「愛してる、そばにいて」
第5章 罰②

愛してる、そばにいて0374

 ←愛してる、そばにいて0373 →愛してる、そばにいて0375
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 先を促すでもなく、大して総二郎の言葉に興味を示すわけでもない無言の司のカンに今度は触らないようにと、総二郎はつくしや司から少し離れて、類寄りのソファに腰を下ろした。
 類はといえば聞いているのか聞いていないのか、すでに司以上の無関心さで、微妙な空気に居心地の悪さを感じている風情もない。
 「なんつーか、ずいぶん痩せちまってるから、健康的とは言い難てぇけどさ。すげえ垢抜けて可愛くなってるよな」
 「…なんだよ、それ」
 唸るような司の不機嫌な声音に気がつかぬフリで、総二郎が続ける。
 「まあまあ、そう怖い顔すんなって。俺にはダチの女盗る趣味ねぇんだからよ。…つまりだ。以前の牧野は、まあ、溌剌としたいかにも健康優良児ってヤツで、それはそれで悪かなかったけどよ。…正直言わせてもらうと、‘女’つーより、まだまだガキ臭かったわけ。でも今はかなりイケてるって言いたいのよ、俺は」
 総二郎だけではなく、あきらまでもが大いに同意し出す。
 「そうだな。元々華奢なタイプだから、儚げな魅力っていう感じか。真逆な方向性だけどよ。どっかのお嬢だって言っても、今なら十分通用するんじゃね?」
 「お、あきら、お前もやっぱそう思う?」
 「思う思う。」
 女の話題となれば、彼らの十八番だ。
 二人だけで十分に盛り上がって、白けた空気にもまったくめげない。
 「今の牧野なら、俺でもけっこう目を惹かれ…あ~かも?」
 つい調子に乗りすぎて、司の眼光に出会って、総二郎が言葉尻を変える。
 それでも一応は緊迫していた空気を多少なりとも変えることができたという手応えか、ますます二人の口が軽快に滑り出す。
 「だいたい、俺は熱海で船上パーティやった時から、牧野は磨けば光るタイプだと思ってたしよ?」
 「司のおかげってやつだよな」
 わいわいとあえて燥ぎ立てて、司の気分を盛り上げようとする総二郎とあきらのヨイショだったが、生憎その努力はイマイチ報われず、司のテンションは低空飛行のまま、つくしの顔も晴れない。
 それでも、自らを自制しようとしている司本人の努力の甲斐もあって、一触即発の危険な雰囲気は遠のいていた。
 自分が再びマズイ悪循環に踏み込みかけている自覚は、苛立っている司にしても十分にあったのだ。
 「も、もしかしなくても、あ、愛の力?」
 一発逆転を図ってか、さらに総二郎がおちゃらけて聞くが、結局返ってくるのは虚しい無言ばかりで一向に場の雰囲気は盛り上がらず、いいかげん与太も出尽くして再び気不味い沈黙が戻りかける。
 「ま、牧野もほれ、そんな辛気臭ぇ顔してないで、もっと楽しもうぜ?せっかく司のおかげで美人さんになってんだからよ?」
 「………もうやめて」
 最初、その消え入りそうに密やかな声が、つくしのものであることに誰も気が付けなかった…とうの本人以外に。
 しかし、当然のごとく一番近くにいた司がまず気がつき、総二郎やあきらの耳にも届いてはいた。
 意外にも…何一つ関心がなさそうだった類さえもが、つくしへと視線を戻す。
 「道明寺を宥める為だけに、見え透いたお世辞で、あたしのことを引き合いに出したりしないでよ」
 「いや、まんざらお世辞ってわけでもなねぇよ、な、あきら」
 「そ、そうだぞ?俺らはただ…」
 ただなんだと言うのだろうか。
 あきらかにつくしが歓迎していないのをわかっていながら、彼女を引き合いに出して司の気持ちを引き立てようとしただけで、…つくしの気持ちなどその場にいる誰も、何も考えていなかったというだけのことだ。
 無理矢理に司に引き回されたあげく、ゆえなく怒鳴りつけられ、不愉快な思いをしているだろう彼女の気持ちをさらに逆撫で、追い打ちをかけただけのことで…。
 「あたしのことをおちょくって嬲るのがそんなに楽しい?」
 「「「……………」」」
 苦しそうなつくしの声音に糾弾された総二郎とあきらだけではなく、司も言葉を失う
 あきらかに彼らの悪フザケを楽しむどころか、苦痛に感じて哀しんでいる声。
 「何が儚げな魅力よ。こんなにガリッガリに痩せて、骨と皮ばっかで骸骨みたいなあたしのどこが魅力的だって言うのよ?何が愛の力なの?あんたたちに愛の何がわかってるって言うのよ?もう…本当にやめて、お願いだから」
 あきらかに彼らの悪フザケを楽しむどころか、苦痛に感じて哀しんでいる声。
 「あ、あのな、牧野?」
 「…えっとぉ」
 総二郎とあきらの二人が、つくしの辛そうな横顔を眺め、言葉を探しては口ごもり、司も何かを言おうと口を開きかけては、言うべき言葉が見つからないということを何度も繰り返す。
 彼女の苦悩を作り出した元凶であり、今も傷つけ続けている彼に言えるどんな言葉があっただろう。
 それでも…、
 …お前は綺麗だし、可愛い。
 ただ他の男に奪われたくないのだとそう上手く言えたなら、おそらく初めからこんな関係になど陥ってはいなかったに違いない。
 「牧野…俺は」
 「可愛いじゃん」
 「……え?」
 類の言葉が司の言葉に被って、全員の視線が類へと集まる。
 「…類」
 「類」
 肘掛に寄りかかって眠そうにしていた男が、つくしへと顔を向け、わずかに口角を上げて微笑みかける。
 「俺はそう思うよ。ガリッガリでも骸骨みたいでも、オシャレした今のあんたは悪くない」
 …類っ!




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0373】へ
  • 【愛してる、そばにいて0375】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0373】へ
  • 【愛してる、そばにいて0375】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク