「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花①

愛してる、そばにいて0603

 ←愛してる、そばにいて0602 →愛してる、そばにいて0604
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「ん~、美味しい。なにこれ、見た目も凄い美味しそうだったけど、本当にめちゃめちゃ美味しいねぇ~、つくし」
 「ホントだ」
 「…レバー?」
 「フォアグラだね。ソースにはハチミツと…えっとぉ、なんかのフルーツのジャムが入ってるのかな?」
 一応TPOを憚って潜めた声だが、それでもきゃあきゃあ喜んでいる優紀の目が輝いている。
 …そうそう、これこれ。
 最近の―――というべきか、つくしのここ十何年だかに、周囲の人間に見かけなかった素直で華やぎに満ちた反応に、うんうんと微笑ましく頷く。
 …ホント、どいつもこいつも、雲だの霞だの食べてんだか。
 美味しい食事にも澄ました顔で、ロクに表情を動かしもしない上流階級の人間たち。
 そして、そのさいたる存在であるよく見知った男たちの、つまらなそうな美麗な顔を思い浮かべる。
 「つくし、美味しくない?」
 「美味しい!」
 さすがに道明寺邸や、類とたまに一緒にゆく、超一流レストランのシェフが作る料理とは比べるべくもないが、これくらいならば一つ星クラスの食事と比べても、そう遜色なく美味しいと言えるだろう。
 「ふふふ、良かった。口が肥えてるつくしでも、美味しいって感じるってことは、みんな喜んでくれるよね?」
 「ここに決めてるの?」
 一般的な結婚式の準備というものが、どんなものかはつくしは知らないが、やはり一点賭けではなく、買い物と同じで、何箇所か下見を重ねるものなのではないだろうか?
 周囲を見回すと、やはり優紀の言うとおり、カップルだけではなく、女同士で参加している人たちも少なくはなかった。
 土日でこれなのだから、平日ならばなおさらのことかもしれない。
 「ん~、候補の一つかな。でもここって、挙式スタイルも教会式だけじゃなく、神前式や人前式にも対応しててるんだけど、それぞれ独立型でさ。なかなか良さそうなのよね」
 「へぇ?」
 「後で実物見るのにも付き合ってもらうけど、ネットで見たカタログの写真がまた素敵でねぇ」
 「ほ~ほ~?」
 「メイク室とか美容室とか、他設備が整ってるのはまあ当然としてもね、今年オープンした話題のエステサロンと提携していて、格安のブライダルプランでのエステを、なんと!挙式の三か月も前から受けられるらしいのよ!」
 「そうなんだ~」
 施設的な優劣での候補かと思えば、意外な観点でのガッツポーズに苦笑する。
 「そんなことで、とか、今思ってるでしょ?」
 「え~」
 「口に出てたよ?」
 「えっ!?」
 別に悪いことを言っていたわけではないが、逆に苦笑されてしまって、なんともバツが悪い。
 「だってさ。普通施設内に、美容院があるとかちゃんと控え室がどうだとか、二次会への送迎とか、演出はどうなのかとかが大事なんじゃないの?」
 未知の分野だけに、つくしとしても興味はある。
 「ああ。施設的には、都内のは、どこもそうかわらないのよね。美容院やメイク室とか、今時ついてるの普通だし、必要な設備が揃ってない式場とかありえないよ。…まあ、エステサロン併設は中々ないけどさ。無料送迎も標準だし、宿泊とか二次会のことを考えたら、まあホテルの方かなぁ」
 「ああ、なるほど」
 「お料理は…当たり外れは多少あるから、こうやって一応試食してるんだしね。披露宴の方はともかく、式場の方は、うちもカレの方も、ごく普通に親戚とごく親しい友人たちだけでやるつもりだから、どこでやることも可能だろうし」
 「何人くらいになるの?」
 「ん~、結婚式の方は、30人くらいかなあ。披露宴は、あたしたちの付き合いの人だけじゃなく、カレのお父さんの会社関係の人も呼んでてね。それに合わせてウチも呼んでるから、かなりの人数になるんだけどね」
 「へぇ」
 自分自身の時には極端だったにせよ、世間一般的にはそんなものなのかと感心する。
 …私の時は、うちの両親でしょ、進と椿お姉さん、西門さんに美作さん、それにフランスでお世話になってた人たちを合わせても、10人ちょいくらいだったっけ。
 それに結婚式はともかく、結局披露宴はしていなかった。
 「はあ~そう言えば、お品書きに載ってたフォアグラって、これかぁ。初めて食べたけど、すごい濃厚な味なんだねぇ。ホントちょびっとしかなくて、カタログでは物足りないようにも見えたけど、たしかにこれはたくさん食べるのは逆にきついね」
 「…脂だしねぇ」
 つくしにしても同意見だ。
 たしかに美味しいし、つくしも嫌いではないが、大量摂取にはかなりの高カロリーすぎるだろう。
 「花沢さんとかは、いつもこういうの食べてるんでしょ?」
 キラキラした目が好奇心に輝いている。
 おそらくごく一般的な認識ではそういうものだろう。
 セレブの彼氏。
 …彼氏、なんだよね。
 うっかり妙なところで引っかって、一人照れてしまう。
 「何、赤くなってるのよ?」
 「いやいやいや…食前酒にちょっと酔ったかな」
 テレテレと手の甲で顔や口元を抑えて誤魔化すが、揶揄するような優紀のニヤニヤ笑いに出くわす。
 「飲んでないでしょ」
 「え?あ…ははははは」
 そのとおりでした。
 「まったく、いくつになってもウブいんだから」
 「ちょっとぉ、辞めてよ。この歳で、ウブいとか、サムイボでしょ?」
 「じゃ、痛い人?」
 「……………」
 類が乗り移ったようなキッツイお言葉に、思わず引き攣り笑いのまま、固まってしまっているつくしの珍妙な顔を見て、優紀が噴き出す。
 「ぷっ、冗談よ」
 「いいわよ、今ちょっと自分でも思ったし」
 「ごめんごめん、拗ねないで。あんたのそういうとこって、可愛いっていうか、ついからかいたくなっちゃのよね」
 「あんたはずいぶん根性ワルになったわね」
 「ええ~」
 もちろんお互い親しい親友同士のジャレ合いだ。
 すぐに停戦条約を結んで、笑い合う。
 「でも、永倉さんのご両親に紹介されてから、結婚まで、またずいぶんな急展開だったよね?」
 「まあ、彼もあたしも、お互いもうイイ年だしね。元々付き合い始めから結婚が前提だったし」
 「ああ」
 前に優紀が付き合っていた男性とは、3年もの付き合いで、一時期は半同棲的なことにもなっていたが、結局は結婚に至らなかった。
 ところが優紀は今度の彼氏とは、驚くべきことに、まだ半年ほどの交際期間で結婚を決めてしまったのだ。
 優紀によると、初めて付き合った高校時代の彼氏がロクでもない男で、それ以来似たようなタイプの男にばかり引っかかっては、貴重な青春時代を無駄にしてきたのだという。
 それで、今度という今度は、これまでの男性遍歴を考慮して、堅実路線で選んだ相手だったのだとか。
 「あっちのご両親に引き合わされた時にはもう、けっこうそんな雰囲気だったからさ。…なんていうか、あんたみたいに、劇的なプロポーズをされたわけじゃなくって、もういきなり、じゃあ、いつ頃の結婚式にする?みたいな感じだったかな」
 つくしに比べれば、たしかに優紀の方がずっと現実的だった。
 少女時代のような、夢を抱いていたわけではないようだが、それでもさすがにそんな彼女でも、やや苦笑気味でもある。
 「ま、女は出産のタイムリミットもあるし、…いいんだけどね」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0602】へ
  • 【愛してる、そばにいて0604】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0602】へ
  • 【愛してる、そばにいて0604】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘