FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第4章 凍える牙②

愛してる、そばにいて0311

 ←愛してる、そばにいて0310 →愛してる、そばにいて0312
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「あ…クライアント(顧客)側にも秘守義務があるんだっけ」
 一瞬、視線を伏せ、さ迷わせた和也の態度に、つくしも気がついた。
 「まあ、それはそうなんだけど、どこの企業とか誰それの…というのは紹介者以外の具体的な情報は僕にはないから大丈夫。そうじゃなくって、あるかな、って考えただけなんだ」
 「…あるかな?」
 意外な和也の返答に、つくしが小さく首を傾げるが、彼女の切迫していた気分とは裏腹に、和也はつくしの危惧を言外に否定した。
 「道明寺や花沢、美作クラスの大企業や家門になると、外部の会社にわざわざ頼まなくても、自分のところである程度抱えていたり、専属契約しているところを持っている場合が多いからね」
 「あ、ああ、そっか」
 言われて見ればそのとおりだった。
 つくしにかつて付き従っていた中野や他のSPたち、司が引き連れていた一団の黒服たちにしても同様で、道明寺家独自で雇っている人々だったのだ。
 中には元警察官や自衛官だったという者までいて、和也の言うとおり、わざわざ外部の人間になど頼まなくても事足りるし、そもそも秘密保持という意味でも外部の人間を雇うことなどありえない話だった。
 「…そう…だよね」
 ハァ~っと大きく息を吐き出して、それで自分がどれだけ大きな不安を抱いて緊張していたかを思い知らされる。
 …道明寺のわけがない。
 かつてあれだけつくしに異常な執着を見せた司といえど、いくらなんでももうすでにすべては決着がついて、互いにそれぞれの人生を歩み出して何年もの月日が過ぎているのだ。
 そうでなくても、この世にはつくし以上の美女も、才女も、美質がある女も掃いて捨てるほどいて、その中でも特に素晴らしいと言われている女を手に入れられるような男なのだ。
 いまさら自分をハメて、去っていった女を連綿と執着する謂れなどあるはずがないではないか。
 そう安堵する心の裏側で、かすかな失望を感じている自分に憤りを感じながら、いつもながらの葛藤を意志の力で抑え付け、あえて作った表情で何食わなさを装う。
 もっとも、和也はそんな彼女の心の裏側まで見透かそうとするような男ではなかったから、そんなことをしなくても容易に見逃してくれただろうけれど。
 「でも、個人としてはありえない話じゃないかもしれない」
 「え?」
 ん~と首を傾げて考え込む和也は、特に誰それを限定して想定しているわけではないようだが…。
 「外部の人間を雇うとどうしても、知られたくないことを外部に洩らされる可能性があるから慎重にはなる。でも、道明寺ほどの大物になると、周囲の注目度や影響力は半端ないからね。パパラッチやマスコミ関係、有象無象国内外の政敵やスパイなんかが常に動向を伺ってる」
 「……………」
 規模は違えど、一経営者、司と同じ土俵のある世界で戦っている男の言葉。
 「道明寺が動かした周辺の動きが情報源になることもある」
 「…周辺の動き」
 「隠したいこと、知られたくないこと…密かに守りたいものがあるのなら、僕でも内部の人間じゃなく、外部の人間をあえて使う。そういうことだったら、道明寺が彼らを使ってもおかしくはないんじゃないかな」
 「……………」
 ブ――ッ、ブ――ッ、
 再び鳴り出したバイブの音に、和也が慌ててスラックスの携帯を取り出す。
 「まったくもう…って、僕じゃないよ」
 「え?」 
 言われて慌てて白衣のポケットを探れば、案の定、つくしの携帯で、陽太を預けている病児保育室からだった。



*****



 つくしへの電話は陽太の病状の急変を伝えるもので、慌てて和也と別れ、勤めている病院を早退して陽太の元へと駆けつけてみれば、場所柄、処置が早かった為、案外本人はケロっとしていて彼女を脱力させた。
 病名は‘急性肺炎’。
 隼斗が陽太を保育室に預け、仕事に出かけた直後から熱が上がりだし、一時は40度近くまで一気に熱が上がって、保育士を慌てさせたようだ。
 しかし、そこはすぐそばに病院が併設されている環境のこと。
 病院に移され適切な処置を受けることで現在37度代にまで熱は落ち着いていたが、子供や老人は病状が急変しやすく、ましてや陽太は持病が持病なので、そのまま2、3日入院することになってしまった。
 …完全看護じゃなかったら、病院に泊まってあげたんだけど。
 とはいえ、すでに何度も入院している陽太だったから、ワガママなど言わず健気に大丈夫だとつくしにもカラ元気を見せてくれたが、意気消沈しているのはあきらかだった。
 こんな時、どんなに普段元気そうに見えても陽太は恐ろしい病を患っていて、その病が生命ばかりではなく彼の心の自由さえも蝕み奪っていることを思い知らされる。
 「ハァ」
 とりあえず夕食の時間ギリギリまで付き添い、明日早めに面会に来ることを約束して自宅に帰ったものの、隼斗はまだ帰宅していなかった。
 週明けからまた新規の仕事が入り、数日社泊するということだったが、隼斗の真の職業を知ってしまった今は別の意味合いを帯びる。
 …本当に会社にいるの?
 いや、そもそもその会社自体どこにあるのだ。
 また、この近辺…山陽地方にさえいないこともありえる。
 たしか道明寺家に仕えていたSPたちは独身者が多く、妻帯していても同業者か、遠方に住まわせ別居している者が多かった。
 まるで何から何まで隼斗が語ったことが嘘のように思える。
 隼斗の実家の両親さえも、彼女を騙しているのではないか、と。
 そこで、ドキリと心臓が大きく音を立てた。
 …隼斗さんが、あたしを騙してる?
 しかし、和也が知っていた隼斗は東京時代の彼で、もしかしてその後、転職したのかもしれないではないか。
 ドキドキとイヤな動悸打つ心臓の音に耐え切れず、胸を片手で抑え、何気なく寝室の隣、隼斗が書斎代わりに使っている予備室のドアへと目を留め歩み寄る。
 …別にお掃除の時だって、入ってるんだから。
 だが、何かの意図を持って入ったことなどなかったし、極力机の物には触らないようにしていた。
 第一、秘密にしなければならないようなものなど、家に持ち込むはずがない。
 そう冷静に思う気持ちとは真逆に…。
 …もしかしたら。
 もしかしたら、司に繋がる何かが。
 震える手を部屋のドアノブへと伸ばす。
 ガチャリ。
 「ただいま」
 ビクッ!




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0310】へ
  • 【愛してる、そばにいて0312】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0310】へ
  • 【愛してる、そばにいて0312】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク