「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋①

愛してる、そばにいて0407

 ←愛してる、そばにいて0406 →愛してる、そばにいて0408
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 『起きろよ、つくし』
 「……いで。あんた…なんかしないから」
 自分の声で、つくしはハッと目覚めた。
 目の前を塞ぐ肌色の壁に、「?」としばし悩んで数秒。
 が、一瞬後には滞っていた血流が脳みそにも回ったらしく、ヒクヒクと顔が引き攣りだした。
 ブルブルと震える手で額を押さえ、一、二と数を数えて深呼吸。
 一応は冷静さをかき集める。
 が―――、
 …やっぱ、我慢できないっ!
 「起きろおおおおお―――ッ!!」
 形の良い耳たぶをひっぱり、耳元で思いっきり絶叫した。
 「うわっ!!」
 さすがの寝坊助も一発で目が覚めたらしく、彼女の腰に回していた両腕を離して飛び起き、耳を押さえて呻いている。
 「……まったく、毎朝毎朝」
 不機嫌に吐き捨て、再び枕にバフンと倒れ込んで突っ伏している大男を跨ぎ越す。
 「人の枕を抱え込まないでよね…」
 「……耳、キーンとした。鼓膜破れるよ」
 「なに言ってんですか、まったく。ウダウダ言ってないで、さっさと起きて出て行く!」
 それでもさすがにいつまでも居座れば、今度は蹴りを食らってベッドから叩き出されるのは類もよくわかっている。
 渋々、のそのそと起き上がって、ベッドから立ち上がった。
 相変わらず裸の上半身の、その見事なプロポーションに目のやり場に困る。
 うっかりマジマジ見惚れて赤面するような愚は犯さないが、どうしてもドキマギしてしまう。
 「あれ?これ…」
 怪訝な声に振り返れば、類がサイドテーブルに置いておいた本を手に首を傾げていた。
 「…あ」
 「へぇ、あんた恋愛小説なんて読むんだ?」
 数日前に優紀と出かけた帰り道に購入した小説で、別にこれといって目を惹かれたほどではなかったが、たしかにまだ若い女のつもりなのに、潤いが足りなすぎかとあえて買ったものだった。
 とはいえ、目の保養なら、目の前にいる人物を見ているだけでも十分事足りている。
 寝乱れてくしゃくしゃの猫っ毛をぴんぴんに跳ねさせてる様はどうかと思うが、とびきりの美男が毎朝のように見事な肢体を晒して、彼女の前で無防備で立っているのだ。
 …ま、うっとりするより、ここまで来ると甘えっ子の子供みたいな気がしてくるけど。
 内心はともかくとして…。
 「こういうの趣味なの?」
 「うーん、そういうわけでもないんですけどね」
 つくしの曖昧な返事に、首を傾げて、類が中身をパラパラと捲ってゆく。
 「フランス語を原文で読んでるんだ。………あんた、語学けっこうイケるの?」
 「あ~…まあ」
 道明寺家での教育が今でも生きている。
 それに、おそらく過去の経験によるものも。
 「フランス語と?」
 当然のように聞かれてしまう。
 別に隠すことでもない。
 「えっと、たぶんドイツ語と英語?」
素直に答えるが、どうしても曖昧なものになってしまう。
 「それだけ?」
 「………日常会話くらいなら、中国語とアラビア語もなんとか」
 「ふぅん。……それなら、俺のパソコンの書庫のパスワード教えてあげるよ。俺も最近ではめっきり紙の本持ち歩くことが少なくなったから、こっちにもあんまり置いてないけど、電子ならかなり持ってるから、当分読むものに困らないと思う」
 「え…でも」
 「漢字と同じで、語学は使わないと忘れるよ?」
 「…………」
 忘れると言われても、この先宝の持ち腐れで、それほど利用価値のあるものではないという思いもある。
 たしかに病院での就職の折、就活での武器にしはしたが、実際には司のコネで入ったという苦い経験から、大病院を忌避する気持ちがあった。
 しかし類にしても、思いついたからしたという程度の提案だったらしく、特に無理強いすることなく、いつものように呑気にあくびをしながら部屋を出てゆく。
 …ていうか、ここのところ毎日、いるよね、あの人。
 マンションに帰ってくることもそうだが、なぜかつくしの寝室で寝ている頻度が上がっている気がする。
 そこには彼女の半ば諦めの境地もあるだろうし、それが原因なのか鍵をかけ忘れてしまう頻度とイコールでもあった。
 …まあ、なんかされるわけでもないし。
 それはそれで女としてどうなんだという思いもなくはない。
 かといって実際に暴行を受けでもしていたら、とんでもない話ではあるのだが。
 しかし、すでにこの一ヶ月近くの同居生活で、類にその気がないことはわかっている。
 『あんたにしても、そんな突拍子もない提案を受け入れて、いきなり同居しちゃってるだなんて、やっぱり何か思うところがあったからなんじゃないの?』
 先日会ったばかりの優紀の言葉が蘇る。
 …そんなんじゃない。
 そんなわけではなかったけれど。
 だが、陽太で埋めていた温もりの不在を、類で代替えにしている自分にも気がつき始めていた。
 ―――ただ温もりが欲しい。 
 類の言っていた言葉そのままに。
 そして、彼女と同じように類もまた同様だというのなら、ある意味ギブ&テイクであるのだろう。
 …諦めて、か。
 「ま、ちょっと大きい猫でも飼ったと思うしかないかぁ」
 人から見れば異常なことではあるだろうが、それでも、あの大きな体の温もりは手放しがたい。
 …いやいやいやいや。
 ついついそんなことを思ってしまって、一人慌てて否定する。
 けれど、セックスさえ伴わないのなら、人の温もりはけっして嫌悪を抱くようなものではなく、つくしにとってもこの上なく優しく愛しいものなのだ。
 「恋愛もなにも…セックスしたくないんじゃ、誰ともできるはずがないよ」
 



web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0406】へ
  • 【愛してる、そばにいて0408】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0406】へ
  • 【愛してる、そばにいて0408】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘