「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋①

愛してる、そばにいて0387

 ←愛してる、そばにいて0386 →愛してる、そばにいて0388
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 …い、いつのまに。
 忍び寄ったわけではないだろうが、大柄な体格に似合わず、足音のない猫のような男だ。
 いつのまにシャワーから戻ってきたのか、首にタオルを巻いたまま、冷蔵庫を覗き込む男の後ろ姿に見入ってしまう。
 さすがにバスタオル一枚を腰に巻いて…とかいう格好ではなく、一応はスラックスにランニングというスタイルで、まだまだラフではあるが、先ほどよりはよほどキチンとした格好になっていた。
 …ま、一枚の違いだけどさ。
 「あち~」
 手に持ったペットボトルを傾け、ゴクゴクと喉を鳴らして飲み干している姿をついマジマジと見守って、男がこっちを振り返った気配に慌ててテレビへと向き直る。
 「ラッキー。それ、この前、見逃したやつの再放送だ」
 「……はあ」
 再び間近に歩み寄って来た男が、つくしの背後に立つ気配に緊張する。
 今更かもしれないが、それにしても見知らぬ男の家で、その見知らぬ男と呑気にテレビを見ている奇妙さを思う。
 それでも、
 …いつまでもこうやって、二人で呑気にテレビとか観てる場合じゃないっつーのっ!
 ソファから立ち上がって、憤然と男を振り返った。
 「あ、あのっ」
 「…ん?」
 「えっとですね。そのぉ、さっきの話…?」
と聞きかけて…、
 ぐううううぅぅぅぅぅ
 さんざん空腹を訴えていた腹が鳴ってしまう。
 「っ!?」
 …うっひぃ~~~。
 「………………」
 「………………」
 「………………」
 「………………」
 気不味い沈黙が続いて、内心冷や汗ダラダラ、男の反応が怖い。
 しかし、いつまでもこうしているわけにもいかないと、恐る恐る男を見上げれば、つくしに背を向けた男が体を半分に折って肩を揺らしている。
 「…あの?」
 「くっ、はははははっ」
 いきなりのバカ笑い。
 「ちょ、ちょっと…」
 男の方はよほどツボにハマってしまったのか、しまいには床にしゃがみこんで、腹を抱えてひーひー笑い出した。
 もう恥ずかしいやら面食うやら、しかたなく、そんな男の奇行を見守った。
 …そこまで笑うほどのことかなぁ。
 つくしにしてみれば、たしかに見知らぬ他人の前で腹を鳴らしてしまったのは恥ずかしい話だが、さすがにこの年齢にもなればある程度は開き直りもあったし、彼女にもそれなりの言い分がある。
 そんなつくしの心の声が聞こえたわけでもなかっただろうけれど、ジト目で見ている彼女を男がチラッと見上げ、軽く片手を上げて謝罪してくる。
 「ご、ごめん」
 もう片方の大きな手で、まだ顔半分を抑えて笑ってはいたが、それでもとりあえずは笑いの発作にも一段落がついたらしい。
 「ちょっとここのところ、顔の筋肉を動かすことがなかったから、タガが外れちゃったみたい」
 「……はぁ。別にいいですけど」
 妙な言い草に首を傾げながら、つくしの方が苦笑してしまう。
 …やっぱり、こうして見るとけっこうこの人若いっぽいよね?
 しかも、かなりのハンサムだ。
 濡れて長めの髪から見え隠れして覗くすっきりとした目元といい、ハリのある精悍な肉体の抜群なプロポーションといい、もしかしたらモデルとか芸能人とかそういう人種なのかもしれないと思い当たった。
 …それなら、ああいう高級車に乗っててるのにも説明つくかぁ。
 そうした職種の人間にしてはかなりワイルドな髭面というのが解せなかったけれど。
 だが、つくしもそう芸能関係に詳しいわけではないので、そういうスタイルを売りにしている人もいるのかもしれなかった。
 「朝飯…もう昼飯か。そっちはさっきシャワーする前にデリバリー頼んで置いたから」
 「えっ!いえ、そこまでご迷惑はおかけするわけにはっ」
 とりあえずもう少しある程度の事情を聞いて、早々にお暇しようと思っていたつくしが慌てて辞退する。
 「もう、失礼しますしっ」
 しかし、物和らげな口調とは裏腹に男はかなり強引なタチらしく、そんなつくしの言葉をサラリと流してしまう。
 「え?外食の方がいい?」
 「いやぁ?そういうんじゃなくてですねぇ」 
 「じゃ、それでいいよね?俺もなんだかさすがに腹減ったみたい」
 …腹減ったみたい。
 自分のことなのに他人事な男と奇妙な言い回しに首を傾げる。
 どうやら男の中では決定事項のようで、どうにも抗いがたい。
 気が強いようで、結局つくしはなんだかんだと強気で強引に押してくる相手には弱いのだ。
 「付き合ってくれるでしょ?」
 「はあ、………お任せします」
 しかたなく困惑しつつ、男に同意する。
 他人の家だ。
 どのみちあれこれ注文できる立場ではないのだから。
 「しかし、ずいぶん綺麗にしてくれたんだね」
 キョロキョロと周囲を見回し、感嘆というよりは呆れたような男の口調にさすがにつくしも恐縮してしまう。 
 「す、すみません」
 「ん?なんで謝るの?」
 「…いえ、勝手な事してしまって」
 「まあ、たしかに普通はやらないと思うけどね」
 「すみません」
 苦笑する気配に男を見返せば、顔反面に手をあてたまま、まだ苦笑いしている美男の顔に不可思議な既視感を覚える。
 …あれ?
 風呂場で髭を剃っていたらしく、さっきまで顔の半ばを覆っていた髭が綺麗に消えていた。
 だが、それだけではなく…。
 「でもまあ、正直助かったよ。日本に戻ってからはここで一人暮らし始めたのはいいけど、他人入れるのがイヤでメイドを入れなかったら、みるみるうちにこんなになっちゃってたし。しょうがないから、せめて出張の間にでも、そのうち屋敷の人間入れるか迷ってたところなんだよね」
 「……そうですか」
 社交辞令に上の空で相槌を打つつくしの生返事に首を傾げて、サラリと前髪をかきあげた髭のなくなった男の顔につくしは大きく目を見開いた。
 え?
 「で?あんた、いつまで立ちんぼしてんの?座ったら?」
 「え…え?え、ええっ!?」
 …まさかっ。
 男のビー玉みたいな目がキラリと煌めいて、面白そうな笑みを浮かべる。
 「なに?やっと俺が誰か気がついたわけ?」
 「ま、まさか」
 …まさか。
 「あなた、花沢類なのっ!?」
 に~っこり。
 髭のない美貌が明るく微笑む。
 「そう、正解。久しぶり、牧野」
 そこにいたのは、十数年前、あの英徳学園で彼女の憧れの王子様だった―――花沢類その人だった。
 「え、ええええええっ!?}
 …ありえないっ!いくらなんでも、変わりすぎでしょぉっ!?




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0386】へ
  • 【愛してる、そばにいて0388】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0386】へ
  • 【愛してる、そばにいて0388】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘