「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花①

愛してる、そばにいて0598

 ←愛してる、そばにいて0597 →愛してる、そばにいて0599
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 記憶のどこかに引っかかるものがある。
 もちろん、両親がしていた指輪を憶えているわけではない。
 そんなことではなかったけれど。
 ハッ。
 …そうだ。あいつが首にしてるネックレス。
 戒が父親と一緒に風呂に入るなどということは、母がいなくなった6才の頃より、もはやなかったことだった。
 彼が拒んだのだ。
 しかし、一緒に風呂になど入らずとも、日本の屋敷にいた頃―――まだ異母弟の佑都が生きていて、屋敷に継母の遥香がいた頃は、実母と暮らした部屋で父と共に生活をしていたのだ。
 いくら寝室が別だったとは言え、それでも家にいる時には父とは必ず顔を合わせていたのだし、司にしても私室にいれば当然ラフな格好でいることもある。
 司は基本、他人に素肌を晒したり触られたりするのが嫌いな男だったが、それでもさすがに息子である戒の前では、風呂上がりにバスタオル一枚を腰に巻いただけの姿やバスローブ一枚姿も平気で晒していた。
 …あれは指輪だった。
 意匠的にないとは言わないが、おそらく2個の指輪をただ鎖に通しただけのもの。
 もちろん、それが母との結婚指輪だという確証はどこにもなかった。
 …だけど。
 戒の記憶の中には、二つの一致しない記憶がある。
 一つは、本当に自分が見聞きして経験したことなのかは不確かではあったが、たしかに伯母の言うとおり、両親が仲睦まじく、息子の目にも愛し合っている姿。
 しかし、それとは別に相反する記憶が残っている。
 戒には優しい母親だったつくしが、父を疎んじている姿だ。
 英徳時代の幼稚舎時代の同級生が言っていた事柄を考えれば、さもありなん。
 父が母をイジメの標的にして、虐待していたのだと考えれば、合致する記憶ではある。
 けれど、やはりそこで疑問に思うのは、そんなふうに蔑み虐げていたような女である母を、なぜ父親が娶ったのかということだ。
 司は、誰もが羨む生まれと容姿を兼ね合わせた男だ。
 今や父を嫌う彼にしても、認めざるえないほどに、司が特別な存在であることなど、戒にだって理解できた。
 そんな男が、特に有力な一族の出身でもなく、それどころか同じ階級ですらない庶民の女を、なぜ愛人の類ではなく一族の反対を押し切ってまで妻にした?
 もちろん、祖父母の自分への態度を鑑みれば、両親の結婚が、けっして彼らに認められたものではなかったのだろうことも察せられた。
 そして母もまた、なぜ、自分をイジメ、虐げた男の妻などになったか。
 誰もが疑問に思わないことではある。
 父が母を選んだことを不思議がる人間はいくらでもいた。
 だが、戒自身を含め、その逆をいう人間はこれまでいなかったのだ。
 戒の母親が、世間の者たちが言うとおり、司の財産や権力目当ての女だったのだとしたら、たしかに不思議なことではないだろう。
 しかし、
 …わからない。
 なんなのだ、この違和感は。
 まるで二組の夫婦が別々にいて、それぞれを無理矢理に一つに重ね合わせ、見ようとしているかのようなチグハグさ。
 …違う。
 父親の姿は一貫して、母を大切にしていた。
 離婚してなお、戒が母を侮辱するのを許せず、カッとして激怒してしまうほどに。
 それならばたしかに、遥香と再婚すると言って、戒の弟が生まれるのだと彼の母を放逐したあの時までは、父は母を愛していたのに違いない。
 ならば、違和感の正体は…?
 『……誰?』
 唐突に、椿の婚家、咲の祖母の茫洋とした声が戒の耳に蘇った。
 そして、胸の奥底から、また別の人間の声が凝って、何度も彼へと悪意を囁きかけてくる。
 『親父だけじゃない。お前の母親は同じF4の他のメンバーにも色目を使ってたんだ』
 …母さんは再婚してた。
 それもおそらく、父と離婚してそう間を置かずして。
 ハッキリとそこらへんのことを、椿は言っていたわけではないが、それでも亡きタマの態度や、一時期の父の様子を思い起こせば、愚鈍ではない戒もそう結論づけることができた。
 もし本当に、母が人々の讒言のとおりに、卑しいインラン女で、他にも男を作っていたというのなら。
 …違う、違う、違う、違うっ!
 けれど、今の彼には、それを否定するだけの確たる証も、記憶もーーー何一つないのだ。
 …母さんは優しかった。
 だが、それとこれとはまるで違う問題だ。
 果たして自分をイジメ、虐げた男になど、好意を抱く女がいるものだろうか。
 一つの導き出される答えがある。
 もし、母が父を愛していなかったのなら…。
 どうして、愛してもいない男と母が結婚したのかまではわからなかったが、母が愛していたのは父とは別の男だったのだとしたら?
 もしかしたらつくしは、嫌っていた男から解放されて、本当に愛していた誰か、戒の父の親友である男たちの誰かと再婚したのだろうか?
 …そして、離婚した?
 密かに振り向いた視線の先、退屈そうな顔をした父の親友の顔に出くわす。
 両サイドにいる他の二人はさすがに神妙な顔で、祭壇の新郎新婦を見ていたが、その男の妙に緊張感のない自然体な姿に、戒は気持ちが惹かれた。
 俯きがちだったその男…類が、まるで戒の視線に気がついたかのようにふいに顔をあげ、目が合いかける。
 今度は萌奈との時とは逆に、戒の方が男と目を合わせることが出来ずに視線を外して、何食わなさを装う。
 …心を読まれたくない。
 控え室で会った時と同じ、どこか見透かすような透明な眼差し。
 不思議な色合いのビー玉みたいな目は、ここからは見えなかったが、なぜか彼の印象に強く残っている。
 …花沢類はたしか、まだ独身で、離婚歴もないはずだ。
 両隣の美作あきらや、西門総二郎にしても婚約者がいるはずだが、いまだ結婚には至っていない。
 ホッとしたような、失望したような不可思議な感覚。



 「二人は今、ここに神の巡り合わせと御名において、夫婦となったことを宣言いたします」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0597】へ
  • 【愛してる、そばにいて0599】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0597】へ
  • 【愛してる、そばにいて0599】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘