「愛してる、そばにいて」
第5章 罰②

愛してる、そばにいて0367

 ←愛してる、そばにいて0366 →愛してる、そばにいて0368
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 ドンドンッ。
 「開けるぞっ」
 ノックとほとんど同時、返事も返らないうちにドアを開け放つ。
 「ど、道明寺様」
 慌てるスタイリストの真横、化粧台の前に座らされていたつくしと司の目が鏡越しに出会った。
 「っ!」
 「あ…」
 「…申し訳ございません。もう少々、お時間をいただけないでしょうか?お嬢様におつけするアクセサリーがまだ決まっていないので…」
 魅入られたようにつくしに見入ってしまっていた視線を司は無理矢理にもぎ離して、ドレッサーの脇の台に並べられているアクセサリーへと視線を移す。
 「そこにあるじゃん」
 「それが、実は今日のお嬢様のお召し物とは少々」
 大粒のダイヤやルビーなどの宝石があしらわれたネックレスやイヤリングは華やかで美しかったが、もともとの持ち主とは個性の違うつくしにはいささかアクが強すぎて、派手さばかりが目立ち、たしかにあまり似合うとは言い難い。
 スタイリストが濁した言葉を、司はズバリと言いあてる。
 「まあ、たしかにこいつには似合わねぇか。……やっぱり新しく揃えるんだったな」
 つくしが欲しがらないのと、体調不良が続いたことで、装飾品まで揃える時間的、物理的余裕がなかったのだ。
 ドレスの方は、まだつくしを屋敷に連れ込んだばかりの頃に普段着と合わせて何着か作らせておいたので、それなりに持ってはいたし、その折に型紙をストックさせておいたので、デザインさえ選べばどうとでもなったのだが…。
 「姉ちゃんの部屋から適当に、今日のこいつのドレスに似合いそうなの持ってきて?姉ちゃんにはOKとってあるから」
 了承して部屋を出てゆくスタイリストを見送ることなく、つくしの横の椅子に腰を下ろす。
 「お前も多少は持ってるけど…普段遣いのばっかで、パーティにつけていくにはちょっとな。今度、もっといいやつ買ってやるよ」
 「……………」
 今までのように一々いらないと拒絶しはしないが、うつむき加減で沈黙しているつくしの横顔が、やはり相変わらず歓迎していないのはあきらかだ。
 本館に戻ったことで諸々のことが蘇ったのか、わずかに軟化していたように見えた彼女の態度がまた元に戻ってしまってる。
 しかし、司はあえて見てみないふりで、何食わぬ顔を装い、そんな彼女の頬にそっと手を伸ばした。
 ピクリとわずかに頬を動かして、そのまま振り向くことなく視線だけをわずかに動かし司へと視線を向けるのに、柔らかく微笑みかけて頬を撫でる。
 「今日はそんなに顔色悪くないじゃん」
 実際、健康的とまでは言わないが、化粧のせいもあるのだろう。
 これまでに比べれば幾分か肌ツヤも明るく、やせ細っているというよりは、ほっそりとした儚げな風情で通る範囲だ。
 「足は平気か?」
 つくしが小さく頷く。
 「まあ、お前もダンスするほどガッツリ参加したいってわけじゃねぇだろうし。ちょっと俺んちと付き合いのある連中んとこに、挨拶まわりするくらいは付き合ってもらうけどよ。そんなにあっちこち連れ回すわけじゃねぇから」
 唇の端に髪がかかっているのが気になって、耳にかけてやる。
 「そうしてっと、いつものお前とはまるで別人だよな。馬子にも衣装…」
 ついいつもの調子で憎まれ口を叩きそうになって、
 「いや……すげぇ」
 …いい、綺麗だ。
言い直そうと慌てて口調を改める。
 トントン、ガチャッ。
 「お待たせいたしました」
 「…………」
 が、実際に声になる前に、司の素直な賛辞は戻ってきたスタイリストの声にかき消されて邪魔されてしまった。
 ギロッ。
 …邪魔しやがって。
 「ひっ、な、な、なんでしょうっ」
 とばっちりを食って睨まれたスタイリストが縮み上がって、小さく悲鳴を上げ後退る。
 「ノックとほどんど同時に入ってくんじゃねぇよ。なんのためのノックかわかんねぇだろうがっ」
 「す、す、すみませんっ!」
 「……ハァ。まあいい。そろそろ出かけたいから、サクッと支度終わらせてやってくれ」
 八つ当たりもほどほどに、罪のないスタイリストをいつまでも脅しつけてもよけいに作業が遅くなるだけだと諦め、司はつくしの隣の席を立ち上って、窓際に移動し待つ姿勢に変える。
 「では、こちらのネックレスを今お付けしますね」
 スタイリストとつくしのやり取りを横目に窓の外を眺めて、司は小さく嘆息した。
 …ま、別に今言わなくても、いつでも言う機会くらいあんだろ。




*****




 きらびやかな男女が笑いさざめき、司が歩く前をまるで花道を作るかのように道を空けてゆく。
 この豪奢で華やかな場にあっても、もっとも注目されもっとも尊重されるべき存在こそ、彼―――道明寺司なのだ。
 そんな司が自らの片腕に手をかけさせ、これまで彼が見せたことがない気遣いと丁重さでエスコートする女性へと、人々の関心と興味が一心に集まる。
 つくしが注目されるのは当然のことなのだ。
 「…緊張してんのか?」
 小刻みに震えている手の甲に手を重ね、優しく撫でてやり、硬い表情のつくしの横顔を覗き込む。
 いつもは25cmの身長差が、今日はつくしが履いている5cmヒールのハイヒールのおかげで20cmあまりに縮まっていて、いつもより二人の顔の距離が近い。
 スタイリストは8cmにまでこの靴の高さを引き上げようとしたが、それは司が止めた。
 白い素肌に羽織らせた真っ白な毛皮のストールの歪みを軽く整え、その背を優しく撫で、改めて腰に手を回して支えてやる。
 とたん、「きゃあ」とも「ひぃ――ッ」ともつかぬ小さな悲鳴がそこかしこであがる。
 さすがに場所柄あからさまではなかったが、つくしに突き刺さる女性陣の視線は敵意に満ちて鋭いものばかりだ。
 そして、男たちはといえば―――、
 …鼻の下伸ばした顔しやがって、俺の女見てんじゃねぇよ!
 つくしを自慢して見せびらかしたい気持ちはあっという間に霧散して、司はつくしを注目する男たちへと鋭い視線を向け睥睨する。
 彼のあからさまな威嚇と牽制に、どの男たちも恐れをなして怖じけたように視線を伏せた。
 「…おお、これはこれは、司君」
 会場の中央、司にとって今日の一番の目的人物が彼を見つけて歩み寄ってくるのに、司も気を取り直して社交辞令の笑みを返す。
 「こんにちは、ご無沙汰しております。このたびは、ご招待に預かりまして」
 「いや、こちらこそよく来てくれたね。かねがね君のお父さんにはお世話になってるから嬉しいよ」
 狸と狐の化かし合いよろしく朗らかに挨拶を交わし合う。
 すぐに相手の視線と興味が司から、彼の連れであるつくしへと向けられた。
 「おや、可愛らしいお嬢さんだ。君にしては珍しい。もしかして、彼女が?」
 「…ええ、ぼくの婚約者です」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0366】へ
  • 【愛してる、そばにいて0368】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0366】へ
  • 【愛してる、そばにいて0368】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘