「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花③

愛してる、そばにいて0666

 ←愛してる、そばにいて0665 →4周年記念『久しぶりだよ、こ茶子DAY』FIN、そして過去を振り返って…。
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 『で?そっちの方はどうなの?』
 「俺?」
 『そう、あんたよ、戒』
 最近ではジーナも彼のことを聞いてくれるようになっていた。
 おそらく学校のことや家のこと、彼女の中ではたくさんの戒の今を聞いてみたいのだろう。
 しかし、
 「別に、特に変わったことは何もないよ」
 『いっつもそればっかなんだからっ。…学校には行ってるの?』
 「この間の模擬、450点とれたよ」
 ジーナの質問の答えをわざと遠まわしに答える。
 それだけでジーナもわかったのだろう。
 うるさく小言を言うことはなかったが、電話の向こうでつかれたため息が彼女の心情を正直にあらわしている。
 好きで学校に通っていないわけではない彼女にしてみれば、戒の反抗や反発などお坊ちゃんの甘えでしかないのかもしれない。
 それでもそれを言わないのは、あくまでも彼女の思いやりだ。
 …時々、言うことあるけど。
 そういう時はジーナが何かしら腹を立てている時で、たぶんに八つ当たりなこともあったし、かなり辛辣ではあったが。
 『………まだしばらく、おウチの用が立て込んでるの?』
 「え?」
 こちらへと向かう使用人の姿が廊下の角に見えて、顔を合わせてしまう前にと、戒はさっさと適当な近場の居室の一つへと入った。
 ドアを閉めて、鍵をかける。
 別段誰に聞かれて困るような話をしていたわけではなかったが、こうして彼女と話している時くらいは、他の誰にも邪魔をされたくなかった。
 常に身の回りに赤の他人が張り付いていて、見張られているような生活もいまさらではあったが、今の彼は誰にも干渉されない…注目され一挙一動を監視されない自由も知ってしまっている。
 目に付いたソファに横倒しに寝転んで、耳をくすぐるジーナの明るい声音だけに耳を傾け、怠惰な猫のように目を瞑って耳を澄ませた。
 『戒?』
 「ん?」 
 『もしかして、眠いの?』
 「眠くなんてないよ」
 寝てしまったら、ジーナと話すことができなくなる。
 眠いと一言零しただけで、ジーナはあっさりと電話を切ってしまうだろう。
 それはイヤだ。
 もう少しこのウキウキとして、どこか擽ったいような心弾む時間を楽しみたかったから。
 「もうすぐまた時間できるから」
 父親の誕生パーティの為に、楓がこの屋敷に訪れるというのならあえて面白くもないオバさん連中の暇潰し集会に参加する謂れもない。
 「そうしたら、また遊びに行っていい?」
 『………あたしが暇な時はね』
 クスリと笑って、けれど告げられたやはりツレない言葉に、「相変わらず、ひでぇ」と零す。
 しかし、言葉尻とは裏腹なクスクス笑いが溢れ出した。
 「いいよ、ジーナが忙しいなら、俺がジーナの都合に合わせるし」
 『まったく。学校はサボってばかりいるにしろ、年中家庭教師がついてて、あんただって暇なわけじゃないでしょうに』
 「いいんだよ、俺の頭は特別製にいいんだから、たまにする息抜きくらいの時間はいくらでもとれるんだからさ」
 自信たっぷりな物言いは、ジョークなんかじゃない。
 そしてもちろんジーナもわかっているのだろう。
 戒の場合は、根拠のない…努力もしない大言雑言でもないことを、彼女もよく知っていたから、特には反論せずに『うん』と頷いてくれる。
 『あたしもね、夜のバイト辞めたから』
 「…………」
 『あんたのお義母さんのおかげ』
 滋を義母と呼ばれることにはまだ抵抗がある。
 けれど、それをむやみやたらに反発して否定するのがいかに子供っぽいことなのか、理解できないほど戒ももはや幼くはなかった。
 滋が、あの男の―――戒の父親の妻であるのは本当のことなのだ。
 そして、滋が自分へも、彼女なりの気遣いを持って接しようと努力していることもわかっていた。
 だからこそのジーナへの厚意だったし、司の意向とは別のところで彼に協力してくれるのだ。
 「変なこととか、妙なヤツに付け回されたりとか、そういうのは?」
 『ん……』
 「ジーナ?」
 『ヤバい時間帯に外をウロつかなくても良くなったから、平気よ』
 微妙な答えに戒の眉根が寄る。
 『大丈夫だって。…あんたもまた、ちょくちょく来てくれるんでしょ?』
 まるで戒の訪れを待っていてくれるような言葉に、戒の目が瞬き…ついで柔和に細まって輝いた。
 「…うん」
 『それに』
 「うん?」
 『滋さんに紹介してもらったバイトが軌道に乗って、ちゃんとした職員になれたら…いつかここも引っ越すつもりなの』
 今まで欠片とも彼女の口から出てこなかった言葉だ。
 …あいつを待ってるんじゃなかったの?
 かつてジーナの恋人だったという‘マッシオ’を待っている為に、ジーナは今のアパートに留まり続けているのではなかったか。
 『あたしももう17才だもの。…今はまだ完全に成年とは言えないからやれることも少ないけど、それでももう運転免許もとれるし、少しづつでもできることは増えてゆくものね』
 「そうだね」
 アメリカは州によって成年とされる扱いが異なる。
 そして、また日本のように一律何歳からすべてのことが解禁になるというものでもなかった。
 NYでは16才で運転免許が取得できるし、おおむね18才で成人と見なされて選挙権も得れば結婚もできるのだ。
 喫煙や飲酒などは21才からと幅はあってもたしかに、ジーナは着実に大人へと近づいているのだろう。
 そして、彼女とは裏腹に、戒の成人はまだまだ先のことで、これから長い少年期を過ごして大人への階段を登ることになる。
 …俺はっ。
 『あたしの運が向いてきたのは全部あんたのおかげ。…まだ、夜道を一人で出歩いたりすることは怖いけど、でも大丈夫。あたしは折れて腐ったりなんかしない。風にも耐えられない温室育ちじゃないんだもの。綺麗なんかじゃなくても構わない。泥を啜ってでも、ちゃんと立ち上がることができるんだから、……全然平気よ』




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0665】へ
  • 【4周年記念『久しぶりだよ、こ茶子DAY』FIN、そして過去を振り返って…。】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0665】へ
  • 【4周年記念『久しぶりだよ、こ茶子DAY』FIN、そして過去を振り返って…。】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘