「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋②

愛してる、そばにいて0418

 ←愛してる、そばにいて0417 →愛してる、そばにいて0419
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 バササササッ。
 横倒しに机から雪崩れ落ちた書類の束に、ボンヤリとしていたつくしはハッと我に返って、慌てて紙片を拾い上げる。
 …やだ、あたしったら。
 結局、せっかくの進からの伝言に、つくしは晴男の見舞いには行かないと返事を返していた。
 進は、彼女が両親と会うことを無理強いしなかった。
 つくしの意志を尊重し、彼女が望まないことはする必要はないと言ってくれていたが、それでもその声音に、あきらかな落胆を感じずにはいられなかった。
 あの優しい弟は、つくしと両親の間に入った亀裂を悲しんでいるのだ。
 もちろん彼女の事情も気持ちも十分に理解して、あえてこれまで両親との仲を取り持つようなことをしないでくれていた。
 しかし、その心の奥底には、やはり和解して欲しい気持ちもあるのだろう。
 『俺は、姉さんの憤りはもっともだと思うし、今のままじゃ和解できないっていう気持ちにも同意してるよ』
 そうも言ってくれたけれど。
 あるいは、それは進への疚しさではなくて、自分自身…つくし自身の罪悪感と、そして、望みなのではないかという気持ちもある。
 …パパやママと和解する。
 だが、今なお司からの支援を受け、いわば娘を売った金でのうのうと暮らす両親を赦すことなどできるだろうか。
 つくしからは晴男や千恵子に連絡先を教えていなかったから、彼女に急を知らせるには進に伝言を頼むしかなかったのだろうが、そのせいで激務の進によけいな手間や心痛を与えてしまっていると思えば、本当に申し訳ない。
 「でも、さすがにあたしが東京に帰ってきてることは、ママたちに言っちゃってたか」
 隼斗と結婚する時にも両親のもとに顔を出すことはせずに、電話で結婚すること、結婚相手について遠方へ引っ越すことは伝えていたが、住所やその他は伝えることはしなかった。
 それどころか最後の電話で言い争って以来、音信不通の状態。
 『再婚だなんてっ、何考えてるの!あちらの家への手前だってあるのに、あたしたちの立場も考えてよ』
 あくまでもつくしのことではなく、司の意向を気にしての千恵子の言葉が腹立たしかったし、傷つけられた。
 それでも最後には、隼斗自身のことを気にするそぶりもあったが、その時にはすでにつくしの心は冷えて、彼女の中でもはやこの母への離別が固まってしまっていた。
 今思えば、両親がいないわけでもないのに、結婚の際ですら紹介しなかったつくしをあっさりと隼斗が受け入れてくれたのも当然だったと思う。
 事情を察するどころか、その事情そのものを知っていたのだから。
 とはいえ、司との離婚の経緯や、そもそもの彼らの馴れ初めを隼斗は知らなかったのだから、その気遣いも的外れな部分が多分にあったに違いなかったけれど。
 「陽ちゃん、元気かなぁ」
 隼斗を思い出すと、あの優しくて可愛かった継子のことが強く思い出された。
 戒のことはあえて思い出すことを避け、つくしはエプロンのポケットから取り出した携帯電話を眺める。
 陽太からは少し前に、アメリカに渡米する日時をメールで連絡を受けていた。
 「さすがに、電話するのもね」
 隼斗も嬉しくないだろうし、今彼らが厄介になってるはずの陽太の祖父母にしても、いつまでも別れた妻と連絡を取り合っているのでは困惑してしまうだろう。
 心では陽太の母親のつもりでも、実際には血縁のない、隼斗と別れてしまえば縁もゆかりもない間柄なのだ。
 それでも…、
 「まだ、あたしは陽ちゃんの母親だから」
 派手に散らばってしまった書類やらファイルを拾い集めて、再び積み上げてゆく。
 「……使わないなら片づければいいのに」
 仕事で使っているのだろうものを、さすがにつくしが勝手に片づけるわけにもいかない。
 「あれ?」
 書類の間に挟まっていた本から飛び出した写真に気が付いて、なんとはなしに手を伸ばす。
 「これ……」
 見るつもりではなかった。
 しかし…、つまみあげた写真に写っていたのは、
 「……静の子供だよ」 
 ビクッと肩を揺らして振り返るのとほぼ同じタイミングで、伸びた手に写真を奪われてしまう。
 「あ…」
 「ふぅん、こんなところに入ってたんだ」
 いつの間に帰ってきたのか、足音や気配を感じさせない男――類が感慨もなく呟いた。
 「えっと、その…あの、しょ、書類の束を倒してしまって…」
 「みたいだね」
 まだいくつか散らばっている紙片を見て、疑うでもなく類が頷く。
 …あれが静さんの子供。
 柔らかな栗色の髪をした天使みたいに可愛らしい女の子を思い浮かべる。
 静が抱き上げているのだから、おそらくそうだとは思っていた。
 しかし、彼女にもよく似ていたが、別の誰か、つくしもよく見知っている人物にも似ている気がする。
 …もしかして。
 「今日、これから出かけるから戸締りしておいて。起きて待ってなくていいから」
 「え?」 
 時刻を確認すれば、もうすでに22時を回っている。
 類の姿はまだ上着を脱いだだけのワイシャツ姿で、あきらかに会社から直帰してきた様子だが、今までそんなこと―――一度帰宅したというのに、あらためて出かけるということはなかった。
 狼狽している彼女へと、類が写真を突き返す。
 「これ、適当に処分しておいて」
 「えっ、で、でも」
 手渡された写真につくしが一瞬目を落として、顔を上げた時にはすでに冷たい表情の類は、彼女に背を向け部屋の出口へと向かっていた。
 「あ、あの、すみませんっ!」 
 プライバシーの侵害がイヤだから、顔を知らないメイドは部屋に入れないのだと類は言っていたのに。 
 「なにが?」
 「その…写真を、勝手に…見てしまって」
 答えないかと思ったのに、つくしが追いかけた先、居間のソファに放り投げてあった上着を改めて羽織った類が返事を返した。
 「…別にわざとじゃないんでしょ?」
 「それは…そうです、もちろん。だけど」
 「それとも家探しでもした?」
 「まさかっ!」
 とんでもない濡れ衣に驚いて、即座に否定する。
 「冗談だよ。それなら別にいいよ、気にしなくて。俺だって、それがここにあるとかすっかり忘れてたくらいなんだしさ」
 類としても言葉のとおりあくまでも冗談だったようで、特にそれ以上は追及するつもりはないらしい。
 それでも振り向かない背中が、彼女を拒絶していた。
 ここに来て初めて…。
 「じゃ、行ってくるから」
 「……いってらっしゃい」
 そうとしか、今のつくしに言える言葉はなかった。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0417】へ
  • 【愛してる、そばにいて0419】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0417】へ
  • 【愛してる、そばにいて0419】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘