「愛してる、そばにいて」
第7章 光と影②

愛してる、そばにいて521

 ←愛してる、そばにいて520 →愛してる、そばにいて522
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「…会ってきなよ」
 密やかな声に、つくしが類を見上げる。
 しかし、彼はぼんやりと通り過ぎる人々を眺めているだけで、その表情にはまるで変化がなかったから、気のせいだったかとつくしが思いかけた頃、類が再び口を開いた。
 「もう後悔、したくないんだろ?」
 「類」
 「牧野がイヤだって言うのなら、無理をすることはないって俺も思う。けど、会いたい人がいて…もしかしてこの機会を逃したら、もう二度と会えないってことだってありえるよね?」
 縁起でもない。
 そう言い捨てるには、陽太の病は今日明日ではなくとも、いつ病状が変化するかわからない重篤なものだ。
 「あんたの息子が、あんたに逢いたいって言ってきたんだろ?」
 息子。
 陽太がつくしの実子ではなく、前夫の連れ子であり、今や戸籍上でさえ彼女とは赤の他人であることを知っていて、類はあえて陽太をそう呼んだ。
 つくしにとって陽太が息子であり、また陽太にとっても、彼女を母と呼んで慕う限り、実際がどうであれ二人は確かに母子であるのだと、あえて言わない彼の横顔がそう言っていた。
 整いすぎていて、どうかするとまるで温もりなどない、陶磁器のような美貌のその内側に宿る優しさに、昔も…そして今も慰められる。
 「誰が何を言っても構わないじゃん。他人のことなんか気にするなよ。牧野のやりたいようにやればいい」
 「……類」
 彼女の膝の上の手をポンと小さく叩いて、手の甲の上からそっと握ってくれる。
 どこかひんやりとした、けれど誰よりも優しく力強い大きな手のくれる勇気。
 「うん、行ってみる」
 頷くつくしに類も柔らかく微笑んで、頷き返す。
 「明日、病院まで送るだけじゃなくて、やっぱり俺も付き合おうか?」
 「……はは、大丈夫だよ」
 今はキッパリ離婚しているとはいえ、さすがに前夫である隼斗の手前、類を伴うのは気まずすぎる。
 …まさか、前の旦那のところに、今の彼氏?を連れて行くとか。いくら何でも無神経すぎるでしょ。
 それに…。
 「類は明日、花沢物産のNY支店に出社しなきゃでしょ?」
 「………ハァ」
 大業にため息をついて類はイヤな顔をしているが、さすがに彼がなんと言っていようと、忙しい中仕事を絡めて渡米をゴリ押ししたのだ。
 そうである以上、私的な事情で勝手にスケジュールを変更したり、オフにしてしまえるはずもない。
 「お見舞いに行くの、週末じゃダメ?」
 「週末には日本に帰るんじゃない。類が期日までに日本に帰らなきゃ、遠藤さんが首を吊るハメになっちゃうわよ?」
 「好きに吊らしておけばいいよ」 
 子供みたいなダダを堂々と言い放つ類に呆れて、胡乱な目で見るつくしをちらっと見る彼の目は、それでも多少はバツが悪そうだ。
 …気のせいかもしれないけど。
 言い分は子供じみているが、つくしとて彼の気持ちは良くわかっていた。
 だからこそ、あっさりと鉾を収めて本音で語る。
 「それに陽ちゃんの手術、今週の木曜日だし」
 「……ああ」
 「大丈夫だよ、ありがとう。隼斗さんとはお互いに納得の上で別れたわけだし、今更何を言う必要があるわけでもない。それに陽ちゃんに会うことは、あらかじめ隼斗さんにも許可をとってあることだから平気」
 「そう」
 本心で隼斗がつくしと陽太を交流させたいと思っているかは疑問だ。
 しかし陽太の治療費の件で、彼はつくしに恩義と負い目を持っていた。
 そうした彼の気持ちに漬け込むつもりはなかったけれど、それでもつくしが望めば、隼斗としては陽太と彼女の交流や面会を認めざるえないし、断ることはできないだろう。
 …さすがに隼斗さんが再婚するとか、恋人ができたりしたら、そうもいかないだろうけどね。
 司や戒にとっての彼女の存在が、邪魔なものであるのと同様に、隼斗と陽太の迷惑になるのは本意ではなかった。
 一歩間違えれば、つくしが彼らの家庭に不破を持ち込む原因になりかねないことくらい、彼女にだってわかっている。
 「ちょっとね、気が重いだけなの。だから心配しないで?これでも私、風にも耐えられないような頼りない女じゃないつもり」
 これまでさんざん、弱いところやダメなところを類には見せていて、信じてもらえないかもしれないが。
 …ちゃんと一人でもやれる。
 「頼りないとか思ってるわけじゃないよ」
 困ったようか顔で首を傾げて、類が苦笑した。
 「あんたを信じていないわけじゃないけど、ただ俺があんたを心配したいだけ、かな?」
 意外な言葉につくしがキョトンと目を瞬かせた。
 「あんたが一人でも頑張れる女だって、俺も知ってるけど、でも、言っただろ?あんたを支えるって…だからさ。心配したいし、力になりたい。あんたが必要とする時にそこにいたいんだ」
 ツンと冷たい横顔が、わずかに赤みを帯びていると思うのはつくしの気のせいだろうか。
 …もしかしなくても、照れてるんだよね?
 ジッと見つめる彼女の視線を嫌がってか、類がベンチから立ち上がって、つくしを促した。
 「アイス…食べ終わったなら、そろそろ行かない?」
 「ああ、うん、そうだね」
 当たり前のように自然に差し出された手に手を置いて、繋ぐのがいつの間にか普通になっていることにいまさらながらに気がつかされる。
 …高校生の子じゃないんだから。 
 そう思うのに、ひんやりとした手の温もりと、その温もりが与えてくれる安心感が、この上なく心地良くて離し難い。
 そうして手を引かれて歩くことが、イヤじゃないし、むしろそうやってずっと歩いて行きたい。
 …いつまでも、こんな風にずっと、二人で生きていけたら。
 「こっちじゃ、老夫婦でも手を繋いで歩くことなんて、全然珍しくことなんだからさ」
 ーーーだから。




*****




 「………綺麗」
 結局なんだかんだと、かなりの時間をリバティ島で潰してしまって、フェリーの帰路途中のエリス島に下船する時間がなくなってしまい、マンハッタンのバッテリーパークに直帰することに。
 現地に到着した頃には、すっかり日が沈み始めていた。
 夕焼けを背景に、遠目に見える女神の像を、二人並んでぼんやりと眺め、海風の冷たさに身を竦める。
 類が好きだというこの場所を、つくしも好きだと思う。
 …それって、素敵なことだよね。
 「明日も晴れるかな」
 「たぶん」
 この空の向こうのどこかに、陽太がいて戒がいる。
 そして、司も―――。
 …明日、本当に晴れるといい。
 「さ、帰ろうか」
 「うん」
 

 
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて520】へ
  • 【愛してる、そばにいて522】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて520】へ
  • 【愛してる、そばにいて522】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘