「愛してる、そばにいて」
第6章 始まりの刻橋①

愛してる、そばにいて0383

 ←愛してる、そばにいて…漫画第三弾 後編 →愛してる、そばにいて0384
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

~第6章 始まりの刻橋(きざはし)~


 …逃げなきゃ。
 『ハァハァハァ』
 おそらく、すでにもうまともな思考ではなかったのだろう。
 逃げてどこに行けばいいのか、逃げてどうなるというのか。
 あるいは果たして逃げ切れるものなのか。
 冷静な判断はその時彼女の頭に何一つ浮かばず、とにかく逃げなければならないという強迫観念と焦燥、恐怖と悲嘆ばかりがずっと渦巻いていた。
 『ああ、あああ…、ああああ』
 口を開けば意味を成さない悲鳴と嗚咽ばかりが溢れて、濡れそぼった顔が降りしきって吹き付ける雨風によるものなのか、壊れた蛇口から出る水のように滂沱と流れる涙によるものなのか自分でも判断がつかなかった。
 最初に向かおうとした玄関への最短ルートからの脱出は、早々に断念した。
 途中で出くわしたメイドの顔は、冷静とは程遠い心理状態だった彼女にも、宿直係の使用人たちの存在を思い出させ、そちらへと直接向かうことを思い留まらせた。
 パニックに陥る寸前。
 よくもそんな冷静な行動がとれたものだと、後になって自分でも思ったものだが、それもずっと後―――気が遠くなるほどの…十数年余という年月が経ってからのことだ。
 もし司に逃げ出したことがバレていたら、真っ先に閉鎖されていたのはこの正面玄関口だっただろう。
 司の号令一つで、屋敷内の使用人全員がつくしを捕らえるための手足となる。
 つくしは正面玄関口以外にもいくつかある出入り口を目指し、屋敷内をグルッと回り道して、建物の外へと回って二階のアプローチ部分から表口へと出た。
 夜陰に乗じて庭先からの脱出を図らなかったのは、国立公園とも見紛うこの広大な屋敷の敷地を迷わずに出口を目指せる目処が立たなかったせいもあった。
 だが、つくしは暗闇が怖かったのだ。
 暗闇の向こう、司が…あるいは自身の見たくない何かがそこから現れる気がして、足を踏出すことができなかったのかもしれない。
 ―――道明寺さんには、婚約者がいらっしゃるのよ。たかが遊び女のおもちゃのくせにいい気になって、せいぜい身の程というものをお知りになったら?
 ―――牧野、妊娠してんじゃねぇのか?
 ―――お前はっ、俺のもんだって言っただろ!ガキができたならなおさらだっ。もう逃げられねぇんだよ。諦めろっ。
 ―――愛人…それの何が不満なんだよ?お前の父ちゃん母ちゃんだってそうだろ!?
 ノイズが、ノイズがっ、つくしの脳を熱く沸騰させ、目頭から熱く辛い涙を次から次に溢れさせた。
 それなのに、
 …あんたなんて、大っ嫌い。
 …いやだ、いやだ、いやだ、いやだぁっ!!
 渦く嫌悪と憎悪、怨嗟、哀しみの向こうになぜか、彼女の顔を見て、らしくなくはにかんで、嬉しそうに微笑む司の顔が思い浮かんだ。
 …あんたなんて好きになれるはずがない、赦せるはずなんてないのに!
 ―――ただ俺がお前とパーティに出たかっただけだ。お前を綺麗に着飾らせて、俺の隣を歩かせて、少しでも楽しませられれば…そう思っただけだ。あの時の…静に着飾らせられたお前が、すげぇ綺麗で可愛かったから。
 つくしがどんなに無愛想にでも、‘ありがとう’と言うたびに、話しかけてくる言葉に一言でも答えて会話に応じるだけで、司が本当に嬉しそうに綺麗な笑顔で笑うから。
 …あたしは勘違いなんてしないっ、しないんだ!
 『ああっ』
 蹲っていた階段から見下ろす正面玄関から、ちょうど飛び出してきた司の頭を見つけ、つくしは思わず呻いた。
 司がその声を聞きつけたかのように、彼女を振り仰ぎ…、
 『牧野っ!!』
 『いやああ、来ないでぇっ!!』
 ―――俺が磨いてやれば、どんなみずぼらしいボンビー女でも光るんだよ。
 ―――道明寺さんは物珍しかっただけよ。あなたみたいなみすぼらしい庶民の女が、自分に逆らうのが物珍しくて面白かっただけ。
 ―――お前は俺のもんなんだ。誰にもやらねぇっ。
 ―――あいつは昔から他人のものを欲しがるっつーか、手に入れちまえばすぐに飽きるくせに、気紛れなガキと一緒。
 ―――よくもこの俺をコケにしてくれたな。この淫売が、お前をめちゃくちゃにしてやる。
 つくしは混乱した。
 過去と現在、夢と現実が交差して。
 …お腹に赤ちゃん。
 …約束したのに。
 …いつか自由になれるって。
 『頼むから、動かないでくれ』
 滲んだ視界の向こうにいる司の顔までもが、まるで涙に濡れているみたい見えて、つくしは歪んだ虚ろな笑みを浮かべ呟いた。
 『もう逃げられないの。あんたから逃げられない』
 …いつかきっと、この屋敷を自分の足で歩いて出てゆくんだと思っていたけど。
 そんな妙に冷静な思考が脳裏に浮かんで、無意識につくしは手のひらをまだ膨らみのない腹へと押し当て、自分でも誰にともわからぬままにただ謝罪した。
 …ごめんなさい。ごめんね。
 …もう苦しくて苦しくて、本当に辛くて、耐えられないの。
 悩むことも苦しむことにも疲れて、もう何も考えたくなかった。
 闇の向こうを透かし見る彼女の方へ歩み寄ろうとする司の動きに、つくしは飛び出した。
 ふわりと体が一瞬、宙を浮かんで、急速に落下した。
 …これで自由になれる。もう苦しまなくていいんだ。
 安堵しているはずなのに、涙が次から次に溢れて仕方がなかった。
 …もう、全部何も見たくない、聞きたくない、感じたくないの。




******




 パチッ。
 開いた目に見えた光景に、つくしは恐慌に陥りかけた。
 先程まで見ていた光景とはあまりに違いすぎる光景。
 オフホワイトの天井に埋め込まれた間接照明の明かりが柔らかく周囲を照らし、分厚いカーテンの隙間からわずかに覗く太陽の光の代用をしている。
 …え?ここ。
 無意識に拭った顔周りは止まらぬ涙に濡れていて、どうやらさっきまでかなり盛大に泣いていたらしく、顔どころか首筋や胸元までぐっしょりと濡れ、ひんやりと冷たい。
 ―――夢?
 さっきまで見ていたものが、ここ数年繰り返し見ていた過去の夢だと気がついた。
 「…もうっ、いったい何年前の話だっつーの」
 いつもここで夢は途切れて思い出せないから、彼女の記憶はここから27才の‘道明寺つくし’として目覚めた時点までで尻切れトンボだ。
 当然、こんな悪夢を見て目覚めた朝が気分爽快なはずもなく、さすがに今はもう止まった涙を、ゴシゴシと袖口で乱暴に拭う。
 「はぁ~」
 頭痛がする。
 ガンガンとまではいかないものの、じんわりと頭を締め付けるような不快な痛みに、つくしは顔を顰めた。
 こういう時には、さっさとシャワーでも浴びて、悪夢に濁った頭をスッキリさせたいものだ。
 「えっとぉ?」
 それにしてもと、キョロキョロ見回した部屋の様子に驚く。
 見たところ、どこかの高級ホテルの一室のようだが、まるで見覚えもなければ記憶にもない。
 …あたし、昨日どうしたんだっけ?
 寝起きのぼんやりとした頭を探って首を傾げる。
 とりあえずはと、今の時刻を確認しようとして、いつも枕元に置いてあるはずの携帯電話を探り、背後を振り返る。 
 「えっ、えええ―――っ!?」




web拍手 by FC2





※時系列…

第2章 『罪』

第5章 『罰』

***

第1章 『泡沫に沈む月』

第3章 『風になる日』

第4章 『凍える牙』

第6章 『始まりの刻橋(きざはし)』

となります。
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて…漫画第三弾 後編】へ
  • 【愛してる、そばにいて0384】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一回目 パスワード逃してからな2回目パスワードまでの悲しい日々を過ごしてだので、今回も無事ゲットしました。
今回見逃して3月まで読めないなんて😭絶望過ぎるので、二回チェックして、写メも撮りました。
年末お忙しい時期ですが、無理せず、お過ごしください。
何時迄もついていきます😍

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて…漫画第三弾 後編】へ
  • 【愛してる、そばにいて0384】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘