「愛してる、そばにいて」
第7章 光と影②

愛してる、そばにいて515

 ←愛してる、そばにいて514 →愛してる、そばにいて516
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「観光かぁ…たしかにしたことなかったね」
 「でしょ?どうせだから、今までやったことがないことしよう」
 「やったことがないこと…って」
 「自由の女神を見たりとか、セントラルパークを歩く?」
 「ええ~っ!?」
 …似合わない。
 けれど、そう挙げ連ねられると、ムクムクと元来の庶民的な彼女が蘇って、むしろつくしの方が観光して回りたい気分になってくる。
 海外生活が長かったとはいえ、類の言うとおり、観光などしたことがなかった。
 …自由の女神かぁ。そう言えば、移動の時ですら緊張してばっかで、ロクに見た記憶ないよね。
 記憶喪失ではないが、いつも失敗しないかという緊張の連続ばかりで、周囲を見る余裕など当時のつくしにはとてもなく、わずかな休憩時間のようなものだった車での移動の時ですら、アンチョコと睨めっこしていた記憶ばかりで、他の記憶などほとんど残っていない。
 「でも、そんな時間ないんじゃないの?」
 「言ったじゃない?今回の渡米のメインは、俺の久しぶりのバケーションだってさ?」
 「…もう、遠藤さんが泣いちゃうよ?」
 類はバケーションだなどと気楽に言っているが、もちろん彼の秘書や部下たち…会社関係者には違う見解があるだろう。
 「まあね、まるっと休むのはさすがに無理だけどさ。どのみち、大した日数こちらにいられるわけでもないんだから」
 「まあ、それはねぇ」
 「一日、二日くらい骨休みしたって、誰にも文句なんて言わせないよ」
 類の巧みな誘導で、人ごみの合間をスムーズにすり抜け、あっという間に空港の玄関口に辿り着く。
 ちょうどよいタイミングで、車寄せに停車していた高級車から出てきたお仕着せの運転手が出迎えてくれる。
 「お待ちしておりました」
 運転手の挨拶に小さく頷き、開かれた後部座席のドアへと類が先に入り、つくしが乗り込むのをサポートしてくれる。
 「どうぞ、お嬢様」
 「ありがとう、お世話になります」
 「…いえ、ゆったりとお過ごし下さい」
 つくしが運転手に丁寧に挨拶を返すと、わずかに目を見開いて驚き、だがすぐに顔を綻ばせて愛想良く返事を返してくれる。
 「ふふ、お嬢様だって」
 ドアが締められてまもなく、つくしが気恥ずかしげに小さく笑って呟くのに、類が首を傾げた。
 「なに?」
 「うん。30才も過ぎて、お嬢様なんて言われちゃうと照れちゃうなって」
 「見た目だけなら、20代でも十分通るよ?」
 「ええ~、見た目だけってどういう意味よ?」
 聞き捨てならない言葉に軽く睨めつけても、当然それくらいでは類は全く動じない。
 「中身は……………?」
 ニコッ。
 誤魔化された。
 意趣返しに、繋いだままだった手の甲に爪を立ててやる。
 「いたたたたた、暴力反対」
 「失礼なこと言うからでしょ」
 もちろんつくしにしても本気で怒ったわけではないので、拗ねたフリでツンと顔を反らして…だがすぐに笑って指の力を緩めた。
 そんな彼女の稚気に、類も苦笑するだけで咎めたりはしない。
 「あんたでも年齢の話はタブーなんだ?」
 「ん~、まあ多少はね。これでも一応女の端くれだし」
 たぶん一般的な女性が気にする観点とは違うだろう。
 けれどそこまで説明する気にはなれず、曖昧に流す。
 「子供っぽいわけじゃない」
 「…………………」
 「そういうこと?」
 しかし、類にはお見通しだったらしい。
 「……気にしないでいようとは思ってるんだけどね」
 どうしてもコンプレックスに感じてしまう。
 今の自分が年相応ではないのではないだろうか。
 高校生に退行してしまった時のまま、幼いまま成長できていないのではないかと。
 …記憶は戻ったのにね。
 それでも、今の自分が若い頃に想像していた未来よりも、ずっと成長できていない気がするのだ。
 「あんたは大人だよ」
 「類?」
 「たぶん、俺や………司なんかよりずっとね」
 
 


*****




 とりあえずは一休みしようと、落ち着いた今夜の宿であるホテルに着いたとたん、つくしは盛大な欠伸を披露して、類に笑われてしまった。 
 「………なによ?」
 「何も言ってないよ。……寄る年波にとか、って、だから暴力反対」
 ソファに腰掛け、つくしが自分の靴に手をかけただけで、類が降参だと両手を挙げるのを威嚇する。
 が、
 「もうっ、毎回怒られるとわかってって、すぐにからかうんだから」
 怒ってるフリも長くは続かない。
 もちろん、お互いわかっている上でのジャレ合いで、気が付けば気のおけない幼友達か姉弟のような関係ができてしまっている。
 …類の方が年上なのにね。
 彼に憧れていた少女の頃の彼女が、けっして想像だにしなかっただろう。
 それに、類はよく笑うようになった。
 さすがにいい年の大人の男だ。
 バカ笑いすることは少なかったけれど、それでも彼がわりに笑い上戸であることを、つくしは最近になって知るようになった。
 そんなふうに、こうして再会してから新たに知ったことがたくさんある。
 かつて童話の世界の王子様のように、あるいは完全無欠のヒーローのように憧れた少年は、現実の男性として彼女の前に現れた。
 そして、かつての彼もまたけっしてそうした夢物語の中の人物や、完璧な人間などではなかったのだ。
 子供だった。
 類も、つくしも……そして、司も。



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて514】へ
  • 【愛してる、そばにいて516】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて514】へ
  • 【愛してる、そばにいて516】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘