「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋②

愛してる、そばにいて0426

 ←愛してる、そばにいて0425 →愛してる、そばにいて0427
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 内心戦々恐々、自分で口に出して置きながら、やはり言わなければ良かったかと、つくしは早速後悔に苛まれていた。
 が、
 「…ふぅん?どこで」
類の方には特に変化がなく、屈託を見せない。
 話を続けてよいのか、まずいのか、しかし、自分で話題を振ってしまった以上は、ここで辞めてしまうわけにもいかないだろう。
 「えっと、岡山の……」
 「もしかして、病院?」
 「え…あ、その…そう」
 ズバリと言い当てられたことに戸惑ってしまう。
 もしかして、と以前にも思ったことだが、静には何か重篤な持病でもあるのだろうか、と。
 「なるほど。…あいつ、結婚後もしばらく子供ができなくて、一時期悩んでたんだよね」
 「え?」
 「けど、不妊治療に通ってた時に、子宮筋腫が見つかってさ」
 不妊、子宮筋腫、共に今や女性にとって身近な病気だ。
 つくしも他人事ではなかったが、今のところ特に自覚症状がなく、また再度の妊娠出産を視野に入れてこなかったせいもあり、自分自身のこととしての認識はまだまだだ。
 しかし、あの静がそんな病を患っていたなんてとまず衝撃を受け、また、そんなごくプライベートなことを、赤の他人の自分が聞いてよいものかと戸惑う。
 しかし、類の顔は彼の眼前、ウィンドーの向こうに向けられたまま、密やかな声音といい、冷たくどこか虚ろな横顔は、まるで独り言を呟くようで、彼を見るつくしのことをまったく気にしていないようだった。
 …類。
 「静のケースはあくまでも良性のもので、命の別状とかそういうんじゃなかったし、手術するほど腫瘍が大きなものじゃなかったから、しばらく経過観察ってことで数年前にも定期的に病院に通ってたよ。たしか岡山にも、そっち方面で有名な病院あったよね」
 「うん」
 まさにつくしが勤めていた病院が、その‘そっち方面で有名な病院’にあたるだろう。
 陽太が通っていた白血病のみならず、さまざまな分野で名医と呼ばれる医師たちを抱えていた巨大病院だったのだ。
 「静と会ったのって、そこ?」
 「そう」
 「もしかして、あんたの元の職場?」
 類のカンの冴えにつくしは驚かされていたが、頷くつくしに類の方も驚き顔だ。
 その驚きが静との妙なえにしでの偶然に対するものか、あるいは地方とはいえ、東京でもこの病院ありと謳われる大病院につくしが勤めていたことに対する驚きになのかは定かではなかったけれど。
 「へぇ、あんたあそこで勤めていたのか」
 …まあ、そのどっちもか。
 「静は東京では顔を知られすぎてる。あいつ、国際弁護士になるって言って、家を出る時にかなり揉めて、半ば絶縁状態で家を出てるんだ。だから親との兼ね合いもあって、東京で受診するのは抵抗があったんじゃないかな」
 「そう…なんだ」
 この広い東京で…と言えなくもなかったが、しかし実際、つくしも道明寺邸を出奔後、もはや無関係になっているはずの学生時代の同級生たちに、当時勤めていた大学病院で出くわした経験がある。
 …まさか、あの浅井に会うとかも全然予想外だったものね。
 それに関してはかなり不愉快な目にあったので、静の気持ちにも大いに共感できる。
 とはいえ、その因縁多き東京を離れても、よもやもう二度と会うことすら思いも寄らなかった静や、和也とも再会したのだから、世間は彼女が思うよりもさらに狭いと言うべきか。
 ふともしかしたら、類のつくしへのアドバイスめいた言葉は、静に重ね合わせた部分もあったのではと思い当たる。
 「日本に戻ってるとは聞いてないけど、そういう病気は女性にとってはデリケートな問題だろうし、いろいろ面倒を避けたのかもね」
 「…ああ、なるほど」
 「なんか話した?」
 「あ、ちょっと見かけただけだから、お互いに会釈をしただけで話とかはしてないんだけどね」
 「ふぅん?」
 なおさら類の関心は急速に薄れてしまったようで、一応の受け答えはしているが、話題に関してはあきらかに投げ槍だった。
 「ま、単純に、あんたと同じく岡山近辺の地域に住んでるってだけなのかも」
 「え?そ、そうなの?」
 普通に考えたら、そこらへんが一番ありえそうなことだ。
 しかし、日本国内とはいえ、東京ではなく一地方都市に、静が、というより彼らF4のような人々が、本拠地として暮らしているイメージがつくしにはまるでなかった。
 「いや、知らないけど」
 「……知らないんだ?」
 別に詮索するつもりではなかったけれど、あまりの意外さについ鸚鵡返しに聞き返して、辞めるつもりだった話題を続けてしまったことを気に病みつつ、つくしは類の顔色を伺う。
 「だって、いくら幼馴染みって言ったって、…もう何年も会っていない女のことだよ?それともあんた、いまだに学生時代の男友達とかと頻繁に行き来したり、連絡とりあったりしてる?」
 「うーん」
 「してないでしょ?」
 「まあ、それはね」
 実際、高校時代かなり懐かしんでいたはずの中学時代の友達とも、すでに20年近くまるでやりとりしていなかった。
 それは男性に限らず女性に関してもで、一生の友達というほど仲が良かった優紀は別にしてだが、それにしてもやはり学生時代とは事情が違う。
 ましてや、男女であればなおさらのことなのは当然のこと。
 しかし、類と静の関係はそういった通り一遍の付き合いや、友情とはまるで違うものだったはずなのだ。
 ましてや類は静を追ってフランスにまで行った。
 その恋は破れてしまったものだったのだとしても、いまだにその‘恋’は類にとって特別なものなのではないか。 
 つくしの脳裏に浮かんだ類の寝室の本に挟まれていた静と、…彼女の子供だろう幼子の写真にそう思う。
 「………もうとっくに終わった話だよ」
 「花沢類」
 大して表情に変化はなかったけれど、横に座って抹茶ラテを啜る類の横顔がわずかに寂しそうに陰ったように見えたのは、けっして彼女の気のせいではないはずなのに、それ以上彼に踏み込むことを躊躇して、つくしは言葉を探したまま、だが結局は口を噤むことを選んだ。
 …あたしには関係ない話だものね。
 「前から、聞きたかったんだけどさ?」
 わずかに気まずくなってしまった微妙な空気を変えようとか、類が口火を切る。
 「え?」
 まだ複雑な気分を引きずっていたつくしは、虚を突かれてかまえる間もなく、キョトンと首を傾げた。
 「あ、なに?」
 「どうしてあんたは、離婚届けをさっさと出しちゃわないの?」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0425】へ
  • 【愛してる、そばにいて0427】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0425】へ
  • 【愛してる、そばにいて0427】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘