FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第4章 凍える牙②

愛してる、そばにいて0299

 ←愛してる、そばにいて0298 →愛してる、そばにいて0300
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「ええ?…そうなんだぁ」
 3,4年前といえば当然、つくしが高校以前の記憶を失い‘道明寺夫人’と呼ばれていた頃のことだろう。
 記憶喪失だった頃の…自分ではない自分。
 こうしたひょんなことで、あの頃の出来事がただの夢ではなかったのだと思い起こされる。
 以前はそうした些細なことでさえ複雑な思いが湧き上がったものだけれど、どちらにせよ、つくしには戒という忘れることができない我が子の存在があって、こうして当時を偲ばせる友人と付き合いを続ける以上、そうした過去さえも受け入れざる得ないのだ。
 もちろん、葛藤もある。
 しかし、戒の存在を捨て去る覚悟などないのだ。
 それならば、仕方がないことなのだろう。
 「たしか、そうですね。道明寺さんの東京本社副社長就任パーティか何かでご挨拶されていたはずですよ。私もその場にいましたから」
 「…へぇ」
 つくしの返事は生返事で、それほどに興味あるような感じではなかっただろう。
 けれど、桜子は話を続ける。
 ただの世間話というには、あまりにも重すぎる過去を内包したものを。
 「その後も一度だけですが、二人でお話されているのを見かけていますよ」
 「え?あたしと花沢類が?」
 青天の霹靂だ。
 「何を話してたの?」
 「…私が知る由もありません」
 「そりゃそうか」
 見かけたというのだから、一緒にいたわけではないのだろう。
 どんなシチュエーションだったのか、何を話していたのか、気にならないと言えば嘘になるが、それこそ今更だ。
 「もう…関係ないよ」
 「そうですか?」
 「うん。道明寺とも離婚して、キッパリ縁を切ったわけだし、そうしたら、たぶんもう二度と花沢類と会うこともないだろうしさ。大体、花沢類って今日本にいるわけ?」
 たしかどこかで見かけた雑誌では、ここ十数年、南米だ東南アジアだのと発展途上国ばかりに駐在し、他のF3…司やあきら、総二郎とは異なりほとんど日本でも話題になることはなかった。
 とはいえ、現在日本に留まって本拠地を置いているのは総二郎だけで、その総二郎にしても海外での講演や海外支部のテコ入れに忙しく、常に日本にいるというわけでもないという。
 …美作さんだって、またイギリスなんだしね。
 言わずもがな、司は戒と共にNYだ。
 「今は、えっと…ええ、そう、ギニアですね」
 「…ギニア?」
 聞いたことがある国名だが、ピンと来ない。
 「フランス語圏の西アフリカ諸国ですよ」
 「アフリカっ!?」
 またとんでもないところに飛ばされているものだ。
 「ボーキサイトや金、ダイヤモンドなどの鉱業を主要産業としている国で、特にアルミニウムの原料となるボーキサイトの埋蔵量が全世界の1/3にも達する国です。だから、そこらへんに関連した花沢物産の事業拡大のために派遣されていたんじゃないですかねぇ」
 「ほへぇ~」
 経済云々はまったくの門外漢。
 おそらく道明寺家の若奥様修行の中にはそうした知識も含まれていたのだろうが、学生時代を離れると三角関数だの微分積分とは縁遠くなり、下手をするとすっぽり知識から抜けてしまうのと同じようなものだろう。
 今のつくしにはかなり遠い世界だ。
 しかし、それにしても。
 …あの花沢類とアフリカ。
 偏見を持っているつもりはなかったが、まったく似合わない。
 南米だの東南アジアにしてもそうだが、類とアフリカではあまりにミスマッチな気がして、つくしにはピンと来なかった。
 …普通、大企業の御曹司って言ったら、フランスとかイギリスとか、おシャレ?なところにいそうなイメージだけどねぇ。
 「世界規模の大企業にもなると、御曹司も大変だねぇ」
 とはいえ、花沢物産よりさらに大手になる、道明寺財閥の御曹司である司は、主に先進国をまわっていたからそこは企業による体質の違いなのか、あるいは、そこなりの事情があるのかもしれない。
 「じゃあ、なおさら、ってやつだね。顔を見る機会さえなさそうだ」
 そうでなくても接点がまったくないのだ。
 せいぜい桜子が、その類の親友と婚約しているというくらいなもので。
 サバサバと言い捨てるつくしをジッと見ていた桜子が、珍しく何事かを躊躇したように視線を彷徨わせ、だが、結局話してしまうことにしたらしい。
 「…わかりませんよ」
 「?」
 「花沢さん、日本に戻ってくるんです」
 「……え?」
 「来春のことになるか、夏まで伸び伸びになるかまではあきらさんもハッキリとはご存知なかったですけど、年が明けたら花沢さんは花沢物産の日本本社支社長として、こちらへ転勤にされるんです」
 「…………」
 「…………」
 「…………」
 しばらく沈黙が続いた。
 特に動揺したつもりはなかったが、それでも次の言葉を探してしまったのは確かだ。
 けれど…。
 「そうなんだぁ、まあ、良かったんじゃない?苦労知らずのお坊ちゃまが、いつまでもそうした厳しいお国柄の国ばかりを回ってドサ回りじゃ、大変じゃない」
 「…そうですね」
 「ふぅん」
 類が日本に戻ってくるということを知ってみれば、海外にいるはずの静がこうして日本に現れたこともそう不思議ではないことなのかもしれない。
 それにしては、東京から遠く離れたこの地で…というのも奇妙な縁だが、どちらにせよ、関係ない、そうとしか言いようがないことだ。
 「…先輩はもう東京に戻られないんですか?」
 「え?」 
 まるで関係ない、思わぬ質問に、つくしが目を瞬かせる。
 「東京にも名医はいます。むしろ、こちらよりも多くの選択肢があるでしょうし、ね」
 「…でも、陽ちゃんのこれからの治療を考えると、こちらで今診ていただいている韮崎先生が一番適しているから」
 「そうですね。…癌治療の最先端をゆくアメリカにも長くいらして、あちらにも太いパイプをお持ちなのでしたっけ?」
 新しい治療法を期待しての転院だったのだ。
 「それに、東京に帰ってもしょうがないじゃない?」
 弟の進がいる。
 優紀がいる。
 しかし、実家の両親とは絶縁状態で、…戒もまた日本にはいない。
 今のつくしにとって、東京へと引き戻すものはほとんどなきに等しい。
 「あんただって、今回たまたま戻ってきただけで、またすぐにドイツに戻るんでしょ?」
 「…まあ」
 「進だって、もう奥さんも子供もいて、あたしが心配してあげなければならないようなことはないし、むしろあたしの方が心配かけちゃってるしね」
 「………」
 必要としてくれている存在がない。
 今、ここにいる陽太と隼斗だけが、彼女を必要としてくれているのだ。
 「離婚に際しての慰謝料相当分の財産分与について、かなり顧問弁護士と揉めたそうですね」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0298】へ
  • 【愛してる、そばにいて0300】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0298】へ
  • 【愛してる、そばにいて0300】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク