「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花②

愛してる、そばにいて0645

 ←愛してる、そばにいて0644 →愛してる、そばにいて0646
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「坊ちゃんっ!今はこんな男のことより、ジーナのことでしょう!?」
 少しでも気を抜けば、血塗れの男に飛びかかろうと暴れる戒に辟易しながら、それでも組み付いた体から腕を離さず、戒を諌めるSPが出した‘ジーナ’の名前に、戒はハッと我に返った。
 「ゲホッ…ゴホッ……ぅ」
 「ジーナ!」
 戒が幾分か冷静さを取り戻したのを見てとって、羽交い締められていた体が離される。
 完全にその手が自分から離れる前に護衛の手を邪険に振り払い、戒はその拘束から逃れた。
 そして、なんとか体を起こして咳き込んでいる少女の傍らへと超特急で駆け寄る。
 「ジーナ、ジーナ!」
 夜目にも青白いジーナの顔色は、元々の肌色というよりも、あきらかにいわれなき暴行を受けたことによるショックが原因なのは間違いなかった。
 傍らに腰を下ろして、戒はジーナへと手を伸ばし……かけ、だが、ビクリと震えた彼女の慄きに、ピタリと手を止める。
 沸騰していた血が今度は一気に下がった。
 しかし、まだ冷静さには程遠く、戒は今、打ちしがれて咳込みながら虚ろに啜り泣く少女の様子に、どうして良いのかわからずに、小刻みに震える拳を何度も開いては閉じることを繰り返す。
 闇に慣れた戒の目に、ジーナの姿が徐々に鮮明になっていった。
 いつもは勝気な光を浮かべている彼女の碧い目からは滂沱の涙が溢れ、殴られたのだろう赤く腫れ始めている頬へと流れて、痛々しく血を滲ませている唇へと伝い落ちてゆく。
 乱れた彼女の衣服は幸い、まだそれほどひどい有様ではなかったが、それでもところどころに暴行の跡が生々しく残っていた。
 「今、警察と救急車を呼びましたから、あとはパーカーに任せましょう。坊ちゃんは私と一緒に先ほどの大通りまで引き返して、車に戻ってください」
 戒が暴行犯を取り押さえている大柄な黒人のSPへと視線を向けると、同僚の言葉に同意して戒へと大きく頷きかけた。
 「ジーナは?」 
 「パーカーがすべて処理します」
 二人の会話に反応して、ただひたすら俯いて嗚咽を零していたジーナが顔を上げる。
 いつもはけっしてそんなことをしない彼女が、縋るように戒の顔をジッ見つめ、彼の腕にギュッとしがみついた。 
 「ダメだ、ロビンソン」
 「坊ちゃん?」
 「ジーナも一緒に車に乗せる。俺が連れて帰る」
 いまだ戒も動揺し、戸惑ってはいたが、それでも決断に迷いはなかった。
 自分の着ていた薄手のジャケットを脱いで、震えているジーナの肩にかけやる。
 そして、伸ばされた彼女の華奢な手をとり、優しく声をかけながらソッと彼女を抱き起こした。
 「立てる?ジーナ?」
 コクリと頷く彼女はまるで壊れた人形のようで、そんな彼女の様子が戒の胸をギュッと痛ませる。
 …どうして、ジーナが。
 なぜ、こんな目にあわなければならなかったのだと。
 「ダメです、坊ちゃん。彼女がレイプされたにせよ、まだ未遂だったにせよ、病院には行く必要があります。…彼女のために、今、すぐに!」
 窘めるロビンソンの言葉にチラリと視線をやり、だが戒はそれには答えず、なんとかヨロヨロと立ち上がったジーナの体を支え、歩くのをサポートする。
 「ジーナ、うちの車を向こうに停めてあるから、そこまで行こう」
 「坊ちゃん!」
 「病院なら、俺がウチの車で連れてゆく。見たところ、それほど大怪我をしてるわけじゃない。こんなところにいつまでも残して怖い思いをさせたままで、鳴り物入りに物見高い見物人を引き連れて、救急車なんかに乗せることはないだろ?」 
 「「……………」」
 ロビンソンだけでなく、あきらかにパーカーも不満なのだ。
 けれど、戒が一度言い出したら誰の言うことも聞かないことを、二人もよく承知している。
 戒を止められる人間がいるとしたら、この世で唯一彼の父親だけだ。
 その父のように暴れ出したら手がつけられないということはなかったが、それでも今の戒に手傷を負わせずに、無理矢理にどうこうすることは、たとえ彼らにしても至難の業だった。
 「行こう。ジーナ」




*****




 いくら大人びていようと、戒はあくまでもジュニア・スクールに通う10才の年端もいかない少年にすぎない。
 たとえ道明寺家の御曹司という身分を持っていようと、それは変わらざる事実だ。
 警察の対応にあたったのは結局、彼のSPのロビンソンであり、パーカーだった。
 戒と同様、事件の現場の第一発見者でもある。
 幸い道明寺家の車に乗せられ病院へと向かううちに、ジーナの方も事件に巻き込まれたショックから、わずかなりとも立ち直ったようで、ポツリポツリと言葉を発し出した。
 言葉数は少なく、事件の経緯の全てを語れるほどではなかったけれど。
 それでも、ある程度戒に語った事情から、彼女を襲った男がまったくの初対面ではなく、ジーナの顔見知りだったことがわかった。
 『……お客さんだったの』
 その男は、かなり以前……今の店ではなく、以前に勤めていたところで、客として出会った男だったという。
 どんな店だったのか、どういう仕事をしていたのかまでは言葉を濁して彼女は語らなかったが、一見のみの客ではなく、何度か彼女の客となった男だったらしい。
 しかし、それはあくまでも売り子と客としてだけのことで、いっさい個人的な付き合いなどはなかったのだという。
 だが、どこをどう辿ったのか、あるいはホンの偶然だったのか、つい半月ほど前に今の店で再会し、以来、付き纏われるようになった。
 ストーカー。 
 現在アメリカでも年間340万人の被害者がいると言われている。
 警察に相談に行かなかったのかという戒の至極真っ当な質問に、
 『警察が何をしてくれるというの?おまわりは事件が起こればこそ動くけど、ただ付き纏われただけ、執拗に口説かれただけじゃ、単なる顧客トラブルや痴話喧嘩としかとってくれない。むしろ逆に訴えたこちらの方が痛くもない腹を探られかねないわ』
 淡々とした口調はどこか投げやりで、まるで彼女が何も感じていないかのようだったが、彼女の陰鬱な顔は引き攣って表情がなく、虚ろな目だけが落ち着かなげにキョトキョトと周囲を窺っていた。
 窺っている…というのも正解ではなかっただろう。
 彼女はどこも見てはいなかったのだから。
 戒と一緒にいる間中、彼女の体は小刻みに震え続けていた。
 病院でも、警察でも、戒はジーナに付き添うつもりだったが、彼女の家族でもない彼に許されることではなく、入院中だという父親の代わりに、ジーナの身元引受人として現れたのは、彼女の一番上の22才の出戻りだという姉だった。
 …ジーナっ。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0644】へ
  • 【愛してる、そばにいて0646】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0644】へ
  • 【愛してる、そばにいて0646】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク