「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花①

愛してる、そばにいて0614

 ←愛してる、そばにいて0613 →愛してる、そばにいて0615
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 …司に。
 だが、確かに彼はつくしの気持ちを知っていたようなフシが当時からあったし、何度となくそのことで彼に責めたてられた…何年も。
 「先輩を追いかけまわして大学部のカフェにまで行くような連中が、ホケホケ一人で歩いてる先輩見つけて、どうして非常階段まで行かなかったと思うんですか?」
 「………」
 当時、考えたこともなかった。
 単に人気のない場所だから、つくしが憩いの場として利用しているなどと誰も知らなかったのだろうし、興味も持たれていなかったのだろう程度にしか認識していなかったように思う。
 けれど桜子の言う通り、当時彼女は、どこにいても全校生徒に半ば監視されているような状態だったのだ。
 「あそこは花沢さんのお気に入りの場所として有名で、だからこそ誰も行かなかったんですよ」
 「そう、だったんだ」
 言われてみれば、庶民出身だったのはつくしだけではなかったし、馴染めないと思っていたのも彼女だけではなかったはずなのだ。
 …ちょっと空気を吸いに行くには、屋上もそうだけど、あそこも格好の場所だったよね。
 「道明寺さんみたいに、出会い頭に暴力を奮われるとかいうことはなかったですけど」
 類も恐れられていた。
 それは司の仲間だからということだけではなく、彼自身の独特の氷の刃のような冷たさと、威厳から来るものだっただろう。
 F4は誰もがカリスマだった。
 それぞれに真逆な個性の持ち主だったけれど、誰もが特別な存在であることには変わりがなかったからこそ、親友たりえたのか。
 しかし…、
 …まさか、私が類と一緒にいることが知られてたなんて。
 それも‘非常階段の逢引’とは。
 いまさら事実無根だなんだと喚き立てるつもりはなかったが、それでも呻かずにはいられなかった。
 「なるほど。どおりで浅井とかに目をつけられるはずだよね」
 「浅井?それってもしかして、ライオネルグループの桐島一族の三男の奥様ですか?たしか子会社の社長夫人だったような。ちょっとお名前の方は記憶していないんですが?」
 「あ~、そうかな」
 確か戒の幼稚舎時代の同級生の母親だった。
 あちらも近づいてこなかったが、つくしにしてみてもそれどころではなかったので、司との離婚後に彼女と再会するまで長く気が付かなかったのだ。
 …まさか翔君のママだったなんてね。いや、別に気づきたくもなかったけど。
 「あの方はたしか在学中からも、道明寺さんの熱烈なファンの一人として有名な方でしたわね」
 百合子の話題はつくしにとって、けっして愉快な話ではない。
 長く恨みを持ち越すタイプのつもりはなかったけれど。
 桜子にしてもつくしの気分が伝わったのだろう、そこで百合子の話題は打ち切りになった。
 優雅にサラダを口に入れ咀嚼していた桜子が、食べ物を飲み込むのを待って言葉をかける。
 「……あのさ」
 「はい?」
 「その…結婚式?」
 「ええ」
 「桜子も行ったの?」
 桜子の怪訝そうだった顔が不思議そうに眼を瞬き、つくしの顔をジッと見返す。
 「えっと、…NYの、司の結婚式」
 「道明寺さんの?」
 「そう、美作さんも招待されたよね?」
 音に聞こえた大財閥同士の結婚式だ。
 当然同じ世界に生きる桜子も知らないはずがない。
 ましてや、新郎である司の親友の婚約者なのだ。
 彼女もあきらに同伴して、司の結婚式に出席していたとしてもおかしくはなかった。
 …聞くつもりなんかなかったのに。
 けれど、一言口にしてしまったのだ。
 今更口を噤んだとしても、同じことだと開き直ってしまう。
 …だって、知りたいから。
 そう、つくしは知りたかったのだ。
 「どうだった?その、すごく盛大だったんでしょ?結婚式。たしか、司の新しい奥さんになった人も、道明寺財閥と対を張る大きな財閥のご令嬢よね?」
 かつて司の婚約者だった大河原財閥の令嬢。
 本来、彼と最初から結ばれるべき運命だった女性。
 「綺麗な人だったよねぇ」
 もちろん、つくしは滋の容姿のことなど聞きたかったわけではない。
 それだけなら、雑誌だってネットの記事からだって、確かめることができるのだから。
 それならば、いったい自分は何が聞きたいのか。
 「私は今回の結婚式には、出席していません」
 「え?…あ、そうなんだ」
 「ええ。私はあんな凄い結婚式に、招待されるような身の上じゃありませんよ」
 苦笑されてしまう。
 「でも」
 反論しようとしたつくしの言葉を、桜子が遮る。
 「もちろん?、あきらさんからは同伴しないかと、誘いを受けましたけどね」
 「そっか、それはそうだよね」
 「結婚したわけじゃないし、そこはちょっと」
 むしろ、そんな晴れやかな席への同伴を拒む、桜子の気持ちを慮る。
 …司の東京本社副社長就任パーティには、桜子も美作さんに同伴してたよね?
 古い話には違いなかったが。
 「個人的に、お会いしたことがありますよ」
 「え?」
 「大河原滋さん。…いえ、道明寺滋さんとです」
 道明寺滋―――ショックを受けたつもりはなかった。
 ただ…ただ、
 …ただ、ちょっと驚いただけ。でも、そうだよね。
 先日、二人は結婚したのだ。
 当然、滋の姓は道明寺に変わっていて、それでなんらおかしなことなどないのだ。
 探るような桜子の視線に気がつく。
 けれど寂しく笑い、つくしは特にそんは自分の今感じている気持ちを隠そうとは思わなかった。
 それはそうだ。
 …隠す意味合いもない。
 だからといって、どうだということもなかったけれど。
 「とは言っても、あくまでも双方仕事で、ヨーロッパでの慈善事業パーティの席上のことなんですが。その後も何度か大きなパーティではお見かけしました。学生時代や今回の道明寺さんとの婚約前は、公の場に出ることをどちらかといえば避けてらしたみたいですけど、今はかなり大々的に表に出られてます」
 「そうなんだ」
 「昨年、NYで行われた道明寺HDのNY本社設立50周年記念パーティでも、あきらさんのパートナーとして、改めて引き合わせられましたしね」
 「そう。…で?その、仲…いや、どんな人だった?」
 …仲良さそうだった?
 そんな言葉を飲み込む。
 「そうですね。明るくて、…なんというか、とても個性的な方です」
 「個性的?」
 意外な形容詞が出てきて、つくしがキョトンと尋ね返す。
 しかし、思い起こしてみれば、総二郎も滋に対しては似たような形容を言っていたか。
 …お嬢様らしくない人だって言ってたっけ?
 桜子の表情を見るに、彼女にしてみてもネガティブな意味合いではななそうだが。
 「魅力的な方だったとは思います。…大財閥の令嬢だという背景がなかったとしても」 
 そこにいて、自分自身だけでも容易に輝ける存在―――司と同じように。
 「道明寺さんとの結婚が、噂の通り財閥同士の都合だけでなく、恋愛関係…なのかどうかまでは、私にもわかりません。でも、少なくても相性は悪くないのではないでしょうか。わりに息が合っていたというか、道明寺さんに隷属的に追従しているという感じでもなく、道明寺さんのペースに合わせて、かなり自然体でサポートされていましたよ。前妻の遥香夫人を伴ってらした時とは、まるで雰囲気が違いましたね」
 「雰囲気?」
 「ま、これは道明寺さんがどうのというよりは、周囲の反応が…と言いなおすべきかもしれませんが。普通ならどんな女性も、道明寺さんに見劣りして、道明寺さんの添え物としてしか見られないものでしょうけど、滋さんの場合、あの方ご自身が誰にとっても無視し得ない方ですから」
 「…そっか」
 地位、財力、美貌。
 社交界とはなんの縁もない一般庶民にすら、音に聞こえている滋への賛美。
 司自身に冠せられるすべてのものを、同じく持つ女性。
 …似合いの二人。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0613】へ
  • 【愛してる、そばにいて0615】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0613】へ
  • 【愛してる、そばにいて0615】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク