「愛してる、そばにいて」
第4章 凍える牙②

愛してる、そばにいて0317

 ←愛してる、そばにいて0316 →愛してる、そばにいて0318
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 絶句したまま次の言葉を発しあぐねているつくしをよそに、言い切ってしまった安堵からか、隼斗は椅子の背もたれにもたれ掛かり、顔を仰向けてフ―――ッと大きく息を吐き出した。
 「陽太の…前回の健診で、肝機能障害を言われたって話はしたよな?」
 「…ええ」
 元々薬に対する耐性が弱いのか、副作用に悩まされ、より効果の高い最新薬ではなく、旧薬に頼っている。
 ところが、それさえも陽太の肝機能に負担をかけ、病によってではなく、本来は彼の生命を維持するべき薬によって体を蝕まれつつあった。
 ジワジワとつくしの中で、形のなかった不安が確固たる姿を持ち始める。
 「今日出た前回の検査の結果次第で、一旦投薬を休止するかの判断をする予定だった」
 隼斗はズバリとは言い出さないが、すでにつくしの中でも彼の告げようとしている話の内容がわかる気がした。
 「たが、休薬するどころか、芽球(未熟な白血球)が前回の検査の時に比べて、急増しているのが見受けられたそうだ」
 「それって」
 「再発だな。このままでは急性白血病の移行期へと転化する。急性転化期にまで進んでしまえば、…手遅れだ。陽太が死ぬ確率は格段にハネ上がるだろう」
 「…っ!」
 力なく項垂れた隼斗の顔は不思議に微笑んでいるようにも見えたが、それは虚ろさの裏返しであることにつくしもすぐに気がついた。
 「そ、んな」
 急性転化期とは、慢性骨髄性白血病が急性へと転化した状態のこと。
 一度この状態に陥ると、薬によるコントロールが不可能になり、芽球の割合が30%以上にも増加する。
 さらには急性白血病よりも、なお悪性の白血病になってしまうことにも。
 当然、全身にさまざまな症状が現れ、白血病自体のみならず、合併症によっても死亡する患者も少なくなかった。
 「もし…今、造血幹細胞移植をするとしたら、イマチニブを増量投与して、一時的にでも慢性期の状態に戻す必要があると言われた」
 「でも、それは」
 「ああ、陽太には無理な話だ」
 それをするには陽太の肝機能の状態が許さなかったし、たとえ出来たとしても、慢性期の頃に実施した場合に比べ、その結果は必ずしも芳しくないものなのだ。
 隼斗に子供を作ろう、あるいは陽太の骨髄移植の一つの布石になるかもしれないからと提案されたのは、その結果がもたらされる前日…まだ昨日のことだったか。
 …あたしは、その提案にお茶を濁した。
 たとえ、隼斗の提案を受け入れたとしても、つくしが生んだ子では骨髄バンクに登録された提供者よりも格段の適合率だとは言えないだろうし、今の状態ではそれさえも無意味になる可能性があった話ではある。
 「だが…希望がないわけじゃない」
 「希望?」
 「ああ。韮崎先生が、アメリカの研究チームに強いパイプを持っていることは知っているだろ?」
 わずかに力の戻った隼斗の顔を、つくしがハッと見返す。
 「つい昨年、急性骨髄性白血病に有望な新しい分子標的治療を発見して、発表したチームだ。まだまだ治験の段階だが、副作用もほとんどなく、陽太の状態でも十分適合する可能性が高いから、そのつもりならその治験に参加できるよう口利きをしてもいいと、先生から提案された」
 「…治験に」
 治験とは新薬開発の為の治療を兼ねた試験のことで、承認される前の薬剤を、実際の患者や健康な人間で試し、安全性と効力を確かめるものだ。
 「今、東京にその研究チームの一員である医師の一人が来日しているそうなんだ。陽太を治験に参加させる意思があるのなら、一度東京で検査を受けさせることを勧められたよ」
 検査次第では、陽太の症状が治験の治療に適合しないこともありえる。
 だがそれにしても…、
 「それをさっきの今で決めたというの?」
 隼斗がつくしに貸して欲しいというのは、陽太がアメリカで治療を受けるための医療費。
 いざ本当に治験を受けるとなれば、アメリカに渡米する必要があり、当然のことながら日本の保険は通用しないのだ。
 保険が効いている日本での治療ですら、白血病には高額医療費がかかり、保険外診療部分も少なくはない。
 現在、高給取りの隼斗とつくしの共働きで、それなりに治療費を賄えているし、困窮しているということもなかった。
 それでも将来的な造血幹細胞移植を視野に入れて、常に貯蓄に励んできたから、余裕があるとはいえない生活だったし、それでもなお借金を言い出さなければならない隼斗の苦悩は計り知れない。
 アメリカで治療を受けるという決断は、生半可なことではないのだ。
 治験自体に関してはおそらく開発チームのスポンサーである製薬会社等が費用を受け持つのだろう。
 しかし、陽太の治療の為に本来行われるべき種々の検査や治療行為に関しては自己負担が基本であり、それには莫大な金額が課せられる。
 もちろん、治療の間の生活費の問題もある。
 陽太が渡米することになったとすれば、保護者である隼斗も同伴する必要が有り、おそらく勝手の違う国で、今と同じ仕事に就き収入を得ることは難しい。
 しかも、それがいついつまでと期限が切れるものではなく、治験の結果、期待していた効果を得られず、結局従来の治療へと逆戻りすることもありえ、また併用することになればさらなる経済的負担が発生する。
 「治験の話自体は、実は以前からも聞いてはいたんだ。でも、陽太の容態は差し迫ったものではなかったし、もし治療を受けるとしても、もっと治験が進んで日本でも認可が下りてからという考えもあった」
 たぶん大抵の患者やその家族が選ぶ道。
 わずかな可能性にかけても…と言うにはあまりにも負担が大きく、不確かな希望。
 だが…。
 ギッ!
 「えっ?」
 隼斗が突然、椅子から立ち上がったと見るやフローリングの床に蹲り、ガバッと頭を床に伏せてつくしへと懇願する。
 「は、隼斗…さん」
 「頼む。俺と…陽太に、金を貸してくれ。君が、前の夫から分与された資産のうちから、渡米費用を借り受けたい。そして…俺たちと一緒に、アメリカへも来て欲しい」




*****




 カチコチコチ、カチコチ…。
 いつもは使ってない部屋の置時計の時を刻む音は、静寂の中では思わぬ程に音が響いて耳障りだった。
 家族の寝室から持ち込んだ布団を隣室の予備室に敷いたものの、横になる気持ちにはとてもなれず、明日も仕事だというのにこうして窓辺に腰掛けて外を眺めている。
 電気を消した部屋は、それでも今夜の晴天の月や星明かりのおかげで明るく照らされ、十分に明るい。
 しかし、明るければ明るいだけ、明かりの届かない場所の闇は濃く暗かった。
 『…少し考えさせて』
 そう言って、つくしはこうべを垂れた隼斗から視線を反らし、項垂れる彼を居間に一人残して、ここへと引き篭った。
 …答えなんて決まってる。
 そうだ。
 自分にどんな矜持や意地があろうとも、人一人…ましてや、陽太の命よりも重いもののはずがない。
 たとえ地面に這いつくばってでも…隼斗のように土下座してでも、陽太を救うべきなのだ。
 そう思う、思うのに、つくしは震える両手に顔を埋め呻いた。
 ―――司から金を引き出さなければならない。
 …あたしも結局、パパやママたちと同じ。
 自分の中の自尊心がまた一つ揺らぎ、ひび割れた気がした。
 
 


web拍手 by FC2





※いまさらですが、白血病等の病や治療、その他もろもろの知識に関して私は門外漢です。
一応は一通りの検索をかけていますが、詳細等正確さに欠け、また最新医療に関して時代遅れの可能性や、未だ実施されていない可能性もあり、費用に関しても同様です。
あくまでも、素人小説の範囲で、それっぽく書いているだけであるとご了承くださいm_ _m


関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0316】へ
  • 【愛してる、そばにいて0318】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0316】へ
  • 【愛してる、そばにいて0318】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘