にも言いたくはないわ。でも、こんなところでいらない騒ぎになったら、もちろんあなたも困っちゃうわよね?…言いたくないけど、あなたの親御さんだって悲しむんじゃないの?」
 「……………」
 喧嘩腰でなく真摯な言葉で語るつくしから、親の名前を出されて、さすがに頭に血を上らせていた少年もぐうの音もでなかったらしい。
 「ちょっと!あなた、無作法な大人って誰のことですかっ!?」
 「へっ?」
 ついつい正直すぎる感想を吐露してしまっていたらしい。
 指摘された初老の女性が目を三角にして、今度はつくしに詰め寄ってくる。
 「い、いえ、すみません。言葉のアヤってやつですから。……でも、やはり人を凝視するのは、あまり褒められたことじゃないなあ、と」
 「私はっ」
 「あ、私もさっきつい、この子があまりに可愛らしいので、見入ってしまってそんなことを反省してたところなんですよ。はははは」
 さりげなく自分も同だということをアピールし、罪を共有して、手本ではないが、まずはつくし自身から少年に謝罪する。
 「さっきはジロジロ見ちゃって、ごめんね」
 「………………」
 口をへの字に曲げて、あからさまにつくしにこの場を仕切られてしまっていることに不満顔の少年だったが、それでも一応は逆らうつもりはないようで、つくしの謝罪も不機嫌な顔で渋々受け入れ、無言で頷いた。
 あなたも…というように、つくしの視線を受け、相対していた初老の女性の方は、不愉快さもあらわにフンと鼻を鳴らし頷き返すことはなかった。
 こちらはやはりそうは簡単にはいかないようで、反論しようとか、ヒクヒクと癇性に唇の端をヒクつかせ再び口を開く。
 「私には、謝ることなんか……」
 「見られてますよ?」
 「え?」
 ほら、というように、つくしが周囲へと視線を一巡する。
 遠巻きに彼らを見物して、わずかに黒集りになり始めている人々の輪に、カッカッとしていた女性もやっと気がついたらしい。
 女性やつくしが視線を向ければ、慌てたように大半の人たちは目を反らしてその場を立ち去ってゆくが、それでもコソコソと、連れ立つ相手と内緒話しているのは容易に見て取れた。
 サッと顔色を屈辱と羞恥に赤らめ、女性が意気を収めた。
 「まあ、いやだ」
 「…おそらくお見舞いの方だと思いますが」
 女性の姿は、自身が患者のわりには小奇麗にオシャレをしていて、片手にぶら下げている大きな紙袋を見れば、見舞いの品だと誰にでも容易に推察できる。
 「あなたにしても、こんなところで大きな騒ぎになってしまって、病院で噂になっては、入院されている方の迷惑になってしまうのでは?」
 「……………」
 どういう関係の人間の見舞いに来ているにしろ、その相手に対してもメンツが立たないのは明らかだ。
 「本来なら、年長者を立てることがスジだと思うのですが、子供が相手のことですし、ここで大人の度量を見せてあげるのも、大人の義務かな、なんて思うんですけど。……若輩の私がよけいなことでしたら、すみません」
 つくしの下手に出た忠告に、相手の意気地が砕けた。
 「………ジロジロ見てしまって悪かったわ」
 蚊の鳴くような声量での、いかにも不服そうな謝罪だが、それでも謝罪には違いない。
 自分の非も認めたことが大事なのだ。
 つくしが女性へと小さく微笑みかけ、今度は少年を見下ろす。
 彼女の視線での促しを受けて、顔を顰めてはいたが、それでも道理を説かれた上で相手に素直に謝られて、突っぱねられるほどには幼くもないのだろう。
 「MERDE※!ハァ」
 大きくため息をついて、それでも姿勢を正し、少年が腰を折って謝罪する。
 「失礼な物言いをして、ごめんなさい」
 諍いの相手だった女性もそうだが、つくしも驚かされた。
 謝罪しろとは勧めたが、こんなにちゃんとした礼儀に適った謝罪を、この少年ができるとは思わなかったからだ。
 思わず言葉を失い、黙り込んでしまった二人の大人の様子にまだ謝罪が足りないと思ったのか、
 「あと……椅子を蹴って、暴力を奮ったことも」
 顔を上げ、真っ直ぐに相手の目を見て、生真面目に謝罪する少年の目はどこまでも澄んで美しかった。




*****




 「これ、あげる」
 「え?」
 「だから、これ。飲みなよ?」
 「い、いやぁ」
 あまりに無愛想に言われるので、最初つくしは、少年がジュースをくれようとしているのが自分だと気がつかなかった。
 なんとか諍いを収め、一応引き下がりはしたものの、まだ何か言いたげな女性を強引に送り出し、さて、自分も立ち去るかと、その場を離れようとした矢先のこと。
 「お礼。……それともミルクティの方がいい?」
 「まあ、どちらかといえば?」
 つい正直に言ってしまい、ほとんど押し付けられるようにして、ジュースの缶を手渡されてハッと我に返る。
 「いいよ」
 「飲んでよ。ついカッとしちゃったけど、ここで騒ぎになんかなってたら、マジでママンに申し訳たたなかったもん」
 シュンとして複雑な笑みを浮かべた少年からは、先ほどの攻撃的な様子はなりを潜め、本当につくしに感謝しているらしいのが見て取れた。
 わずかに迷ったが、少年が腰を下ろしたソファの横に自分も腰を下ろす。
 ハンドバックから財布を取り出そうとするつくしの手を抑え、少年が念を押してくる。
 「だから、お金をもらっちゃったら、ぜんぜんお礼にならないじゃん」
 「でもね。いくらなんでも子供に奢ってもらうのは、おばさんとしては気がひけちゃうのよ」
 「俺、ジュースも奢れないような、そんな小さな子供なんかじゃないよ」
 少年がムッとした顔で、つくしを睨んだ。




web拍手 by FC2





※MERDE…フランス語の糞尿を表す言葉だが、この場合は悪態。くそ。
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0695】へ
  • 【愛してる、そばにいて0697】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0695】へ
  • 【愛してる、そばにいて0697】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク