「愛してる、そばにいて」
第5章 罰①

愛してる、そばにいて0358

 ←愛してる、そばにいて0357  →愛してる、そばにいて0359
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 電子レンジはあるかと尋ねたものの、いかにも知らなそうな司の顔につくしも一人勝手に合点して、さっさと食堂と続きになっているキッチンを覗きに行ってしまった。
 しかし、すぐに戻ってきて、彼が投げ出した料理の皿に手を伸ばす。
 「これだけ温めて来たらいい?」
 「あ?…お…おお」
 「…あっと、スープもやった方がいいか」
 驚いている司を一人置いて、テキパキと作業を始めてしまう。
 そんな彼女の後を追い、司も食堂を出てキッチンを覗く。
 初めてだろう場所でも特に手間どうでもなく、つくしは手際よく皿を電子レンジに突っ込み、作業をこなしていた。
 ―――チン。
 すぐに音を立てた機械の中から湯気を立てた皿を取り出そうとして、わずかに触れただけで手を離してしまう。
 指先を擦り合わせて、つくしが周囲をキョロキョロしているのを見て取り、司が慌てて彼女の傍に歩み寄って手を掴み寄せる。
 手のひらを仰向かせて、
 「火傷したのかよ?」
 「……ちょっと熱かっただけ」
 「ホントか?」
 つくしの小さな手を前後左右ひっくり返してざっと観察して、たしかに特に火傷にはなっていなさそうだとホッとし、目に付いたミトンを手に取りつくしへと差し出した。
 「これ使え」
 「…………」
 差し出されたものをつくしも素直に受け取って、今度こそ熱した皿を出しては次の皿に入れ替える。
 それを見るともなく見守って、閃いた司がとりあえずはと温められた自分の皿を持って食堂へ。
 そして、まだ手つかずのつくしの料理やスープの皿に持ち替え彼女のもとへと戻る。
 チラッと視線だけで振り返ったつくしの手元へと、置いてやる。
 「お前の…これも温めろよ」
 「……偉そうに」
 憮然と呟くボヤきに、司は小さく笑った。




*****




 やはり場所を変えたからと言って、つくしの食欲が急激に増すということもなく、せっかく気をきかせて料理を温めさせたが、温めたことでよけいに料理の匂いが鼻についたとかで、かえって温かな料理の方は顔を顰めただけで手を付けることもなかった。
 だが、それでもやはり多少の気分転換にはなったらしい。
 傍らにつき従って歩く彼女の横顔が、わずかに晴れて明るい気がした。
 「あ、そっちじゃねぇ」
 先ほど案内された寝室へと戻ろうとするつくしの手首を掴んで引き止め、怪訝な顔のつくしの手をそのまま引っ張って、先ほど連れて入ったばかりの玄関ホールへと戻る。
 「ふわぁ」
 本館では不夜城然と一日中つけている電気の消えたホールに、つくしが大きく目を見開いて、驚きの声を上げた。
 二階の天井まで到達する巨大な窓の向こうの月と星をバッグに、玄関ホールを飾るモミの木に飾られた赤や黄、青や紫の色とりどりの電飾がチカチカと瞬いて、オーナメント替わりの菓子の器の包装紙に反射して幻想的な空間を作り出している。
 日があるうちには気がつかなかっただろう。
 そこかしこに配置したクリスマスモチーフの小さなオブジェやポインセチアの花にも電飾が飾られ、華やかな光の競演が彼らの眼前に広がっていた。
 本館に比べればずいぶんこじんまりとしているが、それでもつくしの常識の範囲では十分広いだろう空間に作り出されたイルミネーションに、つくしの目は奪われ感嘆に顔を綻ばせている。
 「凄い綺麗」
 「……………」
 わずかに震えを帯びて感動しているようなそのうっとりとした声音の響きに、司の胸にも広がる喜び。
 彼女だけが与えることのできるもの。
 どんなに高価で希少なものでも容易に手に入れることができる彼が、これまで一度たりとも得ることが出来なかった満足感に自然微笑みが浮かんだ。
 「気に入ったかよ?」
 「…………うん」
 迷ったようだが、珍しく素直に小さく頷くつくしの返事は、なおのこと司を有頂天にさせた。
 「2階の天窓から覗く星灯りも見事なんだぜ」
 「2階?」
 「ああ。ここの名前‘星月館’はそのものずばり、星灯りや月がよく見えるように設計されてるからなんだ。そりゃあ、東京っつー場所柄、星が降るように…ってわけにはいかねぇけどよ。他のところよりは多少高台に作ってあるし、一日中真昼間みたいにギラギラ電気つけてる本館と違って、あえて周辺の外灯も控えめにしてるからそれなりにいいぜ」
 「…へえ?」
 「ここエレベーターねぇし、毎朝毎夕階段昇るっつーのもかったりぃから、基本さっきお前が昼寝した寝室を使うことにすっけど、せっかくの天気だし、今晩くらいは二階の方で寝ようぜ?」
 「普通は自宅にエレベーターあったりしないよ」
 「本館の俺の部屋は3階にあんだ。一々毎日昇り降りしてられっかよ」
 「………まだ高校生のくせにそのセリフ」」
 いつものように呆れた顔をするも、つくしの口調はずっと柔らかく、口数も多い気がした。
 いやそれよりも、彼女の顔に表情があるのがひどく嬉しい。
 素直に笑って、怒って泣く、そんな彼女が好きだったから。
 失われていた本当の彼女、コロコロと表情を変え、明るく溌剌として元気一杯な少女だった彼女が、たとえ一時でも戻ってきたようで…。
 「今夜は星空を見ながら寝ようぜ」
 コクンと頷くつくしの髪をクシャクシャッと撫でて、司が横抱きに抱き上げる。
 「きゃっ!」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0357 】へ
  • 【愛してる、そばにいて0359】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0357 】へ
  • 【愛してる、そばにいて0359】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘