「愛してる、そばにいて」
第7章 光と影④

愛してる、そばにいて585

 ←愛してる、そばにいて584 →愛してる、そばにいて586
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 類が司の結婚式に出席する。
 別段不思議なことではなかった。
 元々、類は司の幼馴染みの親友なのだ。
 プライベートの上でも招待されてしかるべき人間。
 「あれ?お前、その辺は忙しくて出れねぇみたいなこと言ってなかったか?」
 「の、予定だったんだけどね。どうしても日本を離れるわけにはいかなかった案件がポシャっちゃってさ。他のことを前倒しに今やらされて、司の結婚式を機会に普段会えないような連中との交流を深めて来いって親父の命令」
 「……なるほど」
 司の結婚式には、道明寺財閥と大河原財閥という二大財閥の威容を世間に誇示することの他に、普段は一同にそうそう介することのないハイクラスの人間たちが顔を合わせる機会でもある。
 当然そういう機会にこそ、あらたなビジネスチャンスとして、暗躍するのは当然のことであり、それは類やあきらのような外様だけではなく、司にとっても同様の機会であることは間違いない。
 だからこそ、類の父は自らの後継者である類を、その重要な場への全権大使として赴くことを命じたのだろう。
 もちろんそこには類の能力と実力への信頼もあったし、内外に彼の後継者としての地位を誇示する目的もそこにあるのだ。
 当然、
 「じゃ、あきらも来るし、久しぶりにF4勢揃いだな」
 総二郎も畑は違うとはいえ、その意味合いを熟知していないわけではないだろうに、お気楽な物言いをあくまでも崩さない。
 「…そっか、来月」
 類もNYへ。
 「牧野も来る?」
 「え?」
 「…おいおい」
 さすがの総二郎も困惑した顔だ。
 それはそうだろう。
 どこの世間に、元夫の結婚式に出席する恋人についてゆく女がいるだろうか。
 …それ以前に何この複雑さ。
 「ほら、この前NY行った時も、セントラルパークでもっとのんびりしたいとか、見たいところがあるって行ってたじゃない?ついでにまた観光してこよっか?」
 「……いやぁ、仕事休めないし」
 もちろん、それが本当の理由ではないが、そうとしかいいようがない。
 「そうだぜ、類。いきなり言われたって、牧野にだって都合ってもんがあるだろうよ」
 「本当に行かないの?」
 総二郎のフォローもガン無視で、念を押してくる。
 まるで彼女の心の奥底の真意を探るような眼差しで…。
 なんだかそれが無性に腹立たしく感じるのはなぜなのだろう。
 「行かないわよっ」
 「…そっか。」
 「お前、何がしたいんだよ」
 むしろ総二郎の方が常識的だった。
 「別に。ただ、司の結婚式なら、当然戒も今回ばかりはNYにいるだろうしって思っただけ」
 「……………」
 「………ハァ」
 妙な雰囲気になってしまった間を取りかね、沈黙が落ちる。
 おそらくいつものように、類だけは特に気まずさを感じているわけではないだろうけれど。
 「総二郎の俺への話って、どちらにせよ、そのことだったんじゃないの?」
 「あ~、まあ、それもあったけどよ」
 酒のせいもあるのか、妙に疲労を急に感じ始めていたつくしへと総二郎が視線を向け、だが、すぐに類をチラッと振り返って、迷っている風情につくしも気を取り直す。
 「なに?」
 「…いや」
 「牧野にも話があったんでしょ?」
 「そうなんだけどな」
 たしか類がいてもいいようなことを言っていたはずなのに、あきらかにいいあぐねている様子に首を傾げざるえない。
 「…お前らの結婚の話ってどこまで具体化してるんだ?」
 「は?」
 「なにそれ」
 唐突な話題の変換につくしと類が顔を見合わせる。
 奥歯にものが挟まったような言い方が歯がゆい。
 「…親の問題もあるだろ」 
 「ウチの親父は牧野のことを歓迎するってさ」
 「いや、そこまでは言われてないでしょ」
 かなり枝葉末節を省いて、大いにポジティブに切り張りした捉え方。
 「なんだよ、親父に会ったのか?」
 「まあ」
 「気の早いことに、もう子供の話までしてたね」
 否定できない。
 類の話に総二郎も驚き顔だ。
 「あの親父さんがね…そうか。まあ、それも…そうかもな」
 どちらかといえば、総二郎は口も軽い方でズケズケとした物言いをする男だ。
 しかし、それでいて繊細な部分もあり、意外におせっかいな男であることを、ここ1年ほどの付き合いで知った。
 …ドライみたいなフリしてるくせに。
 実は誰よりも友情に厚く、人の心の機微に敏感なのではないだろうか。
 類もつくしと同じことを感じたようで…。
 「迷いがあるなら、他人のことに余計な口突っ込まないことだと思うけど?」
 「…類」
 「類」
 それでもあまりにキツイ物言いに、つくしの方が困って聞き咎めて、類の名前を呼ぶ。
 だが、類の方も気がついていないわけでもないだろうに、知らんフリでなおも痛烈な言葉を平然と言い放つ。
 「そうじゃなくてもガキじゃあるまいし、お節介もほどほどにしといて欲しいな」
 「類!そんな言い方ないじゃない。西門さんは心配してくれてるんでしょ?」
 類をか。
 それとも、まさかつくしをなのだろうか。
 司の親友、類の親友、としてしか認識していなかった総二郎が、自分の中でもいつの間にか友人と言っていい位置にいることに気づかされる。
 そして同時に、おそらく彼にとってのつくしもまた、そう言って差し支えないのだと。
 「…いや、いい、牧野。そうだな、悪りぃ、類の言うとおりだ。お節介のつもりはなかったんだが、あきらが日本にいねぇからか、ついついヤツの代わりみてぇによけいな気を回しすぎてたのかもな」
 つくしの気遣いへとバツが悪そうに微笑んで、総二郎が引いた。
 「あきらとはお節介の年季が違うだろ?お前の場合、さじ加減わかんないんだからさ?」
 「はは…そりゃそのとおりだ」
 総二郎が苦笑する。
 「ただ、あれだ。司も結婚することだし…お前たちも、類がプロポーズしてるとかいう話だしな」
 「……………」
 「たぶん…なるようになってる。いい方に転がってるんだろ。そう思う。けど、妙に本当にそれでいいのか、何もかも互いにダンマリ決め込んで腹割らねぇまんまで。…そんな風に感じてよ」
 ―――類もつくしも、そして司も。



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて584】へ
  • 【愛してる、そばにいて586】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて584】へ
  • 【愛してる、そばにいて586】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘