FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第7章 光と影③

愛してる、そばにいて552

 ←愛してる、そばにいて551 →愛してる、そばにいて553
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 戒に関しては、それ以上のことを、両親はもちろん進も知らなかった。
 当然のことだろう。
 親族とは言え、片や世界各地に広大な屋敷を構え、国家権力にさえ絶大な影響力を誇る大企業家一族、もう片方は…。
 …戒、戒、戒。
 我が子のことを思えば、すぐに彼への純粋な愛しさが湧き上がる。
 身を振り絞られるような痛みと哀切、ひとかどならぬ想い。
 一日たりとも想わぬ日がなかったとは言えない。
 彼の面影を陽太に映して、思い出さないよう…会いたい気持ちが抑えられなくならないようにと、必死で思い出すことを自分に禁じていた数年間。
 …きっと凄く大きくなったんでしょうねぇ。
 …元気?ちゃんと好き嫌いなくなんでも食べてる?
 …友達はできた?
 …もう10才だよね?
 …好きな子なんていたりするのかなぁ。
 いくらでも心の中の彼へと話しかけたいことがある。
 それでもつくしの中の戒は、いつまでも泣きじゃくって、彼女にずっとそばにいてくれと哀願していた小さな子供のままだ。
 …私のこと、きっともう、顔も憶えていないよ、ね。
 『…でね、一度、春樹連れて実家に顔を出してみようと思うんだ』
 つい自分の中の追憶の中に沈みかけていたつくしも、そんな進の言葉に我に返れば、弟が手の中の湯呑に視線を落として、どこか疚しげにつくしの様子を窺っているのに気がつかされた。
 『いいと思うよ』
 『姉さん』
 『…あんたももう4年?実家の方に帰っていないんでしょ?』
 それがどうしてなのかなんて、いくら鈍い自覚のあるつくしにだって重々わかっていた。
 『いや、うちは毎年、正月はひなの実家の山形の方に帰ってたし、…日頃もなにかと夫婦共働きで忙しかったからさ。近場ってこともあって、ついついね』
 そんなことを言ってくれる弟の優しさがこの上なくありがたく、自然に微笑みが浮かんだ。
 『何言ってるのよ。春樹が生まれた時には、さすがに病院に顔出させてたけど、官舎に訪問するのだって遠慮させちゃってるんでしょ?』
 『……………』
 無言が肯定だ。
 進が困ったように俯いた。
 嫁と姑の間に確執があるのではない。
 ひなはつくしに対する態度でもわかるように人嫌いするような女ではなかったし、千恵子も世知辛く見栄っ張りではあるが、そう性根が悪い女ではなかった。
 世間の嫁姑と比べれば、わりに穏当な関係を築いていたはずなのだ…つくしが隼斗と結婚するまでは。
 『私のせいで、あんたにまで親に背を向けるようなマネをさせちゃってごめんね』
 『何言ってるんだよ』
 『昔からあんたは親孝行だし、家族想いな子だったから、板挟みで辛かったでしょ?』
 自分のことで精一杯で、そんな当たり前のことにすら気がついていても、進を気遣う余裕がなかった。
 この優しくて情に厚い弟が、両親と姉の相克にどれだけ心を痛め、心配していたことか。
 『……官舎に寄せなかったのは、俺自身忙しくて、ただでさえ日頃頑張らせてるひなに、よけいな負担をかけさせたくなかったってだけのことだし。……父さんたちの生き方には、姉さんのこととは関係ない部分でも、俺としても思うところがあったってだけのことだよ』
 『……………』
 『親を恥じるなんて、それこそ恥だと思う。けど、誇れない親を、妻や子に会わせるのには抵抗あってさ。……怒る?』
 『……ううん』
 つくしに何を言えるはずもない。
 それが進の本心であって、本心ではないのも理解していたから。
 『パパ…お父さんたち、まだ、道明寺家から援助を受けてるの?』
 『……まあ、俺もあの頃―――姉さんと道明寺さんとの離婚協議の頃合は、ちょうど検察局も移動があったりで忙しかったこともあるし、姉さんと同じく離婚後にまで、本来道明寺家とは何の関わりもない立場のウチが援助を受ける筋合いはないって、父さんたちと真っ向から対立しちゃったからね』
 たしかに晴男たちはロクに仕事をすることはなく、名義だけ連ねていた道明寺HDの子会社役職から収入を得てはいたが、それがなくなっても、すでに司から身分不相応な家屋を与えられ、つくしが若夫人として司の妻の座に収まっていた10年間にも相当な資産を譲られている。
 たとえ離婚と同時に、すべての援助を打ち切られていたとしても、彼らが路頭に迷うということはなかったはずなのだ。
 ただそれまでの安楽として、贅沢な生活とは手を切るハメにはなっていたかもしれないけれど。
 金が全てを壊してしまった。
 彼らの金銭感覚ばかりではなく、良心…そして、情愛をも壊してしまったのか。
 『ただ…』
 『……ただ?』
 声音の変わった進の声に、弟と同様俯きがちだったつくしも顔を上げた。
 『ただ、やっぱりここ数年間で父さんにしても、母さんにしても、心境の変化があったみたいだ』
 『え?』
 『戒君を見かけたのに声をかけられなかったこともそうだけど、父さんが入院してるのに姉さんが来てくれなかったことや…まあ、ここ数年のいろいろなことで反省することがあったんじゃないかな』
 おそらくそこには、進一家との疎遠もあるのだろう。
 娘も息子もいるのに、彼らに会うことさえままならず、孫たちとの交流も半ば拒絶されて…。
 『あれでさ、薄情な親ってわけではないからね』
 『……そうだね』
 進は元よりつくしにしてみても、それは重々承知していることだ。
 晴男にしても千恵子にしても、魔が差してしまっただけのことで、それ以前には、進にとってもつくしにとっても、愛情深い優しい両親だったのだ。
 どこの家庭にも、どんな親子にも不満はある。
 だが、それでもつくしもまた、この親の元に生まれて不幸だなどと思ったことは一度もなかった。
 ―――司に出会うまでは。
 『いきなり以前どおりの交流を再開するっていうつもりは、まだないんだ。でも、そろそろ父さんたちも年だし、歩み寄れるようなら歩み寄りたいって思ってる』



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて551】へ
  • 【愛してる、そばにいて553】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>スミレ様

こんにちは、いつも応援ありがとうございますm_ _m

ご指摘のヶ所、

社宅→官舎

を修正いたしました。
どうぞ、ご確認ください。
また、何かお気づくの点等ありましたら、どうぞ、ご指摘ください。
どうも、ありがとうございました^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて551】へ
  • 【愛してる、そばにいて553】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク