「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋③

愛してる、そばにいて0450

 ←愛してる、そばにいて0449 →愛してる、そばにいて0451
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「いやいやいや」
 「遠慮することないよ。俺らみたいな階級の男がそれくらいのプレゼントを女性に贈るのは、別に特別なことじゃないのはあんたも知ってるでしょ?」
 「……まあ」
 司はそういった種類の男ではなかったが、それでも付き合いとしては自分名義で何度か秘書に丸投げしたりして、どこぞの奥方への誕生プレゼントだ、令嬢のなになに祝いだと、適当な名目をつけ、名目がなければないなりに贈り物をしていたし、つくしも同様そうした物を受け取るのが日常茶飯事の環境下にいたのだ。
 …まあ、年末年始の付け届けみたいなものだけど。
 「総二郎やあきらなんかだと、別の意味まで添付してそうだけど。俺の場合は…あんたを雇用する時に、制服も支給しようかと条件に出したのに、そういえばまだ一着も支給してなかったよね?」
 「はは…いや、それは、でもね」
 類はどこまで本気だったかしれないが、つくしの方はあくまでも冗談として受け取った話である。
 「それとも給料から天引き?」
 「絶対にイヤ」
 どれだけ高い買い物をさせられるかわからないと、つい態度を180度豹変させてしまった。
 「ぷっ、すげぇ速攻のお断り」
 「え~、だってさぁ…、こ、この服でも大丈夫なんだよね?」
 「大丈夫だって」
 「じゃ、あんたがいいって言うなら、このままでいいよ」
 見栄を張るガラじゃない。
 類に恥をかかせないと言うのなら、つくしには特にそれ以上、言い張る理由もなかった。 
 「制服、支給しなくていいの?」
 「…制服って、今日のこれって仕事なの?」
 「プラベートのつもりだけど?デートって言ったじゃない」
 結局丸く収まって、話が纏まる。
 「なら、制服は不要!…迷ったけど、靴もそれなりにちゃんとしたの履いてきて良かったよ」
 やれやれと、つくしが息を吐き出した。
 服もそうだが、靴の方はかなり迷ったのだ。
 よもや今日のようにとんでもないところを散歩させられたり、ほとんど一日中歩き回らされる結果になるとは思わなかったが。
 …最近、運動不足だったからちょっと怠いかも。
 怠惰な猫のような男の類が、案外ケロッとしていることに逆に驚かされてしまう。
 「ごめん。そういえば、けっこうヒール高いの履いてたんだね。足、平気?痛くない?」
 「ううん、大丈夫」
 たしかにかなりの距離を歩かされたが、そこは昔取った杵柄。
 あらかじめ対策を立てていたこともあって、久しぶりの高いヒールの靴だったが、それでもなんとか靴ズレは免れた。
 さすがに8cmヒールというわけではなかったものの、昔初めてそんな凶器のようなヒールの靴を履かされた時には、生まれたての子鹿のようにプルプルと足が震えて、一人で真っ直ぐに立っていることすらできなかったのだから、我ながら大した進歩だと思う。
 そんなところにさえ、自身の軌跡が見える。
 …全然、ありがたくないけどね。
 「ああ、ちょうど車来たよ。とりあえず移動しよっか」




*****




 昼間のどっぷり重い話題とは一転して、一流ホテルの三ツ星レストランでのディナーは概ねたわいない雑談に終始した。
 別にあえてそうしたわけではなく、それこそ彼が言ったように何もかもを、一度にすべて話さなければならないという謂れはなかったからだろう。
 ―――いつでも、どれだけでも時間はあるよ。
 そんなことを類は言っていたが、しかし、果たして本当に、こんなふうに気安くそれでいて、互いの深淵を語り合うような重厚な時間を持つことが、また再びあるのかどうかつくしは正直疑問視していた。
 類が嘘や与太を言っているとは思わなかったけれど、彼は花沢物産という大企業の跡取りであり、いつまでもこうして、一使用人である彼女と傷を舐め合うようにして関わりあっているわけにもいかないのだ。
 …お見合いしたんだものね。
 別につくしは恋人ではないのだから、一々、その見合いのことについて尋ねる権利もそのつもりもなかったけれど。
 それでも、やはりしんみりとした寂しさを感じずにはいられなかった。
 それくらいのことは、つくしだってちゃんと認められる。
 …だって、しょうがないよね。
 「…どうしたの?」
 ついぼんやりと、今日のメインである魚料理の付け合せを口にしている類を見つめしまっていたつくしだったが、彼にそう声をかけられ、目を瞬かせて我に返る。
 「あ…う、ん」
 小首を傾げてつくしの返事を待っている類に困って、適当な話題をひねり出す。
 「その髪型」
 「髪型?」 
 「ずいぶん思い切って短くしちゃったもんだな、って思ったのよ」
 「ああ」
 おそらく彼女の他にも、似たようなことを指摘した人間はいくらもでいたのだろう。
 あっさりと類も合点して頷く。
 「たかが髪だしね」
 「それはそうだけど、高校の時もわりと長めだったからさ。なんか意外っていうか…ね」
 「新鮮?」
 「うーん、まあ、そうとも言えるかも」
 微妙に言葉尻を濁すつくしの正直さに、類が苦笑する。
 「そんなに似合わないかな」
 「あ、それはないけど」
 それは本音だった。
 やはり美形はどんな髪型でも似合うというのが一番なのだろうが、男らしいさっぱりとしたその髪型は、類の甘い顔立ちを顕にして、返って彼の素の美しさを引き立てている。
 「日本人にはわりに似合う髪型らしいよ」
 「へえ?そうなんだ」
 「俺もさ、司ほどじゃないけど、あんまり他人に触られるの好きじゃないし、これならバリカンさえあれば、わりに自分で手入れをするのも楽だって聞いたからさ」
 「ああ、なるほど」
 たしかに前髪は長めにはしているが、いわゆるサイドやバックはかなり短く坊主に近いので、たしかに手入れは楽そうだ。
 「それにまあ、バカバカしい話だとは思うけど、男の長髪はチャラチャラしてるとか思われがちだし、こういう髪型の方が会社の取引相手にも評判はいいよ」
 「それはそうかもしれないわね」
 これから向かう暑い夏場にもピッタリな髪型だろう。

 「…そう言えばさ?」
 「うん?」
 何とはなしに話を途切れさせたまま、食事をするのに集中していたつくしへと、類が妙に真面目な顔で声をかけてきた。
 「この前、親に連絡するのがどうのって、あんた言ってたけど、結局あれから、それ、どうしたわけ?」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0449】へ
  • 【愛してる、そばにいて0451】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>真中まほ様

こんにちは^^

お問い合わせ

『拍手コメントができません。コメントが文字変してませんか?』

についてなのですが、うーん。
実は個人に起きている現象なのか、全体なのか判別つかず。
ここのところ、あまり拍手コメントでコメントを下さる方がおらず、また、実は管理画面側でもよく文字化けは起こる現象です。

FC2内部で日夜?内部をいじっている可能性もなきにあらず。
たびたび拍手コメント…というよりも、拍手記事名が文字化けしてたと思ったら、治っていたり…普通にある現象だったり^^;

ご報告ありがとうございましたm_ _m
あまりに多く寄せられるようでしたら、私の方から運営に報告しておきたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0449】へ
  • 【愛してる、そばにいて0451】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘