「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花④

愛してる、そばにいて0688

 ←愛してる、そばにいて0687 →愛してる、そばにいて0689
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「花沢類!そうよ、花沢類っ!」
 周囲の人間の反応を恐れて、つくしが前後左右を見回す。
 いい年齢の大人が、本屋で騒いでいる無作法に顔を顰めている人はいたが、特に類の名前で反応している風情の人間はいない。
 …それもそうか。
 類は経済界では知る人ぞ知る人物だが、芸能人でもなければそうした人種に類する人間でもない。
 一時期は限りなく近いものがあったようだが、他の三人に比べ性格的にも騒がれるのを嫌っているせいもあって、あまり世間に露出していなかった。
 また、そもそも一番騒がれるだろう20代を、発展途上国で過ごしていて、世間の目に触れる機会がなかっただけに、よけいに一般人への知名度は低い。
 性格的なものを言えば、司も同様なのだが、司の場合は利を優先して自分を売ることも厭わないところもあったから、自ら道明寺ホールディングスの広告塔を担ってもいた。
 「さっき、花沢類がいたのよっ」
 「…と、いうか、今もいると思うけどね。さっきそこの地階に降りて行ったの。はっちゃんたら、あやうく地階まで追いかけて行こうとかするから、もう~無理やりここまで引っ張ってきたのよ」
 ハァ~とため息をつく来栖の方は、親友だとは言え、泉田のほどにはミーハーではないらしい。
 それでもそれなりに、類と出くわしたことに特別感を抱いてはいるようで、声にわずかな興奮を滲ませていた。
 「サインもらおうと思っただけなのにぃ」
 「いやあ、さすがに芸能人でもないのにサインとか、芸能人でさえプライベートの時には嫌がられることもあるのに、思いっきり迷惑がられるわよ」
 つくしもその常識的意見には大いに共感して、うんうんと来栖の意見に同意する。
 「で、牧野さんの婚約者って、花沢類…さんなの?」
 が、再びお鉢が回ってきてギョッとさせられてしまう。
 「ま、まさかっ」
 「そうよね?まさか、牧野さんが、だよね?」
 当然のように泉田に同意されて、それはそれでなんとなく面白くないのは、残り火となっている乙女心の残骸というヤツだろうか。
 「ユミったら、いきなりどっからその発想が出てきたのよ?」
 「え~、牧野さん、しらばっくれてない?」 
 来栖の方はまだつくしの婚約者=花沢類説を捨てていないらしく、思いっきり疑わしげな目を向けられてしまう。
 …ど、どうして?!
 そんなつくしの心の疑問を聞き取ったわけでもないだろうが、来栖が種明かしをしてくれる。
 「だってさ。指輪もそうだけど、牧野さんが着てるコートって、某有名ブランド店の最新モードよね?そんな牧野さんがいたすぐ側に、セレブの代表みたいな男性がウロついていたりしたら、普通関連性とか、どうしても考えちゃうもんじゃない?」
 「え~、考えすぎじゃない?」
 「ち、違いますよ」
 泉田がまだ来栖の推理とは反対の位置にいるうちにと、激しく否定する。
 そういえば、今彼女が着ているコートは、先日、類が上着を新調するとかで御用達のブティックに寄った折、マネキンが着ていたコートをつくしが手持ち無沙汰になんとなく見ていたら、試着を勧められたあげくにポンとお買い上げしてくれた物だ。
 …す、鋭い。
 指輪の時にも思ったことだったが。
 類は雨霰と貢ぐタイプではないが、お金に糸目をつけないのはセレブの特徴なのか。
 ポンポンとガムを買う感覚で物を買っては、「はい、これあげる」とプレゼントしてくださる。
 司のように大げさなファッションショーもどきを開催されないだけマシかもしれなかったが、断れなさかげんでは甲乙つけがたい。
 …一見強引なタイプじゃないのに。
 気が付けば従わされている気がするのは、きっと気のせいではないだろう。
 ただ何でもかんでも支配してくるというタイプではないだけのことで、ここぞという時には類も譲らない男だ。
 「しかも、去年の夏頃だったかな。F4の誰だかが結婚した頃―――」
 「道明寺司よ」
 情報通の泉田が訂正する。
 一々司の名前で反応してしまうほどウブではないつもりだったが、それでも何も感じないでいられるほど、つくしもまだ達観できてはいなかった。
 自分に注目がないのをいいことに、喧々囂々と意見を交わし合う二人の女から視線をそっと外し、コクリと唾を飲む。
 「そうそう、その道明寺司が結婚した頃に出た雑誌に、花沢類が出てたじゃない?」
 「ああ!一般人の女性と付き合ってるとかいう奴ね?たしか医療ソーシャルワーカーの…」
 それで泉田もハッとしたらしい。
 けれど、来栖はともかく泉田は今も同じ職場だ。
 特に口の軽い泉田に根掘り葉掘り探られたあげく、自分から得たものを、他人に流されるのはつくしも勘弁だった。
 …類にも迷惑かけちゃうし。
 「違いますって。…私も学生時代、F4のことはそれなりに噂に聞いて知っていたからその記事のことも知っていますけど、この広い東京にはすんごい数の医療ソーシャルワーカーの女性がいるんですよ?」
 「まあ」
 泉田と来栖が顔を見合わせる。
 「…あの記事もやっぱり単なる捏造って話もあるしね」
 「シンデレラストーリーって、一般人的には凄くロマンがあるけどね」
 「ええ~、私はイヤだなぁ。別に特に花沢類のファンってわけでもないけど、特別な人には特別な人が似合うっていうか、妙な女とかと恋愛されてたら夢が醒めるっていうかさ」
 勝手極まりない意見だが、アイドルなどに入れ込む女性のファン心理にも似たようなところがあるのかもしれない。
 「そういえば、道明寺司も最初の結婚って、一般庶民の女性じゃなかった?」
 「ああ、そういえば」
 途中、ヤブヘビになりそうなヤバい話題も飛び出した。
 …は、早く帰りたい。
 マズイことが掘り起こされないうちにと、内心で離脱の算段を図り出す。
 「その点、花沢類の学生時代の恋人とかって、凄いお似合いだったよね」
 つくしの胸がドキリと嫌な音を立てた。
 自分のことが話題に乗ったのとは、また別の焦燥。
 「えっと……」
 「Sizukaでしょ?」
 「あんた、ホント詳しいわよね。さすがは花沢類ファン!」
 興に乗ってしまった二人の会話につくしの声がかき消されてしまう。
 「違うって、あたしは学生時代から一貫して西門さん派」
 まだまだ広がりそうな話題は、しかし、一向にF4から離れてくれない。
 …どうしよ。
 なんだかんだでそろそろ類と別れて1時間近くになる。
 ヘタをしてこんなところで、とうの噂話のご本人とご対面とかは、真面目に勘弁して欲しい話だ。
 …携帯あるんだからこのまま店を出て、どっか別のところで待ってようかな。
 とてもではないが、このまま来栖と泉田に挟まれ、ここで待つことなどできそうもなかった。
 「あのっ!私…」
 「でもね、いくらお金があって美人で、ステータスがあっても、やっぱり人間って生死と病気に関することだけは平等なんだな、って思うわ、私。まあ、治療の選択肢は雲泥の差だけどさ。ああいう人とかが、シャレにならない病気とかで入退院を繰り返してたりすると、特にね」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0687】へ
  • 【愛してる、そばにいて0689】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0687】へ
  • 【愛してる、そばにいて0689】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク