「愛してる、そばにいて」
第5章 罰①

愛してる、そばにいて0346

 ←愛してる、そばにいて0345 →愛してる、そばにいて0347
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 司の言葉の意味を捉えかね、しかし、期待して戸惑う一家に、司が艶然と微笑み頷きかける。
 「そ、それって、もしかして姉ちゃんと結婚…?」
 口ごもりつつ一家を代表して進が問いかければ、にっこり笑う司は否定しない。
 「「「えええ~~っ」」」
 「ありえないっ!!」
 きゃあっと歓声を上げかけた千恵子の声に被って、まるで悲鳴のような引き攣った声での叫びがつくしから上がる。
 久しぶりに本当の彼女の声を聞いた気がして、司の口角があがった。
 「そんなことあるわけないでしょ!?」
 「「つ、つくし?」」
 「姉ちゃん?」
 「そんなの絶対にありえない!いや!いや、いやっ、いやああ、いやあああ!!!」
 「ちょっ、つ、つくし」
 興奮しだした娘の様子に、千恵子が慌てて彼女の背を押し、家の奥へと促す。
 「と、とにかく、奥のお部屋で休みましょ」
 「…うっ、ママぁ」
 一瞬の狂乱はすぐに失せ、肩を抱く千恵子につくしは縋りついてさめざめと啜り泣く。
 やがて残された男たち三人に気不味い沈黙が残される。
 いや、気不味く思っているのは晴男と進だけで、司はどこまでも平静だった。
 「あの…えっと、じゃあ、どうぞこちらへ」
 この先の展開を少しだけ考えつつ司も一つ頷いて、晴男の勧めに素直に従い、促された居間のソファへと腰を下ろす。
 かつてとは雲泥の差の広く快適な部屋や豪奢な家具は、司が手配して彼らのために用意させたものだ。
 用意されただけの彼らにはわからないだろうが、サイズこそ多少大きい程度で庶民的だが、どれもこれも一介の会社員などには不似合いなものばかり。
 それも司にとっては大して労するものでもなければ、難題でもない。
 多少の散財…その程度のことに過ぎなかった。
 それでも購入ではなく、賃貸を選んだのは楓の目を慮ってのことだ。
 いつものようにカードで出来る買い物の範疇ではなく、祖父母より贈与されていた個人資産に手をつければ、さすがに楓も何か言ってきたかもしれなかったから。
 晴男にも戸惑いはまだ残っているのだろうが、今は久しぶりに会った情緒不安定な娘は妻に任せて、この一家にとっておそらく最重要である…司という賓客を饗すという役割を全うすることにしたらしい。
 何くれとなく司に話しかけては、言葉に詰まって、つまらないダジャレを連発しては白々とした空気を作っていた。
 しかし、進の方は小狡い大人たちと同じようには切り替えられなかったようで、しばらく戸惑いも顕に姉たちの去った方向と司を見比べては首を傾げていたが、いくらか思い切りがついたのか、あらためて司へと向き直る。
 そして…、
 「あのぅ、本当に姉ちゃん、どうしちゃったんですか?」
 「……………」
 「こんなこと言ったら失礼かもしれませんけど、姉ちゃん、道明寺さんのお宅で、まさか使用人か何かとしてこき使われまくってたりするんですか?」
 気弱そうな外見とは裏腹に、かなりストレートな息子の物言いに、父親の方がギョッとして、慌てて進を制止する。
 「す、進むッ!な、なんてこと言うんだいっ」
 「…だって行儀見習いだか、花嫁修業だか、今時聞いたことないような眉唾物の理由で、資産家の先輩のおうちにお世話になるとか聞いてたけどさ。そんなに遠方なわけでもないのに、何ヶ月も姉ちゃん帰ってこないし。めったに連絡してこないからどうしてるのかと心配してたのに、いきなり帰ってきたと思ったら、すっごいガリッガリに痩せてるだろ?なんだか様子もおかしいし、まさか、お金持ちの道明寺さんの家で、虐められてロクに食べるものももらえなかったとか…そう言うわけじゃありませんよね?」
 どんなことを言ってくるのかと思っていたら、突拍子もない抗議だ。
 思いもしなさすぎて、司は堪えることができず、派手に噴き出し笑ってしまった。
 「ぷっ!!くくく…いくらなんでも、それこそ今時この日本でそんなのありねぇだろ」
 「…そ、そうですよね?」
 進も本気ではなかったのだろうが、いかにもクールそうな司が腹を抱えて笑うのに面食らっている。
 …マジおもしれぇわ、この姉弟。
 今は変わってしまったが、少し前のつくしもこうして突拍子もないことを言ったりしたりしては、司を驚かせ笑わせていたものだった。
 人の良さそうな柔和な進の顔に、つくしの顔が重なって、司は自然に柔らかな微笑みが浮かぶ。
 そんな彼の美しい顔に、同性ながら晴男と進も見惚れてしまう。
 「そこは心配しなくていい。使用人にしてこき使ってたわけでもないし、メシを食わせなかったわけでもない。もちろん、いびったりもしてねぇよ…ただ…」
 ―――ただ、心を病んでしまっただけで。
 そう言おうとした司の言葉は、飛び込んできた千恵子の叫びに遮られてしまった。
 「ど、道明寺さんっ!!!」
 「……………」
 血相を変えて戻ってきた千恵子の剣幕に、晴男と進が飛び上がる。
 「ま、ママっ?!」
 「…どうしたの?母さん?」
 「道明寺さん!あなたは…あなたって人は!つくしに、ウチの娘になんてことをっ!!」
 「………………」
 しかし、衝動的に糾弾しようとしたものの、千恵子がそこで言葉を詰まらせ、二の句が継げられずに絶句する。
 おそらくそこには、糾弾される立場であるはずの司があまりに平然としていて、堂々とした態度だったこともあるに違いない。
 泰然とソファに腰掛け、優美に紅茶を啜るその姿はあまりに上品で美しく、つくしが語ったような凶悪さを持つ男にはとても見えなかったからだ。
 悪びれないその態度は、少しの疚しさも見せず、むしろつくしの方こそが何か悪い夢でもを見たのではないか、そんな錯覚を千恵子に抱かせた。
 「ママ?」
 「…母さん?」
 夫と息子の呼びかけに、呆然としたまま口を開いては閉じることを繰り返していた千恵子は、ヘナヘナと力を失い床へと崩れ落ちた。
 驚いた晴男が普段の呑気さを引っ込め、慌てて妻の元へと駆け寄り肩を支える。
 「大丈夫かい?!ママ?」
 「……つくしが、つくしが」
 小さく息を吐き、司がゆっくりと夫婦を振り返る。
 ゆったりと冷然と美しく…自信に満ちたその笑みは、どこまでも余裕を持って落ち着き払っていた。
 「そのことで、ぼくからもお二人にお話があります。つくしさんとぼくとの将来のことで、少しお時間を割いていただけないでしょうか?」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0345】へ
  • 【愛してる、そばにいて0347】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0345】へ
  • 【愛してる、そばにいて0347】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘