「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋③

愛してる、そばにいて0470

 ←愛してる、そばにいて0469 →愛してる、そばにいて0471
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 話の流れでスラ――ッと、なにげなく話題に乗せようとして、総二郎が慌てて口を噤むのに、司が怪訝に聞き咎める。
 「…類?」
 『あ、ああ』
 言葉を濁す総二郎の様子に、大して話題に関心もなかった司も、かえって興味を惹かれて突っ込む。
 「なんだ?あいつにも結婚話があるのかよ?」
 『…いや、まだそういうわけでもねぇらしいんだが、惚れてる女はいるみたいなんだよな』
 「へぇ?」
 総二郎の言いようからして、静のことではないだろう。
 司の上にも年月が過ぎたように、あの幼馴染みの上にも年月が過ぎたということだろうか。
 けっして幼い頃からの友情を無くしたつもりはなかったが、つくしの経緯から、いつの間にか疎遠になっていたことは否めなかった。
 とはいえ、総二郎やあきらとも、少年時代のように親身に交流していたとは、とても言えないのだが。
 『結婚…は、どうなんだろうなぁ』
 「ふぅん?ワケアリの女ってわけか?」
 『……まあ』
 言葉を濁しているというよりも、言葉を選んでいる総二郎の屈託に、司も特にそれ以上は突っ込むことを控えた。
 どちらにせよ、互いに恋愛ごとにうつつを抜かしていられるような年齢でも立場でもないのだ。
 司にしても、類にしても、総二郎たちにしても、自分の尻のハエくらいは自分で追えるだろう。
 少なくても、もう司にとって、恋愛は‘リアル’ではなかった。
 恋することも、愛することも、つくしを失った時にすべては彼の中から失われて、そうした感情を揺り動かされることなど、きっとこの先もないだろうし、望んでもいなかったから。
 いや、違った。
 そもそも、彼はつくし以外の誰にも、心を奪われたことも動かされたことさえなかったのだ。
 そうであればなおさらのこと、他人の色恋沙汰になど興味があるはずもなかった。
 それがたとえ幼馴染みの近況であっても。
 「ま、花沢物産的には、それ相応の縁談を求めてはいるだろうが、類にしてもボケッと今の地位を温めてきたわけでもあるまい。その気なら、自分のプライベートくらいいくらでも周囲に認めさせっだろ」
 おそらく総二郎やあきらにしてみても、それだけの女と出逢えていればあがいただろう。
 しかし、あきらは与えられた条件の中で、それそこに相性のいい女を見つけ、総二郎にはそうした女との出会いがいまだなかっただけのことに過ぎない。
 互いに少年時代とは違う。
 『…お前はどうなんだ?』
 「あ?」
 再び回ってきたお鉢に司が眉根を寄せ、シートに投げ出してあったタブレットに手を伸ばす。
 電話の内容は既に、ビジネスからプライベートの雑談に移行していたから、片手間に仕事をこなしてのことだ。
 …ふん、さすがに株価が跳ね上がってるな。
 ホクホク顔の幾人かの会社幹部の顔が思い浮かぶ。
 その真逆に、右往左往しているだろう人間たちのことも浮かんで、司がひんやりと冷笑する。
 『今のお前なら、別に政略結婚に頼らなくても、道明寺を率いるのに過不足なくどうとでもできただろ?…マジで大河原滋と再婚するつもりなのか?』
 司の方も、10代の井の蛙だった少年の頃とは、立場も権力も桁違いとなっていた。
 たしかに、政略結婚により得るところもあるだろうが、無理をしてするほどに、会社の経営状態に難があるわけでもないのだから、どうしても必要なものではないはずなのだ。
 むしろ―――、
 「濡れ手に粟で手に入るっつーもんを、わざわざ見逃す必要もねぇだろ?」
 『……………』
 「俺にしても、政略結婚で得られるメリットを最優先してるわけじゃねぇが、その有効性を認めるのもやぶさかじゃない。ましてや、双方合意の上でのギブ&テイクなんだ。忌避する理由もねぇだろ?」
 その一言でも、司の新たな結婚に対する姿勢が垣間見えたが、それでも今度の結婚が、たとえ事業的観点のものだとしても、楓や会社から強要されているものではないことが、総二郎にもうかがい知れた。
 『…ま、今回の結婚で、いよいよお前がCEO(※アメリカにおける最高経営責任者)就任に王手をかけたって、巷じゃあもっぱらの噂だしな』
 「ふっ」
 総二郎の探りに、司は特に肯定も否定もしないが、道明寺にも匹敵する、大河原財閥をほぼ手中に収めたとなれば、司の力はゆうに楓の権力をも凌ぐ。
 ましてや、大河原財閥のナンバー2であり、会長に万が一のことがあった場合の臨時の後継者と目されている人物は、大河原家とは直接血縁関係のない人物で、現在の会長である滋の父親より10才ほどしか年齢が若くはなかったから、この結婚により司が大河原財閥の後継者レースのトップに躍り出ることは間違いなかった。
 『…そうか、お前が納得してることなら』
 「なんだよ?今日は妙にセンチメンタルな物言いすんじゃねぇか?」
 『ぶっ、センチメンタルぅ?俺がか?』
 「ああ、お前が」
 少年の日から誰よりも冷めた目で、将来は政略結婚をすることに疑問を持つこともなく、それゆえに派手に遊んでいた友を司が揶揄る。
 『そうか、そうかもな。…いや、忙しいとこ、悪かったな』
 結びに入った総二郎に、司も特には深追いをしない。
 「いや」
 『俺も当面、日本を離れることがないから、しばらくまた会えねぇだろうが、そのうちこっちに出張の時にでも声かけてくれ』
 「ああ」
 そんなことを言いつつ、いつも忙しさにかまけて声をかけるのはあきらであり、総二郎の方で、司は不義理をしっぱなしだったが。
 「類も…今は日本だったか」
 『…っ、ああ』
 「ふっ、じゃあ、またそのうち、日本に帰国した時にでも連絡するさ。あきらは…まあしばらくヨーロッパだろうが、都合がついたらまた集まろうぜ」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0469】へ
  • 【愛してる、そばにいて0471】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0469】へ
  • 【愛してる、そばにいて0471】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘