「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花④

愛してる、そばにいて0690

 ←愛してる、そばにいて0689 →愛してる、そばにいて0691
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 ちゃっぽん。
 ぎゃいぎゃい、さんざんイヤだとつくしが抵抗したにも関わらず、類に連れて来られたホテル内の会員制プール。
 類は都内でも有名なセレブ御用達会員制プールの会員で、趣味からというよりは、経営者として激務続きでデスクワークばかりによる運動不足解消と健康の為に、秘書によってあえて水泳の時間をスケジュールに組まれていた。
 ジムではないのは、なるべく他人に話しかけられたくないから。
 こうした場も、また彼らにとっての社交場の一つだと思えば、経営者としてどうかというところだが、類の性格では致し方ないのだろう。
 …遠藤さんもそういうとこは無理させないよね。
 足湯よろしく膝下だけをプールの水に漬けて、プールサイドに腰を下ろして、周囲をぐるりと見回す。
 いつか行ったことがあるようなレジャープールの一種ではなく、セレブ御用達のプールなせいか、それほど大規模なプールではないが、美しい内装の温水プールには日曜日の夕刻時だというのに他に人影はなかった。
 貸切というわけではないようだが、つくしたちと入れ替わりに出て行った、どこかで見たような一組の男女が類と軽く会釈を交わし合ったくらいで、その後にはまったく人の出入りがない。
 …やっぱり、ジムの方がまだそれなりに人がいたみたいだけど。
 ザバアアアァと水飛沫を立て、20mプールの対岸側とこちらをバタフライ、平泳ぎ、クロールのメドレーで、何往復かした類が足をついて立ち上がった。
 「ふうっ」
 大きく息を吐き、水泳帽からはみ出した髪からポタポタ流れ落ちる水滴を拭って、ゴーグルを頭にかける。
 そんな一連の何気ない仕草さえもサマになっている。
 「さっきからずっとそんなところに座り込んじゃって、せっかく来たのに泳がないの?」
 「……………」
 ポケッと、ついつい類の肉体美と水も滴る男振りに見惚れていたつくしだったが、その彼の一言で、先程までの腹立ちを思い出して膨れっ面に戻ってしまう。
 「ぷっ、何、その顔」
 「ヤだって言ったのに!無理やりこんなところに、あんたが連れてくるからでしょっ!?」
 「人に見られるのがイヤだって言うから、近場のスポーツクラブは辞めて、わざわざ遠距離移動してまでここに変更したんじゃん。俺らしかいないんだから、御の字でしょ?」
 「……さっき会ったわよ」
 しかも、芸能人だったのか、男女ともにナイスバディのカップルは、堂々と水着姿を晒しても類に負けず劣らず肉体美で目に眩しかった。
 類はいい。
 が、自分は…。
 …ここ数年、めったにエステとかにだって行ってないんだから!
 そりゃ男性と同棲してるのだ。
 つくしだってそれなりには、ムダ毛の処理くらいは気をつけているが、彼への緊張感を失う共に、かなり体型的にもユルユルな状態になってきている自覚があった。
 …体型だけの問題じゃないかもしれないけどさ。
 『だから、先輩は気を抜きすぎだって言うんですよっ!あんな美形の彼氏に、ただの中年女が…とか、もう~』
 なんて忠告なんだか、非難なんだかわからないことを、桜子に言われたこともあったが、その時は、
 『毎日一緒に暮らしてて、いつまでも気を張ってなんかいられないわよ』
とか、笑っていなしていたのだが。
 「道明寺若夫人時代に見知ってた人間とも出くわす可能性なんて、ほぼないと思うけど」
 「………そういうことじゃないわよ」
 いや、たしかにそういうことが原因で、普段彼女は、類の本来の行動範囲である社交場に伴われるのを忌避しているのだから、彼の勘違いもそう的外れなことではなかった。
 …ハァ~。そっちもいつまでも、そういうわけにはいかないわよね。
 つくしにしてみても、類の立場は重々熟知している。
 かつて、伊達に‘道明寺若夫人’と言われた経験があるわけではないのだ。
 いつまでも自由気儘な生活を続けていられるものでもないだろう。
 そして、そうしたことが、いまだ類との結婚を躊躇させ、婚約してもなおグズグズしている原因の一つでもあった。
 そうしたことはともかくとして、とりあえず今ここでこうして不貞腐れていることは、類の事情には関係ないこと。
 …どうせ、類に乙女心?なんてものはわからないだろうし。
 どんなにユルユルの体をしていても、それで嘲るような男ではない。
 いまさらでもある。
 …まあ、来てしまったものは仕方ないかぁ。
 「泳げるよね?」
 「一応…だけどね。ハァ~」
 もう一度だけため息をついて、つくしも気持ちを切り替える。
 「よし、他に人が来ないうちに、私も泳ごうかな」
 「うん」
 ニッコリ笑って類が場所を開けてくれたところへと、ドボンッと勢いよく足から飛び込んで、
 「うっひゃあっ、冷たい!」
 素っ頓狂な悲鳴をあげて小さく飛びあった。
 …ひ~、温水だって言ったって、どうもこの最初に感じる冷たさだけは苦手なのよねぇ!




*****




 デートのわりにガッツリ泳ぎ込む類につられて、気が付けば、ずいぶん久しぶりの水泳だというのに、つくしもかなり泳ぎ込んでしまっていた。
 「も、もう足がガクガクぅ」
 かなり疲労感満載だ。
 類に妙な期待をしていたわけではなかったが、それでもまさか、デートでここまで競泳よろしく泳ぎ込まされることになってしまうとは…。
 「ん~、久しぶりに体を動かして、けっこうスッキリした」
 さすがにそれなりに鍛えているだけあって、日頃の怠惰が嘘のように、類の方は言葉通りスッキリとした満足顔だ。
 「久しぶりって、スケジュールに定期的に組み込まれてるんじゃなかったっけ?」
 「ここのところ暇なくて、先週はスキップが続いたかな」
 「あららら」
 体力作りなので、最優先事項ではないだろうが、それでもこうしたことは継続が力なのだ。
 …それでも体が緩んでるとかないのが、さすがっていうか。
 つい臆面もなくジロジロと眺め回してしまった。
 「それなら予定外にでも泳げばいいのに。今日は本当だったら予定してなかったんでしょ?」 
 いくら忙しくても、無茶はしない類だ。
 おそらくプールのスケジュールを組んでいるいない日に振り変えることは可能だったのではないだろうか?
 「明日も泳げば?」
 さりげなく、自分は泳ぐつもりはないことは口にせずに、類にだけ勧める。
 「ヤだよ」
 「ヤだ…って。泳ぐのけっこう好きなんじゃないの?」
 たしかに社交的ではないかもしれなかったが、本来、時間のない人間が効率よく鍛えるには、水泳よりジムでの体力作りの方が良いはずだ。
 専門のインストラクターもつくのだし、望んだ部分の強化にも対応してくれる。
 実際司も、効率を選んで水泳よりもジムで鍛えることを好んでいた。
 「睡眠時間減っちゃうじゃん」
 「……は?」
 「泳ぐのはまあ、たしかに嫌いじゃないけど、寝るほどじゃない。スケジュール外でも泳いでたりしたら、今よりもっと寝る暇がなくなること間違いなしだろ?」
 「なるほど」
 「人間の健康は睡眠からだからね。8時間は確保したいかな」
 そこで類が哀愁に満ちた眼差しで、視線を伏せる。
 その美貌だけ眺めていれば、ため息をつきたくなるほどの美しさなのだが、会話の内容は、あくまでも8時間睡眠の確保について…。
 …いい大人が、8時間睡眠。あんたは小学生か。
 「それなのに、その8時間睡眠さえ確保できないこともけっこうあるじゃない?これ以上睡眠時間を削られたりしたら、俺絶対に失踪したくなるよ」
 自信たっぷりに悪びれず言い切る類に呆れてしまう。
 「俺は、間違っても勤勉な男じゃないからさ」
 それは…そのとおり。
 「て、ことで、明日は一日、予定どおり寝倒すよ」
 に~っこり。
 「…………さようですか」
 他につくしに言える言葉はなかった。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0689】へ
  • 【愛してる、そばにいて0691】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0689】へ
  • 【愛してる、そばにいて0691】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク