FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第5章 罰②

愛してる、そばにいて0375

 ←愛してる、そばにいて0374 →愛してる、そばにいて0376
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「だいたいここにそうじゃない女なんて、そんなにいないんじゃない?」
 「「「「……………」」」」
 類の褒めているのか、貶しているのかわからない評価は、どうやら本当につくしを揶揄っているわけではならしく、さりげない仕草で視線を移し、彼が顎をしゃくって指し示した先にいた女性の様子からしてマンマの意味だったらしい。
 せっかく類がもたせた間に、あきらと総二郎も慌てて調子を合わせる。
 「…ま、まあ、基本、日本人の女どもはやたらと痩せたがるし、特にデルモ連中は病的に痩せてる女なんて珍しくないよな」
 「だな。俺なんてボンキュッて女が好みだけど、痩せてる女が好きだってヤツもいるから需要と供給だよ、バランスバランス」
 やや総二郎とあきらの的がズレ始めているのは、彼らがドツボにハマり始めている動揺からだったか。
 後半部あたりは、おそらく自分たちでも意味不明なのだろう。
 しかし、ただ一人類だけは、あくまでもマイペースのままでブレがない。
 「変に卑屈になるなんて、あんたらしくないじゃん。総二郎やあきらが美人だって言うんだから、素直にそうかと受けとってあしらいなよ」
 にこやかでもなく、特につくしを見ているわけでもなかった。
 すでにこの話題に飽きているのを類はあからさまにしていた。
 しかし、珍しく饒舌な彼の意図がつくしの為であることは誰の目にもあきらかだ。
 素っ気なくて…けっして優しい言葉ではない。
 しかしそこには、嘘がない。
 類の横顔をつくしがジッと見入っている。
 そして、そんな彼女の横顔を司が見て、その顔に浮かぶ感謝と哀切に司の顔が苦々しく引き歪んだ。
 つくしの身体は彼の腕の中にいるというのに、彼女の心が遠い。
 今彼女の傍に寄り添っているのが、司ではなく類の方なのだと悟って。
 …なんでだよ。なんで、なんで、なんで、なんでっ!!
 「じゃ、そろそろ俺らも…」
 もちろん総二郎たちもそんな司の屈託に気が付いてはいたが、下手に藪をつついて蛇を出すことになる前にと、示し合わせて席を立ちかける。
 「なに、ツマンネーフォローいれてやがんだよ」
 「つ、司」
 「…司」
司のそんな一言が、総二郎とあきらのその場を離脱するタイミングを見事に台無しにしてしまった。
 類への対抗心。
 怒り。
 焦燥。
 そして、自身への憤り。
 自分が言うはずだった言葉を奪われて、自分が勝ち得るはずだったつくしの感謝と信頼をことごとく類に掠め取られた悔しさ。
 しかも、類は同じ土俵に立つライバルですらないのだ。
 つくしを得ようとして、彼女の関心を得ようともしていないのに、何気ない一言だけで彼女の気持ちを浮き立たせ、容易に得てしまう。
 司にしても、けっしてつくしを卑しめて悲しませようという意図などなかったのに。
 ただ別館に連れて行った時のような、少しでも彼女の嬉しそうな顔が見られれば…そう思っているだけなのに。
 上手くいかない。
 その悲嘆を怒りと嘲りにすり替える。
 …ムカつく。
 なにもかも。
 総二郎もあきらも、類も。
 そして何よりも、これほど気を配って彼女へと心を砕いている自分の気持ちを理解しようとしないつくしに。
 …ふざけんなっ。
 「俺が磨いてやれば、どんなみすぼらしいボンビー女でも光るんだよ。それなりに見られるようになったからって、見え透いた世辞でいい気にさせてんじゃねぇぞ」
 シーンと沈黙が広がった。
 いや、実際にはパーティに参加する人々のざわめきや音楽の響き、それこそ間近で息を詰めたつくしの息遣いまでもが聞こえていて、無音とは程遠い。
 しかし、自分で暴言を吐いておいて、司はそれを言い放った瞬間にはもうすでに後悔していた。
 つくしを見るのが怖い。
 何者をも恐れることなく、この世に恐ろしいものなど何一つなかった男が、腕の中にいる女の気持ちに怯えて、彼女が今なにを感じて思っているのか知るのが怖かった。
 カアアッと上った血が、一瞬で下がって凍える。
 しかし、一度口から出てしまった言葉は、どんなに悔いてもなかったことにはできない。
 それでも彼が‘謝罪’という言葉を知っていたならば何かが変わっていただろうか?
 しかし、気まずさを嫌って、自分のそんな内心の怯懦に見て見ぬフリで、司はまたも強気を装ってしまう。
 自分が傷つくことではなく、つくしを傷つけ、自身のプライドを守ることを選んで。
 「な、なんだよ。本当のことだろ」
 傲慢なセリフが努力せずとも口をつく。
 見下ろしたつくしは、予想に反して悲しげでもなければ、俯くでもなくただ司をジッと見返していた。
 かつて輝く星のようだと思って、何度も見惚れた生き生きとしていた目は、まるで虚のように深く昏い闇に沈み、今はもう彼女の苦痛さえも覗かせない。
 だが、一瞬だけ…ホンの一瞬だけ、司と目が合った瞬間の彼女の顔に浮かんだ、ショックを受けたような悲しげな表情の意味を司は知りたかった。
 それが見間違いではなく、彼の言葉が少しでも彼女の心に響いているのだと思いたかったのだ。
 そして、そうした衝動がこれまでつくしを数限りなく傷つけ、結果自分への嫌悪と憎悪を育ててきたのだと、本当はもう彼にもわかっていた。
 彼女の関心が欲しくて。
 彼女に意味のある人間だと思われたくて。
 好かれたいのに、愛されたいのに。
 真逆のことばかりをしてしまう。
 …クソッ。また、やっちまったのか俺は。
 「…っ、その…俺は、牧野、そうじゃなくって…。俺は…あ~、くそっ!!」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0374】へ
  • 【愛してる、そばにいて0376】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0374】へ
  • 【愛してる、そばにいて0376】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク