「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花②

愛してる、そばにいて0649

 ←愛してる、そばにいて0648 →愛してる、そばにいて0650
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「俺?…俺は、道明寺戒」
 「…ぷっ、そんなことは知ってるわよ。どんなうちに生まれて、家族は何人で、その人たちとは仲がいい?」
 自分の名前を名乗っただけで、何を言っていいのか戸惑っているらしい戒に、ジーナがそのとっかかりを助言する。
 これまで戒は、自分自身のことを他人に語る必要がほとんどなかった。
 彼が自分の名前を名乗るだけで、自身さえ知らないことを周囲の者たちが知っているのは当たり前。
 彼のことを知らないような人種と付き合う必要性がなかったからだ。
 彼がそこにいるだけで、誰もが彼を知っていた。
 道明寺戒―――道明寺財閥の揺るぎなき後継者・道明寺司の一人息子であり、正統なる一族の血筋から外れた異端者である、と。
 「お父さんは、有名で大きな会社を経営してる人なのよね?」
 「…そうだね」
 「お母さんはどんな人?」
 誰もが興味を持ち、関心を寄せる父ではなく、母はどんな人かと聞いてくるジーナの質問に首を捻る。
 「さあ?」
 「さあって、あんまり仲良くないの?」 
 「俺が5才の時に、離婚して家からいなくなったから」
 「……っ」
 「今は、父親が二度目の再婚して、うちにいるのは三番目の奥さん」
 「そ、そう」
 さすがにサラッとは返事はできなかったようだが、それでもここアメリカではそんな家族は珍しくない。
 親が離婚して片親な子供も、その親が新しい家庭を築いてステップファミリーと暮らしている子供も。
 それでもジーナの痛ましげな表情からして、彼が家にいたがらず、ジーナの家に入り浸っていたのは、その継母に虐げられている、あるいはそこまでいかなくても居づらいからだとでも思っているのかもしれない。
 戒にしてみれば、まったく見当はずれな話で、父親もほとんど年中世界中を飛び回り家にはいないが、その妻である滋にしても似たような事情だったし、たとえ家にいたにしてもあの広大な屋敷だ。
 そうと試みなければ、ずっとお互いに顔を見ないでも生活することが十分に可能だった。
 だったら、どうしてその屋敷ではなく、あきらかに彼の生まれ育ちのランクに合わないジーナのアパートになど入り浸っていたのかと聞かれても、彼にもしかと答えられる答えなどなかった。
 ただ一人でいたいのなら、今の彼でもできることはいくらでもある。
 あえて理由を挙げるなら、屋敷にいるかぎり彼はどこまでも道明寺戒で、使用人相手といえど気を抜くことができない環境下に、息苦しさを感じていたことに他ならなかったけれど。
 だが、邪険にされながらも、あえてジーナの住む迫っ苦しくも粗末なアパートに入り浸り続けた理由は?
 「お母さん…実のお母さんとは、じゃあ、あんまり会ってないんだ?」
 「全然だね。たぶん、俺の父親と離婚した時に、そういう取り決めだったんじゃないかな。ウチはなまじ金もあるし、親権を盾に金をせびられたり、場合によってはその母親に営利誘拐されるってことなんかもあリえる話だから」
 「…そうなんだ」
 とはいえ、さすがの父親も離婚した元妻を無一文で放り出したはずもないから、十分な慰謝料は受け取っているはずである。
 当時父親が、母に対してどういう心象を持っていたにせよ、外聞というものがあるのだ。
 また、アメリカでは基本夫婦が離婚しても共同親権で、片親の親権が失われるということはない。
 司は日本国籍も有しているが、アメリカ国籍も持っている二重国籍の保有者だ。
 おそらく司はそのことを利用して、一家が離婚当時日本にいたことで、戒の親権と監護権を独占したのに違いなかったが、本来なら戒の母親であるつくしからも親権を剥奪するようなことはできなかったはずだし、この共同親権の原則に則って面会権も普通に認められ、彼やつくしが望めば現在も交流することできたはずだった。
 しかし、そうしたことはあくまでも基本であり、道明寺財閥という強大なバックボーンを持つ司との間では、そうした基本が貫かれるはずもなく、また母自身も強固に主張しなかったことから戒の親権及び監護権は、司の希望どおり彼が独占的に有することになったのだろう。
 おそらく母にしてみても、司と争っても勝てないことはわかっていたに違いない。
 …そうじゃなくても、俺の親権や監護権なんていらなかっただけかもしれないけど。
 「俺を生んだ母親のことなんて、今じゃ顔もあんまり覚えてないよ」
 「そっか、そうだよね。5才じゃあね。写真とかなかったの?」
 ジーナの問いかけには、あるかなきかの笑みを浮かべただけで戒は答えない。
 「それに離婚してすぐに、父親の二番目の奥さんが赤ん坊連れてうちに来たし」
 「……………」
 戒の言葉の行間をジーナも察したのだろう。
 相槌すら打ちかねたらしく、気まずげに視線を戒から反らしてしまう。
 別に彼女に同情されたいわけじゃない。
 それでも、彼女が頭を撫でてくれる感触が気持ちがいいと、それこそ猫のように目を細め、その優しい感触にうっとりと身を任せて、戒は聞かれるまま思いつくままに話を続ける。
 おそらくほとんど初めて、自分のことを語っているという不可思議な体験は、特別な高揚も感慨もなかったけれど、それでも想像していたよりずっと容易でなんでもないことだった。
 …何も感じない。
 かつてジュリオに佑都のことを語った時のように、感情に膜がかかったような鈍い痛みがあるだけで…。
 ただ淡々と、事実を語っているのみに過ぎないからか。
 何度か舌先で唇を舐めて、言葉を選んでいる風だったジーナが、それでも無言のままでいる気まずさを感じたのか、意を決したように無難な質問をひねり出す。
 「じゃあ、戒も弟か、妹、兄弟がいるんだ?」
 「弟」
 「そう。戒が5才の時にご両親が離婚して…っていうことなら、今、キンダー※1くらいだよね?それともまだプリスクール※2?」 
 「プリスクールかな。俺が小学校に入った年に生まれたから。生きていれば、だけど」
 眠たげに目を閉じていた戒の前髪を、梳き上げようとしていたジーナの手がピタリと止まった。
 「え?」
 一拍置いて声を上げたジーナの問い返しに、戒が閉じていた瞼をゆっくりと開く。
 交わる視線と視線。
 …なんだか小動物みたいだ。
 子作りな彼女の可愛らしい顔立ちが、そんな表情をしているとよけいに愛らしく、子供扱いしている戒よりもよほど幼く見える。
 そんなことを思っている場面ではないだろうと思うのに、なんだか彼女をからかって、泣いたり笑ったり怒ったりと、彼女がコロコロと表情を変える様をもっと見たいと妙にそんなことを思ってしまう。
 …俺、イジメっ子気質があるつもりはないんだけどな。
 これまで誰かをイジめて、哀しませて、苦しめることに悦びを感じたことなどなかったというのに。
 けれど、だからだったのかもしれない。
 息を飲んで驚いている彼女の固まった顔を見ているうちに、そんな言葉がつい口から飛び出してしまっていたのは…。
 「俺が殺した」
 「……っ!」
 「俺が弟を…佑都を殺したんだ」
 …俺とは違う、道明寺家の、あいつの正当な跡取り息子を。




web拍手 by FC2





※1、2 キンダー(キンダーガーデン)、プリスクールともに幼稚園のこと。前者が年長くらいの年代で、後者が年中、年少。ただし、場所場所によりいろいろの形態があるのは日本と同様。
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0648】へ
  • 【愛してる、そばにいて0650】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0648】へ
  • 【愛してる、そばにいて0650】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘