「愛してる、そばにいて」
第7章 光と影③

愛してる、そばにいて542

 ←愛してる、そばにいて541 →愛してる、そばにいて543
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「ああ。…まあ、それはね」
 全く考えていなかったといえば嘘になる。
 けれど、逆に言えば考えたくなかったとも言えるか。
 …とてもじゃないけど、歓迎されるとか思えないものね。
 そしてふいに、自分が類との結婚を、存外真面目に考えていた事に気がつかされた。
 「どうしたの?」
 「え?」
 「急に赤くなったりして、酔いが回った?」
 心配そうに優紀に覗き込まれ、つくしは慌てて顔の周りを扇いで誤魔化し出す。
 「そ、そうかな。最近、あんまりお酒飲んでなかったから」
 「そうなんだ?花沢さんってあんまり飲まない人なの?」
 「え~?類?」
 どうだろう、とあらためて思い起こしてみれば。
 …ザル?
 たぶん、そんな感じだろう。
 晩酌するほど酒好きというわけではないようだが、たまに二人で飲みに出かけた時など、どう見てもつくしが飲んでいる酒よりもずっと強い酒を、シラッとした顔で普通に何杯も飲んで平然としているのだ。
 「一緒に飲んだりしないわけ?」
 「ん~、出かけた時にはたまにあるけど、家ではほとんど飲まないかなぁ」
 「へぇ。人は変わらない?」
 「全然だね」
 司にしてもそうだが、セレブには異様に強いアルコール耐性でも遺伝子に組み込まれているのだろうか。
 …パーティ会場でも、お酒に飲まれてグダをまいてる、とかいう人はそうそう見かけないものね。
 もちろん、ホストやホステス役である主催者側の努力もそこにはあったのだろうが。
 「まあ、良かったじゃない。昔から結婚する前には、ラーメン屋と飲み屋には連れて行けって言うし」
 「はあ?」
 飲み屋はまあ、説明されずともなんとなくつくしにもどういうことかわからなくもなかったが、ラーメン屋の方はわからず思いっきり首を傾げる。
 「だってほら、熱いラーメンを食べてる時ってメガネが曇ったり、鼻水垂れてきたりするでしょ?どんな色男でもフーフーして間延びしてる顔とか見てたらさ、百年の恋も冷めちゃうってものよ。その顔を見てしまってもまだ好きだと思えたら、その気持ちは本物ってことなんじゃない?」
 「ははははは、なるほどねぇ。…でもさぁ、それって相手にも言えることなんじゃないの?」
 「まあ、そりゃあね。でも、それこそそんな顔見ても、好きだと思ってくれるなら冥利に尽きるってことでしょ?」
 「ホントだ」
 至極真面目な話をしていたはずなのに、やはりそこは酔っ払い、時にはそんな与太話へと脱線しすることもまま。
 「でも…ってことは、まだご両親に会わせてもらう、とかそこまでの話は出てないんだ?」
 「そりゃそうだよ、プロポーズだって受けたわけじゃないし」
 「いや、それはそうだろうけど。それでも真剣に付き合っていれば、自然、将来を見据えて、お互いの親に顔を見せるくらいのことはするでしょ?」
 「う~ん」
 将来を見据えて…。
 結婚となればそうなるだろうが、やはりそこまで言われてしまうと、果たして自分と類に‘将来’などと言える未来が存在するのかと、つくしは悩んでしまう。
 「なによ?そう言えば聞いてなかったけど、本当のところあんたって、花沢さんのことどう思っているのよ?」
 「えぇ?」
 「まさかこの年になって、自分の気持ちもわからないとか言わないわよね?」 
 「……………」
 そう言われてしまうとかなり辛い。
 「えっ?まさか、わからないの?本当に?」
 「…いや、それはさすがにね」
 「じゃあ?」
 「好きだよ」
 たぶん、がやはりついてしまうのだが、しかし、それをそのまんま優紀に言うわけにもいかずに端折ってしまう。
 「なんだ、ちゃんと自覚してるんじゃない」
 優紀が安堵したようにホッと息を吐く。
 「でもね、結婚とかいうとまた別の話じゃない?」
 「…別って?」
 たぶん、優紀もつくしの屈託をわかっていないわけではないだろう。
 案の定、
 「あんたの離婚歴とか、素性とかそういうこと?」
 「まあね」
 普通の家の人間でも、バツ2の子持ち女となれば、歓迎するどころか二の足を踏む話だろう。
 ましてや類は優紀の言うとおり、名だたる大企業を経営する名家の跡取り息子なのだ。
 …しかも、初婚だし。
 これが40才、50才も過ぎたヤモメとかいうのなら別の話だろうが、類の場合はどんな名家出身の令嬢だろうと、美女でも才女でも選り取りみどりの立場なのだ。
 本人の魅力的にも。
 「そこのところ、花沢さんはどう言ってるの?」
 「どう…って」
 「プロポーズするくらいなんだから、まったく考えてないってことはないと思うんだけどねぇ」
 「……………」 
 それは類ではないので、つくしとしてはなんとも言い難い。
 そんな彼女の心のうちを読んだように、優紀が提案してくる。
 「一度、ちゃんと聞いてみれば?」
 「聞いてみればって」
 「大事なことでしょ?…そりゃあさ、とりあえずは結婚のこととか考えずに恋愛を楽しんでみたら、とか以前には言ってみたけど、いざそういう風な関係になっているんだったら、あんたの性格からしても、今を刹那的に生きるみたいな遊びで誰かと付き合うとか、無理な話なんじゃないの?」
 優紀の言うことは、ごもっとも。
 たしかにつくしには、この年齢になっても誰かと遊びで付き合うとかできることではない。
 「ましてやもう一緒に暮らしてたりしてるわけだし。………まあね、10代や20代の若い子じゃないんだから、うっかり避妊に失敗して、とかはないとは思うけどさ?」
 「は……?」
 思わぬ単語を聞いた気がして、ポカンと聞き返してしまう。
 「なによ、その反応?いまさらカマトトぶる年齢じゃないでしょ?避妊よ、避妊!それこそできちゃった結婚とか、花沢さんの立場と年齢からしてもマズいんじゃないの?」



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて541】へ
  • 【愛してる、そばにいて543】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて541】へ
  • 【愛してる、そばにいて543】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘