「愛してる、そばにいて」
第7章 光と影①

愛してる、そばにいて490

 ←愛してる、そばにいて489 →愛してる、そばにいて491
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「知ってっけどさ。でも、お前がヤったのって、白人至上主義のなんたらってヤツと、その取り巻きとかだろ?東洋人のお前にちょっかいかけてきたから、返り討ちにしてやった話は中等部の連中にも聞こえてきてるからな」
 当時、小等部にいた内部生ならばともかく、中等部からの外部生であるジュリオが、詳細ではないにしても、そのことに対する事の真相の一部を知っているとは思わず、戒は驚きに目を見張った。
 それほど激烈な反応ではなかったはずなのに、そのわずかな表情の動きだけで、戒の疑問もジュリオに伝わったらしい。
 「他の連中もそれなりに学校内で幅利かせてた奴らだ。たとえ表立ってはいなくても、人種間の争いなんてジュニアハイならよけいに顕著な話なんだぜ?俺は白人とはいえ、セレブの連中にとっては違う意味で真っ先に差別される側だから、そう詳しくはないけど、噂くらい多少は聞いてる。上流階級の有色人種連中の中でも、特に少数派のアジア人が、どれだけ肩身が狭いものか考えれば普通にわかるし、お前の外見を侮ったヤツらがやりそうなことくらい誰だって想像できるさ」
 ジュリオの言うとおり、戒が最初に赤札を学校の連中に周知するきっかけになったのは、人種差別が原因だった。
 ほぼ同一種族国家で、貧富の差にもそれほど格差のない日本にいるとよくわからない話だが、欧米諸国など数多くの人種が犇めき、貧富の差が激しい国になると、その構造も複雑になる。
 単純な有色人種VS白人という構図ではなく、上流階級の人間と、そうでない人間との対立、文化・言語圏等々、さまざまなことで軋轢や対立が生まれていた。
 それはミニマムな社会である学校というものも同じことで、親たちの価値観を受け継いだ子供たちが、互いに相争い憎悪を深めている。
 上流階級の人間は上流階級の人間同士で塊り、その中で人種差別があって、だがその中には異例もある。
 つまるところ多数が少数を排斥し、強い者が弱い者を虐げるという構造は、どこへ行ってもどこの国だろうとけっして変わらないのだ。
 例えるなら、莫大な資産や名声を持つ有名黒人スポーツ選手や黒人スター、アラブの石油王などへと娘を嫁がせる富裕の白人一族はあっても、富裕の黒人令嬢が、貧困層の白人男性と結婚することはないように。
 またそうしたことには、宗教問題などをも関わって、‘差別’を一概に語ることなどできない。
 しかし、反面、そうした雑多な環境下では、当然派閥があり、また派閥の中でも個々人の強烈な意志の力やパーソナリティが力を持ち得る。
 そして、現在戒が在籍している私立学校は、白人が多く、東洋人である戒は当然少数派なのだが、白人は白人でも貧しいイタリア移民であるジュリオは、その少数派である東洋人たちからでさえ、問題にもされない最下層の存在だったのだ。
 ジュリオのようなイレギュラーな存在は別にして、日本という大人しい国民性で知れた極東の島国から来た戒を、蔑視あるいは軽侮する人間は多かった。
 その最初の洗礼として、多数派の白人グループのリーダーが、戒を吊るし上げようとしたのを、先手必勝とばかりに反撃して返り討ちにしたことで、一気に有色人種グループのリーダー的存在に祭り上げられたのが始まりだ。
 その時にたまたま課題だった美術で使用していた赤い紙を額に貼って凄んでやったことから、戒の不興を買った人間=赤札の構図が流行ってしまっただけのこと。
 そこから発展して、赤札の制裁としてのストーリーキングの刑=対象者を丸裸にして、校内の目立つところに立たせるというイジメも、別に戒が考案したわけでもなければ扇動したわけでもなく、元々その白人グループが得意としていたイジメの一つで、戒が編入するまでその被害を受ける側だった人間が持ち出した方法だったのだ。
 『ブタ野郎。この赤い紙は、お前が俺のターゲットだという証だよ』
 イジメが横行していたとはいえ、そこはお坊ちゃん校。
 影でならともかくとして、正面切って暴力を奮う人間など滅多にいない。
 だというのに、いきなり殴りかかって気勢を制した戒は、たしかに相手の度肝を抜くことに成功したのだ。
 日本での英徳学園とは異なり、学校内には戒と近い立場の子供たちも、また多くはないがそれ以上の立場の人間も幾人か在籍していた。
 たが幸いなことに、道明寺家では比肩し得ないような強大な一族の人間は、エレメンタリースクールに同時期に在籍していなかったことも、戒が学園内の支配権を得るのに味方した。
 父のイジメともっとも違うところは、どれだけやっても向かうところ敵なしの状態だった父に対して、あくまでも戒の場合は、常に凌ぎを削る食うか食われるの状況だったことだろう。
 それだけに幾人かの子供たちの中には、戒からの暴力に対し親を通して抗議した人間もいたが、司が相手にしなかった。
 『しょせん、ガキ同士の喧嘩じゃねぇか』
 ドライでシビアなアメリカ社会。
 そこは相手の親たちにしても私的に抗議することはしても、あくまでも公人としての立場を最優先し、公私混同して会社の経営に影響を及ぼすような人間はいなかったから、それで会社間がどうだったとかいうことはなかった。
 結果、教師からの厳重注意くらいで、戒には特にお咎めがなかった。
 おそらく元々からして、戒が売った喧嘩ではなく、逆襲されても仕方がない手合いだったから、ということもあるに違いない。
 それがまた、戒のカリスマ性とリーダーシップを高める一因ともなったのだろう。
 ―――道明寺戒を咎めることのできる人間はいないのだ、と。



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて489】へ
  • 【愛してる、そばにいて491】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて489】へ
  • 【愛してる、そばにいて491】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘