「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋③

愛してる、そばにいて0464

 ←愛してる、そばにいて0463 →愛してる、そばにいて0465
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「だけって」
 「再婚してたんでしょ?内縁の妻だったわけじゃなく。だったらあんたもまだ若いんだから、一人や二人、旦那との間に子供を生んでるのかなってさ?」
 「あ…ああ。子供はいないけど」
 何を言うかと思えば、そういうことか。
 自身の男性不信や隼斗との馴れ初め、陽太を含めた微妙な関係など、どう話したものかと悩むつくしを、類はいつも急かすことなく、根気よく彼女が自分の中から言葉を引き出すのを待ってくれる。
 もちろん上手く表現できなくて、言葉に詰まってしまうことがほとんどで、そんな時には類が何気ない一言で言葉を引き出してくれたり、ただ合いの手を入れたり、あるいはさりげなく話を変えたりと、彼女が深い思考の闇へと引きずり込まれる前にそこから引き出してくれていた。
 「司と離婚して、独り身になったとか聞いてたあんたが再婚していたっていうのも驚いたけど、そんなあんたにこの広い東京で、またひょっこり出くわしたのには正直、俺も驚いたよ」
 「…本当にね」
 しかも、その司と離婚してそう年月も経たないうちに再婚して、さらに離婚だ。
 多少なりともつくし個人を見知っていた類にしてみれば、たしかに驚いたことだろう。
 類と司はここ十数年、ほとんど接触らしい接触がなかったらしく、5年前の司の東京本社副社長就任パーティでの再会を除けば、世界の端と端、まるで異なる商業圏で互いに活動していただけあって、ビジネスでもほとんど二人は顔を合わせることがなかったという。
 互いの事情の打明け話することなどなおさらあるはずもなく、共通の友人である総二郎やあきら、それに司の姉の椿を介しての情報でしか互いのことは知らなかったのだとか。
 そして、類が司とつくしの離婚を知ったのは、彼らの親友経由ではなく、司の姉の椿の方からだったそうだ。
 『別に報告されたわけじゃないけど、たまたまロスであっちの政治家の親善会で出くわした時に、そんな話が出たってだけだけどね』
 おそらくそこには、類が司の親友であるのと同時に、つくしと一時期同じ学園に在籍していた先輩後輩であるということもあったに違いなかった。
 司とつくしの結婚の経緯が経緯だったから、椿も迂闊にその頃の事情を幼馴染みたちが相手とはいえ聞きあぐねていたのだろうが、離婚を機会に探りを入れたのだろう。
 いまさらだけど…と、尋ねられたらしい。
 『とは言っても、俺だってあんたたちの事情を事細やかに知ってたわけじゃない』
 類が察していたのは、つくしが司に恋してはいなかったこと。
 けっして彼女が望んでいたわけではないのに司の屋敷に止め置かれていたこと。
 また、半ば無理強いに交際をしていたカタチをとっていたことや、彼女が一貫して司から逃れたがっていたことに気がついていたに過ぎない。
 ことの始まりがレイプだったことを、つくし本人から聞いた時にはさすがの類も驚きはしていたが、すでにそれも遠い過去のことであるせいか、そのことに関して彼は特になにも批評することはなかった。
 そして、つくしも彼にそうしたことを求めていたわけではなかった。
 ただ、真実を話したかっただけ。
 かつて『可哀想に』と、他人の同情を求めていたこととはまた別次元のことだったのだ。
 …じゃあ、あたしはこの人にいったい何を求めてるんだろう。
 反面、類が自分からつくしのことを聞くことはあまりなかった。
 それがつくし自身に興味がないというよりも、彼女の意志のままに任せようという気遣いからであることに、彼女が気がついたのはいつのことだったのか。
 ポンポンと類が彼女の後ろ頭を小さく叩き、優しく髪を撫でてくれるその仕草が、彼のつくしへの情であることに気がついたのは?
 男女の愛情というにはあまりサラリとしていて、知人というには近しく、兄妹のように感じることさえあった。
 それでも、
 …進とは違う。
 当たり前だ。
 「類?今度こそ寝ちゃった?」
 かすかな寝息が聞こえて、水曜日に出かける許可をとりたかったのにと、つくしがため息をつく。
 しかし、
 「ん…まだ、起きてる。来週の…水曜、でしょ?いいよ、言っておいで」
 起きているというには、眠そうに舌っ足らずな喋り方になってしまっている類の顔を覗き込めば、やはり半分寝てしまっているようで、彼の美しいビー玉のような目は伏せた長い睫毛に隠れてしまってほとんど見えない。
 子供のような無邪気な寝顔につくしはフッと小さく吐息をつき、類の肌蹴てしまっている裸の肩に、掛布をそっと引き上げてやる。
 当初はそれでも彼女に気遣ってか、パジャマを着てくれていた彼も、今ではすっかり元通りに下を履くくらいで上半身は裸だ。
 つくしもつくしで、ウブな小娘でもあるまいと、ある意味開き直ってしまえばそれにもなんとか慣れた。
 …この人もたいがい子供みたいな人だし。
 天下の花沢物産の副社長を形容するにはいささか失礼な評価を下し、ベッドサイドのランプの灯を落として、つくしも類の眠るベッドへと深く潜り込む。
 とたん、つくしの方へと向いた類に手を差し伸べられ、その手に手を乗せ、向き合って手を繋いだままつくしもそっと目を閉じる。
 「おやすみなさい」
 「ん……おやすみ」




*****




 陽太からのメールには、渡米する日時と空港、搭乗する便の名前が書かれていた。
 当然、そんなことを小学生の陽太が把握しているはずもないから、そのことを知らせるにあたって彼の父親の隼斗の意向があったのに違いない。
 …隼斗さん。
 喧嘩別れしたわけではない。
 それでも互いにそれがケジメであるかのように、離婚を決め離婚届を隼斗がつくしへと託して以来、個人的な連絡は互いに控えていた。
 案内板や電子掲示板を確認しながら、陽太が旅立つはずの搭乗口をつくしは目指していた。
 …ひ~、しかし、凄い広いわぁ。
 つくしにしても、まったく一般航空機を利用したことがないわけではなく、実際、スイスから日本へと帰国した折には、この空港を利用したはずなのに、彼女の記憶にはまったく残っていない。
 …こういうのって記憶喪失とかそういうのとは、全然関係ないものよね。
 この空港にに司と戒と共に降り立ったこと、その時にあきらと十年ぶりに再会したことは思い出せたというのに、当たり前だが道順などはまるで憶えていなかった。
 「あ、あそこか」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0463】へ
  • 【愛してる、そばにいて0465】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0463】へ
  • 【愛してる、そばにいて0465】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘