「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋③

愛してる、そばにいて0469

 ←愛してる、そばにいて0468 →愛してる、そばにいて0470
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「……ああ」
 総二郎の意図とは裏腹に、特に暗いわけでもないが、まったく楽しげでもない司の語調に、今巷で話題になっている彼の結婚話が、けっして司にとっては喜ばしいものではなく、あくまでも政略結婚にすぎないことを容易に察しさせる。
 『あれだろ?十何年前だか、高校ん時のお前にあった婚約話の相手、大河原財閥の一人娘だったか』
 「………」
 『中東駐在アメリカ人外交官かなんかと結婚して、一時期家から離れてたようなこと聞いてたが…それが去年のテロで夫を亡くして、未亡人になってたのを、ちょうど離婚してたお前と…とか、すげぇ偶然つーか縁だよな』
 「ふ、偶然か」
 『…なんだよ、やっぱり意図的に近づいたのかよ?』
 道明寺家の意向を慮って、おおっぴらには言われてはいないが、それでも社交界でも実しやかに囁かれている一つの噂がある。
 大河原滋の夫が亡くなったのは偶然にしても、その夫が亡くなった時期と前後して、司が元妻の遥香と離婚したのは、この妻の遠縁である滋と再婚を果たすため…もっと言ってしまえば、大河原一族とは言え、支流に過ぎない遥香よりもはるかに利用価値のある滋に乗り換えるために、遥香は切り捨てられたのではないかと。
 そして、そうした噂の存在を関知していないのだから、当然、司が否定する訳もなく。
 もちろん司にしても、道明寺家的にもその噂の存在を知らないわけではなかった。
 …言いたい奴には言わせておけばいい。
 噂話にはあってはならない話題と、どちらでもいい話題…、求めてあえて黙認というカタチで、意図的に当の噂の本人が拡散させる話題との三種類があった。
 そして、たとえ幼馴染みの親友であっても、すべてのことを話せるわけではなかったし、また互いにその境界を理解している。
 ふんと鼻を鳴らして答えない司の言葉なき答えを、総二郎はどう判断したのだろうか。
 『ま、どちらにせよ、俺らの結婚に裏がないことなんて、滅多にない話だからな』
 「…………お前の方にも、裏のある結婚話があるだろ?」
 『あるな』
 否定しない総二郎もまた、特に暗くもないが明るくもない声音で、自身の結婚話だとも思えないほどに淡白な返事を返す。
 司の耳にもすでに入っている情報であることを、それほど驚いてもいないようではあるが、それでも、
 『早耳だな。…俺の方にさえ、つい最近持ち上がった話で、まだ現実的なものにまで煮詰まっていない話なんだけどな?』
 遠まわしにスパイでも放っているのかと、尋ねてくる総二郎に、司もアッサリと種バラシをする。
 「あきらだ」
 『あきらぁ?』
 「あいつの婚約者経由の情報らしいがな」
 『………なるほど』
 斜陽とは言え、桜子が属する‘旧華族’というお家柄は、いまだに横繋がりが強く、政財界の中にも縁故が多い。
 代々の総理大臣や有力な政治家たちも、いまだ旧華族出身者が少なくなかった。
 そうした事情から、資産家一族の内部事情や婚姻関係者などの情報にも明るく、それを一族内の力として利用し、生き馬の目を抜くようにして生き抜く力としている者も少なくなく、桜子もそうした人間の一人だ。
 あきらもまた、あたりこそ柔らかいが、ただのお人よしな男ではない。
 恋愛ではない以上、桜子の家柄や血筋だけではなく、彼女のそうした優れた資質を重視していることは、幼馴染みの彼らにしても想像に難くなかった。
 『あいつも婚約してずいぶん経つが…』
 「…両天秤でもしてんだろ」
 結婚は彼ら上流階級の者にとって、新たな一族の繁栄に大きく貢献できる可能性のある一大イベントでもあるのだから、慎重にもなる。 
 それはもちろん、あきらや司たちのような男性側の都合だけではなく、桜子など女性側にとっても同様のことだ。
 当然…滋にとっても。
 たとえ彼女が一族や会社の繁栄の為ではなくとも、自分の大切なものの為に、より良い条件を持つ相手を物色していたのことは確かだ。
 そして、司と利害が合致した。
 もっとも、あくまでも合致であって一致ではなく、また、
 …俺はどうでも良かったけどな。
 どうでもいいだけに、『鴨葱』をあえて拒否する理由が思いつかなかっただけのことだ。
 『…俺から見て、あきらの方はけっこう気に入ってるように見えんだけどな』
 「あの女をか?」
 珍しくデータとしてだけではなく桜子を憶えているのは、良くない方での記憶だからだ。
 桜子が司の前に現れた当時、明らかに彼に悪意を持っていたのは察していた。
 しかし、あえて排除するほどには目障りだったわけでもなく…いわば、司にとって、少しばかり煩い小蝿に過ぎなかったのだ。
 その小蝿が、親友の婚約者だったから見逃していた。
 今となっては、その桜子がつくしとの離婚で果たしていた役割を、司もある程度は察している。
 が、大いに暗躍していた母・楓のことですら、あらためて恨みには思わなかったくらいだ。
 元々母親だと意識していないせいもあるが、誰に何をされたにせよ、それを酷い仕打ちだというよりは、司自身がぬかったというだけのことだろう。
 そして、たとえ桜子がいまだ腹に一物を抱えた女だったとしても、誰かの助けを得なければ女一人を御しきれないほど、あきらは情けない男でもない。
 そうした信頼があるからこそ、あえて司も友の結婚話に割り入ることはしていなかった。
 …自分の女だ。俺からも守ると言い切ってたか、そういえば。
 『俺らもついに年貢の収め時か。あきらもさすがにそろそろ30才も半ばだ。親の目もあるだろうし、子供のことも考えれば、いくら年下だっつーても、そろそろ本腰入れて、結婚話を詰めないわけにもいかねぇだろうからな』
 「……そうだな」
 個人的感情とはまた別のところで、司も同意する。
 『俺も似たようなもんだし、お前も…バツ2で、今度3回目ってか?』
 「……ふっ」
 鼻で嗤う。
 司にとって、最初の離婚…つくしとの別れ以外では、何度離婚をしてもまるで痛痒を感じなければ、その度に再婚を繰り返そうとも大した感慨はなかった。
 『後は類だけだが、あいつにしてみても…っとと』




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0468】へ
  • 【愛してる、そばにいて0470】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0468】へ
  • 【愛してる、そばにいて0470】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘