「愛してる、そばにいて」
第4章 凍える牙②

愛してる、そばにいて0318

 ←愛してる、そばにいて0317 →愛してる、そばにいて0319
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 次の日の朝、朝食の席で顔を合わせた二人の様子は、その場に余人がいれば、あまりに普通だと言ったに違いなかった。
 互いの心情とは裏腹に。
 いや、たとえ白々しいものであっても、そうしていつものようにたわいない雑談を交わし、日常を続けてゆくうちに、夫婦の歴史は築かれてゆくものなのかもしれなかった。
 互いの齟齬や葛藤を見て見ぬフリで、そこにはさまざまな悲嘆や苦悩が含まれていたとしても…。
 「ごめんなさいね。…今日はちょっと寝過ごしちゃって、簡単なものしか作れなかったから物足りないんじゃない?」
 箸を置いた隼斗の湯呑にお茶をつぎ足し、食後のデザートがわりに皮を剥いたリンゴの皿を差し出す。
 「いや、俺も今日はちょっと胃が重いくらいだったから、ちょうど良かったよ」
 「そう?」
 「ああ」
 昨日の話の続きをしなければならないことはわかってたが、この和やかな空気を乱す決心をつけることができずにズルズルと引き伸ばしてしまう。
 「あ、あのね」
 「…明後日からの出張の予定を変更することにしたよ」
 「え?」
 被った言葉に驚いて顔を向ければ、隼斗が両手で包み込んだ湯呑を覗き込んだまま、顔を上げることもなく話を続けた。
 「俺も次の仕事がスタートしたら、そうそう時間がとれなくなるし、今のうちに陽太のことを実家の親にも相談しておきたい」
 「東京に行くってこと?」
 「そうだ」
 「そう…東京に」
 「明後日から、奈良の方に出張の予定だったんだ、ちょうどいい。ついでだから今日明日の連休を使って、東京にまで足を伸ばしてくるさ」
 あまりに突然のことに、つくしは『そうか』という以外に何を言ったら良いのかわからず口を噤む。
 「君にあんなことを頼むなんて、俺がどうかしてた」
 「………隼斗さん?」
 「ウチの親もそれなりに余裕があるとは言え、親父もすでに定年退職してるし、老後のこともあるからどれだけ借金を頼めるかわからない。…が、元はといえば俺の連れ子に過ぎない陽太の為に、君に一度は放棄をした前の夫の金を引き出せ、というのでは筋違いすぎるだろう」
 彼女の顔を見ないままに、「すまない」と言って頭を下げる隼斗に見入ってしまう。
 「韮崎先生に紹介をお願いするかはともかくとして、東京でも検査を受けさせることは悪いことじゃないから、そっちの下見もして来るつもりだ」
 顔を上げた隼斗の顔は、あきらかに無理をした笑みを浮かべてはいたが、それでも彼が懸命に我を抑えてつくしの気持ちに歩み寄ろうとしているのは感じ取れた。
 現在の心境に落ち着くまで、隼斗も悩みに悩んだことだろう。
 いや、それ以前、つくしに借金を申し込むこと自体、彼にしてみれば断腸の思いだったのではなかろうか?
 しかも、おそらく彼女に知られたくないと思っていたに違いない事実を、認めざるえない事態に陥った後にだ。
 「そう言いつつ、君にはまた負担をかけることになるが、とりあえず陽太の退院は3日後だと聞いてるから、俺がいない間、いつものようにあいつのことを頼むよ…じゃあ、俺もそろそろ出かける準備をするから」
 無言になってしまったつくしをどう思ったのか、隼斗が彼女の返事を待たずに席を立つ。
 つくしはゴクリと唾を飲み込み、寝室へと消えてゆこうとする隼斗の後ろ姿へと声をかけた。
 「待って」
 「………」
 「ちょっとだけ、待って欲しいの」
 ゆっくりと振り返る隼斗の顔を真っ直ぐに見ることができず、今度はつくしの方が俯いてしまう。
 本当はすでに決意したはずだった。
 …何をおいても陽ちゃんの生命には変えられない。
 隼斗の側にどんな思惑や経緯があったにせよ、彼と結婚し、陽太の母親になろうと決めたのはつくし自身なのだ。
 …あたしが決めた。
 誰に強要されたわけでもない。
 隼斗の為人に好意を寄せ、陽太と家族になりたいと思ったのは、つくしなのだ。
 それならば彼女がとれる道はただ一つだけ。
 …まだ間に合うのなら、道明寺から渡されたお金を受け取ろう。
 そして、そのお金を使って陽太たちと一緒にアメリカに行き、彼の病を治すのだ。
 今度こそこの家族を守り、本当の家族になる為に。
 ―――しかし、この期に及んで咄嗟に口にしてしまったのは、『待って』という引き伸ばすかのようなセリフで…。
 …あたしったら。
 「つくし?」
 唇を舌先で湿らせ、彼女の次の言葉を待っている隼斗へと、なんとかそれでも言葉を絞し出す。
 「一晩、あたしもよく考えたの。…でも、やっぱりあまりに急なことだったから、その…すぐには返事できなくて」
 どうしても曖昧にしてしまう自分の意気地のなさが不甲斐ない。
 「つくし…俺は」
 「もちろんっ!陽ちゃんの容態のことがあるんだから、そうそうグズグズしていられないことも理解してる。だけど、もう少しだけ待って。本当にもう少しだけでいいから」




*****




 彼女の言葉をどう捉えて良いのか困惑している隼斗を半ば強引に東京へと送り出し、つくしも寝不足の頭をなんとかシャンとさせマンションを出る。
 とりあえずは、次の陽太の健診日―――韮崎医師に返答を返す日までには、結論を出すことは約束した。
 …結論は出てる。
 出ているはずなのに。
 エントランスを出たとたん、差し込んだ朝日の日差しのキツさに、思わずつくしは片手を額にあて目を細めた。
 寝不足のせいだろうか。
 明るい爽やかな光に満ちた太陽が、今のつくしの目には奇妙に禍々しいものに思える。
 …何が変わったわけじゃない。
 昨日と同じ今日がやってきただけのことだというのに、どうしてこんなにも心もとなくて不安で…苦しいのだろう。
 「大丈夫、きっと」
 何が大丈夫なのか、自分でもわからないままに、つくしはそっと呟き歩き始めた。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0317】へ
  • 【愛してる、そばにいて0319】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0317】へ
  • 【愛してる、そばにいて0319】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘