「愛してる、そばにいて」
第7章 光と影③

愛してる、そばにいて533

 ←愛してる、そばにいて532 →愛してる、そばにいて534
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「は?」
 …今、何言ったこの人。
 ポカンと口を開けて、ついアホ面を晒してしまう。
 いつもだったら、そんな彼女を正々堂々?と揶揄って笑い者にする類が、すぐに視線を反らして空気を変えてしまう。
 「あ、キャッチボールやってる。…やったことある?」
 「え……キャッチボール?そりゃ、あるけど」
 よもや聞き間違いではあるまいが、あまりにサラリと180度違う話に、つくしは自分の勘違いを疑った。
 「俺、ないよ」
 「えっ!?ホント?」
 そっちの方が驚きで、先ほどの衝撃が上書きされる。
 「野球もやったことないし」
 「まあ、それはなんとなくわかる、かな」
 どう見ても集団行動に向いていない男だ。
 まだしもテニスやマリンスポーツならば、健康的とは言えない類でも、幼馴染みたちに無理やり引き出されることもあっただろうが。
 「二人でできるのに、西門さんとか美作さんとか…司とかとやらなかったの?」
 「ん~、テニスとか2on2でバスケくらいはやったこともあるけど、キャッチボールみたいに地味なのはあいつらが好まないからやらなかったかな」
 「…地味、なるほど」
 いかにもド派手なあの連中が忌避する言い分だった。
 珍しく、じぃっ~とキャッチボールをしている親子に見入ってしまっている類の横顔に、首を傾げる。
 「えっと、まさかやりたいとか?」
 言わないよね。
 「…牧野、やりたいの?」
 「え、いや…」
 聞いているのはこっちなんですけど…と思いつつ、ふとつくしも気がついた。
 …もしかして、照れてる?
 怜悧な美貌の横顔には大して変化はないように見える。
 けれど、もしかして…とジッと見てみれば、彼女の視線の変化に気がついたのだろう、妙にふてくされたような類の顔に出会って、思わずぷっと噴き出してしまう。
 「なに?」
 「…そんな不機嫌そうな顔しなくても」
 「だって、笑ってるからさ」
 類の完全な言いがかりだ。
 彼女が笑ったよりも、類が不機嫌な顔をしていた方が先だったのに、そんなことを言うのだから。
 「行こ」
 立ち上がって差し伸べてくれる手に手を重ね、ぐっと力強く引き上げられ、言われるまま素直に立ち上がる。
 「…またの機会にするよ」
 「そうだね。日本に戻って、もっとゆっくり時間が取れる時がいいかな」
 「いや、…そうじゃなくってさ」
 「うん?」
 首を傾げるつくしに、類も今度は小さく笑って、いいよ、と首を横に振った。
 「結婚…冗談じゃないから」
 「類」
 「あんたとなら、きっと毎日をこんなふうに生きていける気がするんだ」
 「………」
 わずかにつくしを振り返った類が、美しく微笑んでくれる。
 本当に優しい、柔らかな顔で。
 高校時代、いつも彼女に見せていた、冷たくて…寂しげなものではなく。
 「特別な何かがなくても…幸せを感じられる。温かいって感じられる、そんな毎日をさ」
 かつてつくしが願っていた、平凡な幸せ。
 非凡な彼が望むには、あまりにも細やかなそんな毎日を、類もまた彼女と作っていきたい…そんな風に言ってくれているのだろうか。
 「…私」
 何を言うべきか、何を今、自分は言おうとしているのか。
 「返事は急がないよ。………それに断られても、諦めないし」
 「ふっ…断られるのが前提なの?」
 意外な言葉に、つい小さく笑ってしまう。
 「ん…断られるとかは思わないけど、でも、承諾してくれるとも思えないからさ」
 「……………」
 そのとおりかもしれない。
 彼を突っぱねてしまうほどには、もう強くはなかったけれど、さりとて今、彼の申し出を受けられるかと言われれば、それもまたできない気がする。
 「なのに、プロポーズしてくれるの?」
 …プロポーズだよね?
 そうした言葉をくれるにしては、あまりに日常的空間過ぎて、まだ実感はつくしにも沸かなかったけれど。
 「とりあえずは、まず意思を伝えることだって思ったから。…もう、スタートダッシュが遅すぎて、失敗するには、俺ももうガキじゃないだろ?」
 「……ふふ、なんだか変なセリフ」
 「そ?」 
 「うん」
 言いたいことはわかるが、プロポーズをするにしては、あまりに変わった理由なのではないだろうか。
 好きとか、愛してるとかの言葉もなく、けれどそうした甘い言葉をくれるよりも、彼らしい気もしたけれど。
 「て、ことで、今日のところは宣言終わり。…また今度、ちゃんとあんたが乙女できるシチュエーションてヤツを、用意しておくから楽しみにしてな」




*****




 「まあ、では、お式は日本ではなくNYでなさるのね」
 「ええ、ウチはともかくとして、やはり道明寺家はアメリカが本拠地ですし、なんと言ってもあちらの6月は梅雨ですから、招待客の皆さんにしても何かと不便でしょ?できるだけ多くの皆さんにいらしていただいて、祝福していただくのが本意ですもの、ね?司?」
 貼り付けた笑顔のまま、くだらない雑談から意識を飛ばしていた司が、水を向けた滋の呼びかけに目を瞬かせ、その母親によく似たアルカイックスマイルで自分を注視している女たちを煙に巻く。
 「…私としては、6月にこだわらなくても、別に構わないと思うのですがね」
 「もうっ!何言ってるのよ、せっかくのお式なんだから、誰もが忘れられないくらいに素敵なものにしようって、二人で話し合ったじゃないの!!」



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて532】へ
  • 【愛してる、そばにいて534】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて532】へ
  • 【愛してる、そばにいて534】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘