「愛してる、そばにいて」
第7章 光と影③

愛してる、そばにいて554

 ←愛してる、そばにいて553 →愛してる、そばにいて555
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「そ…かぁ」
 もしかしたら、つくしはこれをこそ恐れていたのかもしれない。
 進と両親との関係修復がもたらす二次的な事柄。
 けれど、いざ千恵子に連絡を貰ってしまえば、1年前までの自分とはまったく違う心境の自分がいることに気がつかされる。
 それはもしかしたら、司への心境の変化の副次的なものであったかもしれなかったが、それよりも強くつくしが感じたのは、やはり自分自身も戒や陽太の母であるように、この人もまた母親―――つくしや進の母であるということなのだ。
 たとえ、千恵子の価値観や認識が、つくしの持つものとはまるで違うものなのだとしても、あるいは母と自分の間にあるものは、永遠に平行線のまま、けっして相容れないのだとしても、それでも千恵子には千恵子なりの母の愛がある。
 つくしにはつくしなりの子としての愛、母としての愛があるように。
 たとえ母子であっても、そうしたものが完全に一致することなど、それこそ稀なことなのではないだろうか。
 それゆえに、この先も母とつくしは互いを理解しあうことはできないのかもしれない。
 だが、だからこそ、赦してあげられることもあるのではないのか。
 かつて、陽太が彼女に言ってくれた言葉が蘇る。
 ―――大好きな人には大好きだとちゃんと言おう。どうしてもダメなこともあるかもしれないけど、許してあげられることはなるべく許してあげようって思うんだ。
 死んでしまった人には、何をしてあげることもできないのだから。
 あるいは、悔いを残して死にたくはないから。
 だからこそ、生者のうちに後悔がないように。
 時にはまた対立することもあるだろう。
 それでも互いに互いをありのまま、受け止めることができれば、そんな風に思う。
 …あんな小さな子にもできることなんだものね。
 つくしや千恵子ができないはずもない。
 『あんたもっ……ううん、なんでもない』
 たぶん、つくしにも逢いたい、千恵子はそう言いたかったのではないか。
 けれど、今はまだ。
 「お母さんたちも、体に気をつけて。…まだそんなに暑い季節でもないけど、けっこう気候の変化がある時もあるから」
 『……うん、ありがと』
 つくしの遠回しの断りが伝わったのだろう、千恵子もまた強くは強請らない。
 …今はまだ、もう少しだけ。
 「お父さんは元気?」
 かわりにつくしの方から話題を振った。
 『うん、相変わらずだけどね』
 母もそんなつくしの話に合わせて、話題を変え、たわいない雑談を交わし合う…かつてのように。
 そして、
 「あふ」
 あくびが洩れた。
 気が付けば、早寝早起きが基本のつくしにしてみれば、ずいぶんな時間だった。
 今夜は同居人が留守にしていて、朝食の支度の必要がないとはいえ、毎日の生活習慣的に、彼女にとっては十分夜更しだ。
 そして、それはやはり似た様な生活習慣を持つ千恵子にしてみても同様だろう。
 「ああ、もうこんな時間。私、そろそろ寝なきゃ、お母さんもでしょ?」 
 『あら、ホント。ついつい長話しちゃったわね』
 「じゃあ、そろそろ切る…」
 ね、と言いかけたつくしに、『ああ、そういえば…』と、まだ話し足りないことでもあったのか、千恵子が呼び止めた。
 『そういえば、あんた、今、恋人でもいるの?』
 「は?」
 否定的な感じではなかったが、それでもどこか笑い含んだ声音には、探るような響きがある。
 『ほら、さっき、類?とか、電話に出た時聞いたでしょ?女友達相手に聞いたにしては、ずいぶん意気込んで聞いてきてたし、もしかして、恋人の電話を待っていたところだった?』
 「…はあ?」
 呆れたような声は出たはずだ。
 特に隠すほどのことではないが、今の段階で、あえて類を母に紹介するつもりはなかったし、その必要もないはすだ。
 …それに、相手が類となると。
 生活も安定している今、よもやまた、玉の輿だなんだと騒ぎ出すとも思えないが、逆に彼らがいまだ、道明寺家の援助を受けているらしいことを鑑みてみれば、この母親がどうでるか測り難い。
 『まあ、いいけどね。もう牧野さんとも正式に離婚してるんでしょ?』
 「……………」
 『あの時には、その…いろいろなことが頭の中を駆け巡っちゃって、あたしもあんたの気持ちも考えずに、むやみやたらに反対しちゃったけど』
 「……………」
 『あれから、あたしも…パパもいろいろ反省したし…、あんたや進に疎遠にされるようになって、ホントにいろいろ考えさせられたの』
 「…ママ」 
 つい子供の頃の呼び名が口から飛び出して、それを耳にした千恵子がひっそりと嬉しそうに笑う声が聞こえた。
 『………また、電話してもいいかしら?』
 赦してあげたい、赦してあげよう、そう思った端から即答できずに、言葉が詰まった。
 『あ、いいの、ごめん。じゃあ、また何かあったらそっちから電話して?』
 「あ、…うん」
 『じゃあ、おやすみ……』
 「お母さんっ!」
 今度は、咄嗟につくしの方が母を呼び止める。
 『………………』
 「その…また、今度、お母さんも何かあったら電話して?」
 『…っ』
 「じゃ、今度こそお休みなさい」
 母の息を呑む気配に、返事も聞かずに通話を切ってしまう。
 今、もし何かを問われたり言われてしまえば、言ったばかりの言葉を撤回してしまいたい誘惑に駆られそうで。
 …強くなりたい。
 本当にそう思う。
 何度も何度も心に唱えた想い。
 他人も…自分も、赦してあげることができるように。
 「さ、寝よ、寝よ」
 明日もまた、特別ではない、けれど、この上なく愛しくも、優しい毎日の続きがやってくるのだから。



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて553】へ
  • 【愛してる、そばにいて555】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて553】へ
  • 【愛してる、そばにいて555】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘