「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋①

愛してる、そばにいて0390

 ←愛してる、そばにいて0389 →愛してる、そばにいて0391
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「あたしの…数年間って」
 妙に透明な眼差しでの問い掛けに、なんと答えたらいいのかつくしは言葉に困ってしまう。
 そもそも旧知の人間だとは言え、彼女と類の関係は友人というには程遠く、一時期の交流でさえほとんど顔見知りの知人に過ぎなかった。
 だというのに、そんなことを聞いてくる彼の意図がわからない。
 「…どうだったって、そんなことを急に聞かれても」
 「今、幸せ?」
 突拍子もない質問に、ますます答えに窮して、逆に問い返す。
 「どうして、そんなことを聞くんですか?」 
 「ん~、聞きたいから?」
 「…聞きたいからって」
 まんまの答え。
 しかし、さすがにつくしの困惑にも気がついたのだろう。
 類が小首を傾げ、それでもできるだけ彼女に質問の意図がわかるようにか、言葉を継ぎ足す。
 「4年前にも、俺、聞いたんだよね」
 「……………」
 「あんた今、幸せ?ってさ。司と結婚して、あいつの妻と呼ばれて、子供を産んで…かな」
 ドクンと鳴った心臓の音はけっしていいものではなかった。
 けれど、複雑にざわめく心の奥底の想いを無視することができない。
 もしかしたら、それをこそ数年ぶりに蘇った‘道明寺つくし’の想いのカケラだったのかもしれなかった。
 「あの時のあんたは、俺の質問に幸せだって答えてたよ。そんなことを聞かれたことには、かなり面食らっていたみたいだけどね」
 苦笑されてしまう。
 彼女にしても予想していた答えだったし、憶えてもいないことをあらためて言われても、彼女にはなんとも答えようがなかった。
 「そうですか」
 だからしかたなく、それだけを口にして、一瞬の動揺を堪え蓋をした。
 「で?今のあんたは?」
 答えなくても良かっただろう。
 けれど、気が付けば正直な気持ちを呟いてしまっていた。
 「……わかりません」
 「わからない?自分のことなのに?」
 「別に不幸なわけじゃありませんけど」
 少なくても、あの頃―――司に囚われ、自由への憧れを抱いて身悶えていた日々は今は遠く、空虚な平穏さがそこに在って、苦悩とは程遠い。
 しかし、幸せかと問われると、それも違う気がする。
 …第一幸せってなに?どういうのを幸せっていうの?
 かつては知っていたはずのその意味合いを、しかとは答えられない自分がそこにいる。
 「…そう」
 彼女が真実困惑してしまっていることに彼も気がついたのだろう。
 それ以上、彼女を追求することなく、類が一つ相槌を打って口を噤んだ。
 その色素の薄い透明な目に映る自分は、どんな風に見えているのか。
 類の目に何もかも見透かされているような錯覚に、つくしは内心で呻く。
 居た堪れなかった。
 他人に心の内を覗かれることなど、嬉しいはずもない。
 こうして目の前の、どこか不思議な空気をまとった男の前にいることが耐え難かった。
 「えっと…その、あたし、そろそろ」
 「あ、ちょっと待って」
 つくしの言葉を遮り、類がスラックスのポケットを探り出した。
 ブー、ブー、ブー…。
 どうやら彼の携帯に呼び出しがかかっていたらしい。
 震えている携帯の画面を、類がタップして、立ち上がりながら耳に当て通話に出る。
 「…ん、俺。ああ、あの件か」
 プライベートではないようだが、会社からの緊急連絡とかそういう類ではないようだ。
 しかし、これからどうしたものだろう。
 なにやらいつの間にかあれこれ雑談して、類と意図せぬブランチタイムなど過ごしてしまっていたが、つくしにしてみてもいつまでもこうしてるわけにもいかないし、傷つけてしまった彼の車の問題もある。
 …て、いうか怪我はしてないよね?
 見たところ、どこかムチウチになったとかいう感じでもないし、類のピンピンしている様子からしてそこらへんは大丈夫そうではある。
 しかし、程度はともかくとして状況からして車に傷をつけてしまったことは間違いない。
 いくら知り合いだからといって、なあなあで済ませられることでもなかった。
 …とにかく保証のこととか話さないと。
 失業中、なおかつ離婚に際して財産のすべてを放棄して、わずかな貯金しかない現在の状況を思えば、痛いどころではない出費になりそうだ。
 …警察とかどうしたんだろ。保険屋さんにも連絡しているよね?
 その他もろもろ、本来の手順をすっ飛ばしてしまっているだけに、今後の展開はつくしには五里霧中だ。
 とりあえず目が覚めてすぐに、進の妻には簡単に事情説明はしてある。
 夜にでもまた弟の進が相談に乗ってくれるだろう。
 弁護士ではないが、検事である進なら、一般人よりは遥かに法律にも明るく親身になってくれるだろう。
 多少職種的にはミスマッチだが、法律の専門家が身内にいることが心強かった。
 よもや、類が法外な賠償金を請求してくるとは思えないが、それでもブツけてしまった車が車で、わずかな傷の修理費だけでもどれだけの金額がかかるのかわからないくらいなのだ。
 「ハァ~、やだよ…シマさんが無理なのはわかるけどさぁ。まさか松井さんが辞めてたなんて大誤算。野田さんは?なにそれ、引き止めてよ。60才なんてアメリカやヨーロッパじゃ、全然現役だから」
 なにやら揉めているらしく、中々電話が終わらない。
 別に盗み聞きしているわけではないが、同室で電話の内容をボウッと聞いているのもなんだと、食べ終えた皿を手につくしが立ち上がった。
 と、何気なく流した視線の先、たまたまつくしの立ち上がった気配にか、彼女の方へと振り返った類と目が合う。
 「あ、そうだ」
 …?
 当初彼が電話の相手に答えているのかとも思ったが、しかし、どうやら類の目はつくしへと向けられているようで、ジッと見つめられてドキッとさせられる。
 視線が外し難い。
 「ね、牧野、あんたさ?」
 携帯を下ろして、呼びかけられる。
 「俺んとこで、メイドやらない?」
 「………は?」
 「三食昼寝付き、衣食住確保。給料も弾むから、うちで働いてよ?」
 「はああああ?なによ、それぇ~!?」
 …ありえない。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0389】へ
  • 【愛してる、そばにいて0391】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは
第6章ですね?
大人な類くんが出てきて 類くんの空気感に ちょっと 私的にですが 箸休め的に 少し心がほっこり します。
こ茶子さんの サイトで いつもいつも 色んな意味で 助けられてます。
私は二次が大好きで 色んな所を読み逃げの様に回らせていただいていますが、文才が無い自覚があるので、あまりコメント残すような事はしない というか したくても 色んな事考えすぎてしまって 出来ない というか…でも、ここのサイトは 本当に好きで 本当にこ茶子さんの所は大好きで、ほっこりする話しも 辛い話しも 全部全部が大好きです。嫌いとか 嫌だとか思うような話しは1つとしてありません。どれもこれも 本当に愛しい作品だと思います。
ここが無かったら 本当に辛いです。
私も書いてみたい っていつも思うのですが、こんなに活字で表現する事が難しいなんて 思いもしませんでした。
なので 二次を書いてらっしゃる方々 皆さんを私は尊敬しているし、各々マナーを守っての表現は自由だと思います。 読み手側が あれこれ注文つけて文句言うなんて…考えられないし、そんな事ワザワザ言ってくる人がいる事を知って、勉強不足な私には 本当にビックリさせられる事ばかりで、そんな私が二次書いてみたいなって考えていた事が 本当に恥ずかしくて 書かなくて良かった;^_^A と ホッとしているとともに 文才のある方々には 沢山の作品を作って欲しい って思ってます。やっぱり 私は書き手より 読む事が1番だわ〜って(^.^)

こ茶子さんの 設定される pass も 毎回 凄いなぁ って思います。特に 最初の kaiganba なんて 毎回入力する度に 涙が出そうになるほど 感情移入していました。

本当にこ茶子さんの ここが 大好きなので 支離滅裂なコメントになりましたが、すみません


寒くなりました。
風邪など ノロとかも大流行していますね
お身体に気をつけて これからも 楽しみにさせてもらっています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0389】へ
  • 【愛してる、そばにいて0391】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘