「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋①

愛してる、そばにいて0389

 ←愛してる、そばにいて0388 →愛してる、そばにいて0390
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 屈託なくサラリと出された司の名前に、つくしが言葉を詰まらせ二の句が継げなくなってしまう。
 しかし類としては、特に含みがあったわけではなかったようだ。
 「ギニア」
 「へ?」
 「ギニアに2年いたかな」
 「そ、そう…い、いや、そうですか…ギニア」
 ギニア、と具体的な国名を出されてもつくし的には、あまりピンとこない国名だ。
 だが、たしかに桜子からもそんな国名を出されたような憶えがある。
 …アフリカと花沢類なんて、とても結びつかないってあの時も思ったよね、たしか?
 とはいえ、今目の前にいるこの類では、当時―――高校生時代の白磁器のような美貌の少年と容易に結びつかったけれど。
 「あそこも大半はイスラム教徒で、大概髭面の男も多いけど、今はどっちかというと宗教的縛りというより、まあファッションかな?」
 「ファッションッ!?」
 意外すぎる説明にびっくりだ。
 つくしもどこかでイスラム教徒は髭を生やしてる的なことを聞いた憶えがあったから。
 だが、よくよく思い起こしてみれば、日本で見かけるアラブ系の人たちにしても、必ずしも髭を生やしていたり、ターバン(頭布)をしているわけではない。
 「俺もまあ、童顔ってほどじゃないけど、わりと若く見られる方だしね。あんまり髭や体毛も濃くないから、あえて長さや表面積で勝負?」
 「う~ん、なんかかなり違うと思いますけど?」
 類のよくわからない思考回路に困惑する。
 なんというか、人相風体の話だけではなく、かなり性格的にも弾けているというか、あの高校生の頃のクールでいかにも他人に興味のなさそうだった少年と、今目の前にいる男がどうにも同じ人物に思えなかった。
 もっとも、当時も別に彼のことを理解できたとは、つくしはとても言えはしなかったが。
 妙に、明るいというと語弊があるかもしれない。
 しかし、つくしに対してもわりにフレンドリーで…とにかくよくしゃべるのだ。
 …なんていうか、この人こんな人だったっけ?
 「でも、マジで牧野、俺のことがわかんなかったんだ?」
 「……はあ、皆目」
 それを言われるとなんとも気不味い。
 「俺ってそんなに印象薄かった?」
 「い、いやぁ、そんなこともない…んですけど」
 というか、類を…いや、彼らF4を忘れられる人間などそうそういやしないだろう。
 「や、やっぱり髭ですかねぇ?」
 「ふぅん?」
 わずかに類の声音に、拗ねたような響きが混じっていると思うのは、きっと彼女の気のせいに違いない。
 …でもやっぱり、一番は髭だよね。

 たしかに類の場合は、顔貌がわからないほど髭が濃くボウボウに生えていたわけでなかったが、ただ褐色の肌色と怪しい?人相風体とが、つくしに彼を注視させるのをためらわせていたのだろう。
 さらには、英徳時代も遥か遠く、司とさえ遠ざかった今になって、まったく関わりのない場所でよもや再び彼と再会するなどと誰が予想できたことだろうか。
 容貌が違う。
 雰囲気が違う。
 何よりもその為人の変化に驚かされた。
 …この人が花沢類だなんて、普通わかるはずがないわよ。
 童話の中から抜け出したまんま王子様のようだった少年が、十数年ぶりに再会してみればまるで別人になっていたのだ。
 「…肌色もずいぶん真っ黒だし」
 別に質問したつもりではなかったのに、つくしの呟きが類の耳に届いたらしい。
 「10年以上もあの辺を転々としてたしね。最初の頃は、色が黒くなるっていうより火傷状態でひどい目にあったよ」
 「へぇ~」
 と、するともしかして、学生時代よりさらに色が抜けて、栗毛というよりはほとんど金茶色に見える髪の色も、染めたり脱色したのではなく、そうした日焼けのかもしれない。
 「て、いうか、4年くらい前だと思うけど、俺、あんたと会ってるんだよね」
 「…あ」
 それはおそらく彼女が高校生時代の記憶を取り戻す以前のこと、―――道明寺つくしとして生きていた頃だろうとつくしもすぐに思い当たったものの、どう答えたものかと言葉に迷う。
 だが、そんな彼女の戸惑った曖昧な顔に、類も何とも言えない複雑そうな笑みを浮かべ、小さく首を傾げた。
 「憶えてないか、やっぱり」
 「…えっと、あのぉ」
 「あんたが俺の情報を仕入れてるのと同じで、俺も多少のことはあいつら…総二郎やあきらから聞いてるよ」
 「あ、そ、そう…なんですか」
 意外に気さくだった空気が、それで一気に気不味いものに変わってしまった。
 しかし、そう思ったのはつくしだけだったようで、類の方は淡々とカップのスープを飲んでいる。
 「…えっとぉ、その…もう食べないんですか?」
 つくしもそんな類の平然とした態度に気持ちを切り替え、あえてまるで関係のない話題を持ち出す。
 類の皿の上の料理は半分も減っておらず、女のつくしでさえ完食したというのに、どうやらもうそれ以上食べるつもりはないらしい。
 「もう腹一杯。いつもは、仕事の会食でもなければ適当なサプリメントやスナックで済ませるのがほとんどだから、これでもよく食べた方だよ」
 「ええっ!」
 居間や食堂中に散らばっていた、空箱やら空きケースが思い当たる。
 キッチンに山積みになっていた食器類も、コーヒーの飲み残しや、茶渋、ビール缶、それにおそらくアルコール類を入れのだろうグラス類ばかりで、ほとんど食べ物の皿はなかった。
 …この人、ありえない。
 類と再会してこっち、そのセリフのオンパレードだ。
 よくもこの見事なプロポーションを保てているものだと、目の前のかなり露出したラフな格好を眺めて、照れるよりも呆れてしまう。
 逆にそうした栄養補助食品をメインにした食生活だからこそ、類は世の男性陣のほとんどが逃れえぬ宿命だという、メタボリックシンドロームとは無縁の体形を維持していられるのかもしれない。
 …絶対、人生のいくらかは損しているよね。
 「経緯はともかく、司との離婚も聞いてたからさ。たぶんあんたとは、もう二度と会うことはないかって正直思ってたよ」
 「…花沢類」
 苦笑する類の顔を見上げて、つくしも大いに同意した。
 「そうですね。あたしもまさか、あんた…花沢さんとまた会うことがあるとは、欠片とも思わなかった」
 それどころかこうしてまるで、旧来の友人のような気安さで会話をし、一緒に食事していることに違和感を覚える。
 …昔だって別に友達なんかじゃなかった。
 よくって知人、顔見知りにすぎず、つくし自身も彼への恋心で自然に話すことなんてとてもできなかったのに。
 「で?」
 「え?」
 「あんたのこの数年間はどうだったの?」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0388】へ
  • 【愛してる、そばにいて0390】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0388】へ
  • 【愛してる、そばにいて0390】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘