「愛してる、そばにいて」
第5章 罰①

愛してる、そばにいて0338

 ←愛してる、そばにいて0337 →愛してる、そばにいて0339
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「別に…」 
 「別に、って」
 怪訝にあきらが問い返す。
 酒を口に含んで、チラッと見返す司の顔はその言葉どおり特に変化はなく、本当に何気ない返答でしかないようだ。
 「…囲うつもりか?」
 「マジかよ…」
 むしろあきらの言葉に総二郎の方が顔を顰めている。
 対して、司の方はほとんど無表情・無反応だ。
 「よせよ、お前、それは。結婚して、しばらくして…っていうのなら、まあ聞かない話じゃねぇし、仕方ねぇところでもある」
 実際、総二郎の父親からしてそうなのなのだ。
 だからか、自身も女道楽を極めている男にしては、総二郎の口調はどこか苦々しい。
 「けど、さすがに結婚する前からって言うんじゃ、相手だってメンツも立たねぇだろうし、いくらなんでもどっちにも気の毒すぎんじゃねぇの?」
 司が鼻を鳴らし、言外にそんな総二郎の勘ぐりを退ける。
 「いきなり囲うとか、それこそなんだよ」
 「は?まさか、お前、牧野と結婚するつもりだとか言うつもりじゃねぇだろうな?」
 「…司」
 あきらも総二郎の言葉に、目を見開いて司に驚きの視線を向ける。
 F4の中では常識人…というよりは、いくぶんか権高い方ではないあきらにしても、司がつくしを娶るという認識はない。
 彼らには、彼らの世界の常識と義務がある。
 そして、そのことを司自身の姉、椿がすでに証明していた。
 「どうして、それじゃダメなんだ?」
 「…どうしてって」
 「許されるわけねぇだろ。現にお前の姉ちゃんだって、そうやって今の旦那んとこに嫁がされたんじゃねぇか」
 「まあ、そうだな」
 しかし、だからこそ、自分までもが母親や家の都合で言うがままになってやるかという思いが司にはある。
 単なる反発と反抗でしかなかったかもしれなかったけれど。
 以前は親やそうした家の慣例と戦う道ではなく、ただひたすら拗ねて荒れて、他人に八つ当たりして鬱憤を晴らすことで、自分を誤魔化してきたのだ。
 「けど、おもしれぇんじゃねぇの?…格式ある道明寺家の嫡男の嫁が、名のある財閥令嬢なんかじゃなくって、どこぞの馬の骨ともしれねぇ雑草女っつーのも。どんだけ親父やババアが吠え面かくか見ものじゃね?」
 半ば本音の質の悪いジョーク。
 親への当て付けが大半のヤケクソ交じりの、子供じみた反抗でしかない思いつき。
 「お前な、その発想、そりゃいくらなんでもガキすぎんだろ」
 「はっ、優等生な発言すんなよ、あきら」
 「優等生じゃねぇよ、あきらが言ってることが正しいぜ。お前が言ってるそのセリフが、どこまで牧野に執心して言ってるのか、親へのガキみてぇな反発なんだかわかんねぇけどよ。遊びならいいけど、マジの大マジだって言うならここら辺で止めとけ」
 いつもは半ばおちゃらけて、焚きつけるばかりの総二郎が制止に回っているのを、司が皮肉に笑う。
 「ここら辺?」
 「恋愛なんてしょせん学生時代まで…ってことだ」
 「なんだよ?お前らがいつも女、女。女を作れ、俺にもっと遊べと言ってきたんじゃねぇか」
 「だから…そりゃ俺たちに許された期限ってヤツまでの話だろ」
 「総二郎」
 司の言葉が、今の段階ではあくまでも意地になっているだけだとわかっているあきらがたしなめるが、総二郎はそれを無視して言葉を続ける。
 「そうじゃないなら、やめとけ。…どうせ、いずれは別れることになる。それこそ大真面目に愛人にでもするっていうのなら別だけどな」
 「総二郎!」
 ギリギリと睨む司の怒気を感じて、今度こそあきらがハッキリと辞めろという意志を込めて総二郎を制止する。
 「…ねぇよ。俺はいつでも大マジだ。やると言ったらやるし、誰の指図も受けやしねぇ」
 「司」
 「…司」
 「だいたいお前にそんなデカイ口きけたものか?お前ら二人共、恋愛もなにも、フラフラと女どもと戯れてるだけのことじゃねぇか」
 総二郎ばかりかあきらまでも一緒くたに非難されて、さしもの温厚なあきらも顔を顰め、小さく息を吐いて憤りを逃す。
 「司…さっきの話な?」
 「…あ?」
 あきらと司二人共が、突然なにを言い出すのだと怪訝な顔で総二郎を見る。
 「お前、俺らの教えてやった女攻略法も、Hのテクもダメだって言いやがったが、それら全部、意味ねぇ場合もたしかにある」
 唐突な話題転換に、息巻いていた司も思わず口を噤んで総二郎の言葉を待ってしまう。
 「他に好きな男が居る場合だ」
 「……っ」
 口を挟むことを控え、内心戦々恐々としていたあきらが、息を飲んだ司を無言で振り返った。
 「全部が全部の女ってわけじゃねぇし、お前みたいな男が相手なら節を曲げる女も少なくねぇだろうけど、…牧野の場合は、あいつ、マジで類のことが好きだったんじゃねぇか?」
 「…類?」
 「ああ。思い返してみれば、もしかして…と思うフシはたしかにあったんだよ。特にあいつの場合は、何度か類に助けられてるよな?」
 「……………」
 「そんなの夢見がちな少女の、‘王子様の夢’ってやつだろ?」
 ハラハラと二人のやりとりを見守りながら、無言になってしまった司を慮って、あきらが抗弁する。
 「ああ、それもあるだろうし、最初の頃は間違いなくそういうもんだったんだろうな。悪漢から助けてくれたヒーローに憧れて、美化しちまうガキの淡い恋?それでも恋は恋だ。お前は自分のことを好きなんじゃねぇか、なんて勘違いしてたが、俺にはそうは思えねぇ。牧野はむしろ、類に惚れてたんじゃねぇの?お前だって本当はわかってんだろ司」
 



web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0337】へ
  • 【愛してる、そばにいて0339】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0337】へ
  • 【愛してる、そばにいて0339】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘