「愛してる、そばにいて」
愛してる、そばにいて番外編(短編)

幻想…そこにお前がいれば

 ←愛してる、そばにいて…第一章・扉絵 →愛してる、そばにいて…第一章表紙画
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「か~い、どこぉ?」
 「…ぷっ、ぷ、ぷ、…ぐふっ」
 本人的には隠れているつもりなのだろう、ミツバチよろしくオムツで膨れたお尻を高く掲げ、低木の影に頭だけを隠して戒が含み笑っている。
 そのお尻を視界の隅に収めながら、1mほど離れたところで、わざとらしく周囲をキョロキョロしては、つくしが両腕を組んでうんうん唸っている。
 「おかしいなぁ、たしかこの辺に隠れたと思うんだけど」
 「うぷぷぷぷ」
 「こっちかなぁ?かい?」
 いるはずもない岩陰を覗き込んでは「いない」と首を振って、また周囲を見回しては、戒が潜んでいる低木の周囲をぐるぐると探し回る。
 つくしに見つからないことにご満悦の戒の顔周りは、ニマニマ笑いで口を閉じる暇もなく、溢れた涎ですっかりベチャベチャだ。
 「いるかなぁ、いるかなぁ、いるかなぁ?」
 わざと戒の後ろ側に回って、声をかけながら一歩二歩近づく母の気配に、戒の喜びは最高潮だ。
 「あああ!いたぁ!!」
 つくしが、ばああぁ!とばかりにかがみ込んで戒の顔を覗き込む。
 途端、弾けるように甲高い歓声が上がった。
 「キャハッ、キャハッ!!きゃははははははっ」
 つくしが戒を抱き上げると、両手両足をバタつかせて喜ぶ、戒の口の端からまたも銀色の涎が飛び散った。
 「あははは、戒ったら、汚いなぁ~。そんなに嬉しかったの?」
 汚いと言ってるくせに、笑み崩れたつくしの顔は戒以上に嬉しそうだ。
 戒の襟首に巻いたスタイで涎に汚れた顔周りを拭いてやりながら、ぷくぷくの頬っぺたや額にキスをしては突っついて、もっと喜ばせる。
 「あぁ、あんたってなんて可愛いの!」
 「あーあ、あーあ!」
 「か~いぃ~、大好きぃ」
 「ぷぷぷぷ、ぷふふふ」
 頬っぺたと頬っぺたをくっつけ合っては、意味もなく互いの名前を呼び合って嬉しがる。
 つくしは本当に幸せだった。
 そして、たぶん、彼女を一心に慕って笑ってくれる戒もまた幸せなのだと信じられる。
 「とーた、とーた」
 「……ん?」
 ひとしきりつくしと頬擦りしあって笑っていた戒が、つくしとは明後日の方向を向いて、さかんに屋敷の窓の方を指差してはアピールし出す。
 「あ~」
 戒の言いたいことは、もちろんつくしにもすぐにわかった。
 「戒、お父さんとも遊びたいの?」
 「う~、とーた、とーた!ああ」
 しかし…、
 「ん~、どうかなぁ。今日はランチの後に少しだけ秘書さんと打ち合わせがあるって言ってたけど…」
 こんな陽気のいい昼下がりの午後は、本当に久しぶりで、できたら家族水入らず散歩に出かけたいのはつくしも戒と同様だった。
 それでも戒とは違って、つくしには司の立場がわかるし、自分たちのために無理をさせたくはなかった。
 …ただでさえ、いつもヘトヘトになるほど頑張ってるのに。
 秒刻みのハードスケジュールだけではなく、常に司の肩にはつくしでは測りしれぬ大きな責任とプレッシャーが架せられ、その若さに見合わない激務を強いられている。 
 それらすべて…。
 「…たぶん、私のせいなんだよね」
 ぐるりと見回す広い庭は、隣接する隣家との間にもう2,3軒は家が立ちそうな広さだ。
 つくしからすれば、十分普通の家とは違う。
 しかし同時に、彼女はNYや東京の広大な屋敷を知っている。
 この大きな家さえも、本来の司の生まれには相応しくないものだとわかっていた。
 …門からも車で移動したりするんだものね。
 ついついぬいぐるみよろしく戒を抱きしめたまま、いつの間にか物思いに耽ってしまっていたらしい。
 「ん~、んん~、うううっ!!」
 腕の中の子供がバタバタと暴れ出して抗議するにあたって、やっと我に返る。
 「あ、ごめん、ごめん、苦しかった?」
 「とーた!とーたぁ!!」
 …うげ、やばっ。
 いつまでも要求が受け入れられないことに、戒の顔がむうっと膨れ出し、不機嫌に歪んでしまっていた。
 「…あのさ」
 「とーたああああ!!」
 「ぎゃっ」
 大声で叫びだした我が子の雄叫びに、慌てて口を塞いで、なんとか機嫌を取り結ぼうとあやす。
 「むごぉっ、むごむごおおお!!」
 「…まったく、ホントあんたって、一度言い出すとちっとも私の言うことなんて聞いてくれないんだからっ…ハァ」
 可愛い我が子が、容姿だけではなくその気質まで父親である司にそっくりなのはいいことなのかどうか。
 ベタベタと甘えたで、猪突猛進なくらいに感情のおもむくまま素直な子供だったが、それだけに感情の起伏が激しく欲望に忠実だった。
 「このまま司まんまの子に育ったら、私はあんたの将来が心配よ」
 やれやれと、戒の要求どおりに屋敷の窓辺へと歩み寄る。
 「…シーよ?大きな声出したらダメだからね?」
 「んん」
 本当にわかっているのやら。
 うんうんと頷く戒の口から手を離してやり、司の執務室の窓を覗き込む。
 しかしどうやら司の方も、ちょうど仕事に一段落ついたらしく、見慣れた秘書が一礼して執務室を出てゆくところだった。
 重厚な執務椅子に腰掛けていた司が、フウッと肩で息を吐き、落ちてきた前髪をかきあげながら立ち上がる。
 と―――、
 「とーたぁ!!!」
 「げっ」
 叫んだ戒の声に、司が顔をあげ…。
 『……何やってんだ、お前ら』
 唇のカタチがそう動いて、本当に嬉しそうな―――満面の笑みを浮かべた。



~Fin~



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて…第一章・扉絵】へ
  • 【愛してる、そばにいて…第一章表紙画 】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて…第一章・扉絵】へ
  • 【愛してる、そばにいて…第一章表紙画 】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘