「愛してる、そばにいて」
第4章 凍える牙①

愛してる、そばにいて0278

 ←愛してる、そばにいて0277 →愛してる、そばにいて0279
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 濡れて真っ直ぐになってしまっている髪をバスタオルで拭きながら、司はバスローブ一枚の姿で寝室に戻った。
 ポタリポタリと雫が形の良い額を伝って、毛足の長い絨毯へと沈んでゆく。
 カチャッ。
 ドアの開く気配に、司が背後を振り返る。
 「…………」
 わずかに寄ってしまった眉根には、不愉快さがわずかに滲んでいただろうか。
 ほとんど変わらない表情は、完璧すぎる美貌と相余って、なおさらのこと彼を人形じみて無機質に見せていた。
 司の視線の先――、ドアを背に後ろ手の遥香が俯きがちに立ち尽くしている。
 着替えずにやってきたのか、玄関前で別れた時のままのパーティドレス姿。
 かすか青ざめた顔を伏せて、何度も唇を舐めては言葉を探す様は、彼からのアクションを待っているのはあきらかだった。
 しかし、司はそんな彼女をいちべつしたのみで、無言のまま部屋隅に設置されたミニバーへと足を向ける。
 冷凍庫から常備された氷入りのアイスペール、そして棚からはロックグラスを取り出して、手馴れた手順で寝酒を作ってゆく。
 まるでその場には、自分以外の誰もいないかのように、遥香の存在を完全に無視して、一顧だにすることもない。
 いつものように、彼女はそこにいても、そこにいないものと同然だった。
 遥香が小刻みに震えているのは、寒さからではないだろう。
 屈辱からか?
 それとも…?
 一口、二口…そして、グラスの酒を半分ほど飲み干し、司はそのグラスを片手にベッドへと戻る。
 「………で?」
 表情とたがわぬ冷たい声音の問いかけに、遥香の華奢な肩がビクリと揺れた。
 「こんな時間に、許可もなく何の用だ?」
 「夫としての…役目を果たしてもらいにきました」
 「夫としての?」
 「………はい」
 遥香の言葉とは裏腹に、彼らの間に流れる空気はどこまでも冷たく他人行儀で、凍てつくような緊張感と雰囲気の中、大きく息を吐き出した司は、サイドテーブルにグラスを置き、ベッドへと大の字に転がって目を瞑った。
 「お前の好きにしろよ」



*****



 ガチャリとかけられた鍵の音に、ボンヤリと遥香の後ろ姿に見入っていた戒は、そっと子供部屋のドアを閉めた。
 今見た光景をどうとらえればいいのだろう。
 かつて、父と母が同じ寝室を使っていて、そうした光景など幼い頃何度となく見ていた。
 だからそれこそが自然で、現在司の妻である遥香が父と夜を一緒に過ごしていたとしてもなんら不思議なことではないはずなのだ。
 それでも、戒はそれがひどくショックだった。
 ――昔、父や母と一緒に寝たくて、どうして自分が一緒ではダメなのかと何度となく父に訴えたことがある。
 『どうして、ダメなの?俺もお父さんやお母さんと一緒に寝たい』
 当時、戒の子守役だったスイス人のメイドは、それが当たり前のことで、自分の息子も他の使用人の子供たちも一人で寝ているのだから、坊ちゃんも聞き分けなさいの一点張りだったけれど。

 『それじゃ、俺のつくしへの愛情表現が十分にできねぇ』
 『愛情表現?』
 『そうだ、俺がめちゃくちゃつくしのことが好きで愛してて、世界中の誰よりも大切だってことをわかってもらうことだ』
 父の言っていることの意味がよくわからなかった。
 なぜなら、
 『…お父さんがお母さんのことをすごく好きなことくらい、俺だって知ってるし、お母さんだってわかってるよ』
 『全然、足んねぇ。夜はな、惚れてる女にアピールする時間なんだよ』
 『アピール?』
 『そうだ。お前にしかこんな気持ちにはならねぇ、昂ぶらねぇ、勃た……いってぇっ!!!』
 『あんた、いったいこんな小さい子に何を言い出すつもりなのよっ!?』
 あの時は、真っ赤に顔を赤らめて激怒した母に、司が後ろ頭を思いっきり殴られて、詳しく説明しようとした言葉は遮られてしまった。
 結局、両親の部屋で自分が寝ることを許されなかった理由をしかとは聞けなかったけれど、それでも司が母と一緒に寝たがるのは誰より彼女と一緒にいたくて、そうすることが幸せだからなのだということだけは理解できた。
 だからこそ、父が遥香とは一緒に寝ようとしないことに、ひそかな安堵を憶えていたというのに。
 世間が何を言おうと、実際のところはどうなのだろうと、司が今も愛しているのは…つくしだけ、戒の母だけなのではないだろうかと。
 …夜は大好きな人に好きってことを伝える時間。
 他の人がいるところではとても伝えきれない想いを、カタチにする時間なのだとかつて司は言っていた。
 それならば、今の父にとって世界中で誰よりも大切な存在とは、母や戒ではくやはり遥香のことなのか。
 胸のどこかにまた一つ真っ黒な穴が空いた気がした。
 「お父さんの、嘘つき」
 …お母さんのことが大好きだって言ってたくせに。
 …ずっと、ずっとお母さんや俺と一緒にいたいって言ってたくせに。
 大人は嘘をつく。
 けれど、父だけは―――司だけは、母や戒を裏切らないと信じていたのに。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0277】へ
  • 【愛してる、そばにいて0279】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0277】へ
  • 【愛してる、そばにいて0279】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘