「愛してる、そばにいて」
第4章 凍える牙②

愛してる、そばにいて0327

 ←愛してる、そばにいて0326 →愛してる、そばにいて0328
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 陽太にはつくしと隼斗の二人揃って、離婚のことを告げた。
 彼にしてみれば、寝耳に水だっただろう。
 しかし、やはり聡明な子供の常で、ここ半月ほどの両親の微妙な雰囲気には気がついていたに違いない。
 そうでなくても、家族全員、陽太を挟んで一部屋で川の字に寝ていたのに、急に夫婦別々に寝るようになったのでは、いやでもおかしいと思う。
 だが、父から離婚のこと聞いた陽太の第一声は、つくしにとってもいかにも苦しく、涙せずにはいられないものだった。
 『…それって、僕のせい?』
 ポツリと呟かれた言葉。
 隼斗とつくしは、二人の離婚はあくまでも二人の問題であり、陽太とは関係ないことを強調したが、彼がどこまでそんな曖昧な説明だけで納得してくれたかわからない。
 それでも一応は理解を示してくれた。
 たった9歳児の理解。
 空々しいとわかっていても、隼斗とつくしは‘離婚’するという近い将来の決定事項を別として、その日まであくまでも通常の日常を陽太の前では装うつもりだった。
 しかし、その当の陽太の方はそんな大人たちが思うほどには幼くはなかったのだろう。
 2,3日は塞ぎがちで、つくしどころか実父である隼斗にさえも、どこか隔意を示して余所余所しかったが、東京での新生活の手配等で隼斗が外泊した日、内心戦々恐々としていたつくしをよそに、もう陽太はいつもの陽太だった。
 けれど、やはりいつもの彼ではなく、今まではなかったこと―――隼斗とつくしの離婚後の話題を会話に出すようになった。
 『僕たちはどこかに引っ越すの?』
 『お母さんのことは、つくしちゃんってまた呼べばいいの?』
 『もう二度とお母さんに会えないの?』
等々。
 つくしが話題に乗せるのに躊躇する質問を次々に口に出し、それに対するつくしの答えにも泣き出したり、怒り出したりすることなく、熱心に聞き入り素直な気持ちを表に出した。
 『…そっかぁ、美優姉や猛たちともお別れなんだぁ。ずっと友達でいられるかなぁ』
 『おじいちゃん達とまたしばらく一緒に暮らせるんだ!?それは嬉しい』
 『お母さんがいいって言うなら、僕はこれからもずっとお母さんって呼びたい!』
 ニコニコ笑う陽太の屈託のなさにホッとすると共に、つくしはそんな彼の柔軟さが不思議だった。
 隼斗が陽太にどう説明したのかは知らないが、陽太が自分に懐いてくれていたことだけはよくわかっている。
 それだけに、子供の聞き分けの良さがよけいに謎だったのだ。
 どうして、こんなにもこの子は冷静でいられるのだろう、普通でいられるのだろうと。
 『陽ちゃんは、あたしのことを許してくれるの?』
 陽太の母親であることを、隼斗の妻であることを放棄しようとしている自分を。
 つくしの言う意味がわからなかったのだろう。
 キョトンとする陽太がわかるように、ストレートに言い直す。
 『…陽ちゃんやお父さんと別れて、別の家の人になろうとしているあたしを嫌いにならないの?』
 『どうして?お母さんは僕のことが嫌いになるの?』
 逆に問いかけされて、つくしの方が言葉に詰まってしまった。
 隼斗に関しては許せない気持ちもある。
 しかし、そこにも一抹の憐憫と同情があって、彼を嫌いになりきることができない自分もいた。
 …隼斗さんはあたしを騙していた。
 けれど…彼といて安らいで、平穏な毎日を過ごすことができていたという一面もある。
 そして、彼の言う言葉がたとえ彼の主観によるものだったのだとしても、そこには真実も含まれていて、彼の言葉にはたしかに一利があったのだ。
 つくしが陽太を戒の身代わりにしていて、隼斗を愛したわけでもないのに、彼らの…家庭の温もりを欲して彼らを利用した。
 隼斗が欲しかったものと、つくしが欲しかったものの需要とバランスが崩れて…今がある。
 そこに陽太は巻き込まれただけで、彼にはなんの罪科もなく、傷つけられる謂れは何もなかった。
 しかし、陽太は言うのだ。
 『だって、誰かを嫌いになるって、すごくもったいないんだもん』
 『え?』
 『僕が好きになっても、絶対に相手も僕を好きになってくれるわけじゃないけど、僕が嫌いになったら、相手もきっと僕のことが嫌いになるよね』
 『……………』
 陽太の言いたいことがわからずジッと彼を見つめるつくしへと、子供は切なく笑った。
 『僕、本当はよっちゃんのこと、最初は嫌いだったんだ』
 『…よっちゃん』
 以前にも、話題に出た子供のことだったか。
 既に鬼籍にある子供の話は胸に迫って、心が塞ぐ。
 『僕が病気が辛くて、一人が怖くてしょうがないのに、ニコニコニコニコ。僕がどんなに怒鳴ったり怒ったりしても、平気で話かけてくるし、頭バカなんじゃないかと思ってた』
 『…陽ちゃん』
 ガリガリでブルック※みたいにホネホネで気持ち悪いとかも思ってたし…と陽太らしくない毒に満ちた言葉。
 『でも、気がついたんだ』
 『…なにを?』
 注射をする時、一瞬だけ顔を顰めて怖そうに視線を針から反らすこと。
 両親が病室で人目も憚らず言い争っている時に浮かべている愛想笑いが、能面みたいに虚ろで哀しそうだったこと。
 ふと目が覚めた真夜中、シクシクと泣く小さな声が聞こえること。
 よっちゃんは何も感じていないのではなかった。
 そして…何も感じていないフリをしているのではなく、自分を愛する誰かの為に笑っていたのだと、陽太は子供らしくない生真面目な表情で語った。
 だが、そんなよっちゃんが、陽太が退院する少し前、一つだけどうしても悲しくて苦しくて我慢できなかったことがあったんだと語ったのだと言う。
 『よっちゃんのママ、よっちゃんのこと生まなきゃ良かったって言ったんだって』
 『…っ!』
 『こんなに辛くて、悲しい想いをするくらいなら、よっちゃんなんて生まれてこなければ良かったのに…って泣いてたって、よっちゃんが言っていた』
 けっして子供に言ってはならない言葉。
 しかし、よっちゃんの母親も追い詰められていたのだろう。
 人は弱い。
 弱いからこそ、他人を傷つけ…そして自分や自分の大切な人たちをも傷つけてしまう。
 『なのに、よっちゃんは言ってたんだ。ママが可哀想だって、自分のせいで苦しめてごめんねって悲しんでた』
 『……そう』 
 その気持ちは、よっちゃんの母親には通じていただろうか。
 もしかしたら、通じていたかもしれない。
 通じていたからこそ苦しく…悲しいのだ。
 『でね、よっちゃんのママにも僕会ったんだ』
 『え?』
 『よっちゃん、死んじゃったんでしょ?』
 陽太の透明な目にたじろいでしまった。
 悲しみも苦しみもすべてを飲み込んだ透明な眼差し。
 幼い子供が持つものではない、どこか静かな諦観と運命を受け入れ、それでもなお生きようとする人間の強さ。
 『僕と同じ病気だったんだよね、よっちゃん』
 



web拍手 by FC2





※ブルック:アニメワンピースのキャラで、骸骨人間。
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0326】へ
  • 【愛してる、そばにいて0328】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0326】へ
  • 【愛してる、そばにいて0328】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘