「中・短編+」
ずっと君だけを見ていた…7話完

ずっと君だけを見ていた3

 ←愛してる、そばにいて0256 →ずっと君だけを見ていた4
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「えっ!」
 クスリと笑った電話の向こうの類の声は、あたしの緊張をよそに、場違いなくらいに明るく軽快で…。
 もちろん、あえて類がそう装ってくれているのはわかってる。
 いつも、いつも、いつも。
 あたしが、類に気兼ねすることがないように。
 あの、人の気持ちなんて斟酌しそうもないマイペースな類が、細やかな気遣いと優しさであたしを包んでくれている。
 クールな表情の中に隠された、温かな情愛。
 『牧野がそんな申し訳なさそうな声出す時って、必ずお金のことじゃん』
 「…うっ、本当に、ご迷惑おかけします」
 実はパパの闘病生活の費用のほとんどすべてを賄ってくれているのは、類だった。
 もちろん、いくら恋人だからって、最初はあたしも類を頼りたくなかった。
 でも、2年前…ちょうど、類と付き合い初めて発覚したパパの病は、いわゆる不治の病ってやつで、普通に治療していても莫大な金額がかかるというのに、我が家はいつもカツカツでロクな貯金も保険にも入っていない状態。
 それに、普通の治療だけではそう長く生きられないことは明らかだった。
 そんなあたしに手を差し伸べてくれたのは、当然のごとく類で、自分のことならともかくパパの命がかかっていることで意地を張ってる余裕なんてなかった。
 今現在、パパが選択している治療は、いわゆる日本国内では認められていない、アメリカで注目の最新医療で、この治療により数年は確実に延命できるというもの。
 でもそれだけでに、莫大な費用がかかるのは当然のこと。
 『俺にとっては家族になる人だよ?』
 「……」
 『もし、牧野が俺の立場でも、きっと同じことしてくれたと思うし』
 「……うん」
 『できることはしてあげたいんだ。お前の為じゃない。俺の義父になる人の為の孝行のつもりだよ?それに、牧野、俺のこと見くびっていない?俺、なにげにけっこうな資産家なんだから、パパさんの治療費どころか、お前を御殿に住まわせてあげることだって全然楽勝だよ?』
 「……はは」
 御殿…はまあ、冗談にしろ、あたしからしてみれば、類のお屋敷だって十分御殿みたいなもの。
 それに、あたしは…。
 「御殿になんか住まわせてもらうより、類とずっと一緒にいられればそれだけで幸せだよ。たとえこの先どんなところに住むことになったとしても、あたしには類がいるところが御殿みたいなものだもん」
 『っ…………牧野、なんか、変なものでも食べた?』
 「はあ?」
 し、失礼なっ!
 たまに素直になっただけで、変なものを食べた呼ばわりされるなんて。
 大好き。
 本当に、あんたと一緒にずっといられれば、それだけであたしは幸せな女でいられるの。
 パッパッ―――ッ。
 ビクッ。
 背後から聞こえたクラクションの音に、類との通話を繋ぐ携帯を耳にあてたまま、振り返れば、ちょうど今出てきたばかりのコンビニに入ろうとしていた車と、真っ直ぐに道路を横切ろうとしていたバイクが、危うく接触するところだったらしい。
 …あっぶないなあ。
 とりあえずは事なきを得て、双方何事もなかったかのようにそれぞれに発進しだしてるけど。
 『……なに、今の音?』
 あちゃ。
 『まさか、牧野、今、外なの?』
 「え~、あ…うん。ざ、残業でね」
 電話の向こうの類の声のトーンが幾分下がった気がした。
 『お前、言ったよね?残業しても午前様にはけっしてしない。暗い夜道を一人で歩いたりしないって』
 ぐはっ、や、やっぱり、されちゃう?お説教。
 「えっとぉ」
 『どうしてもって時はタクシー使用を約束したはずだけど?』
 「えっと、えっとぉ」
 まだ0時にはなってないからとかいう言い訳じゃ、ダメだよね?
 普段はフワフワ、ぼんやりしてるような男だけど、怒ると怖い。
 すっごく怖い。
 どれだけ怖いかって、周囲の空気が氷点下に凍っちゃうんだよ。
 けっして暴力的とか、威圧的ってことはないのに、凄い迫力がある。
 あの綺麗な顔で、冷たく無表情になんか見据えられたら…とか、電話で顔なんて見えなくても、想像するだけで怖かった。
 「ごめんなさいっ!」
 『…SP』
 「今の時期だけだからっ。たまたま有給とるのと、今の決算の時期が重なっちゃっただけなのっ。ふ、普段はこんなには遅くならないし、タクシーも捕まえられるんだけど、今日に限って捕まらなくて」
 ちょうど目の前にバスが来たもんだから、ついフラフラっと。
 実際に、最寄りのバス停付近までは、下手にタクシーを捕まえるよりも早く辿りつけたと思う。
 とはいえ、夜間の一人歩きはしない。
 危険には近づかない。
 何かあったら類に報告する。
 そういうことを約束した上で、あたしにSPをつけるという類を思いとどまらせてきたんだ。
 「ごめんなさいっ」
 『……フゥッ、いいよ、そんなに平謝りしなくて』
 …え~、でもぉ。
 どう聞いても、類の声はすっかり不機嫌になってしまっていて、まだ収まりきれない怒りを含んでた。
 『怒ってるんじゃないよ』
 「………」
 『心配してるだけだ』
 「…うん」
 わかってる。
 類がパパの治療費を出してくれるのも、あたしに護衛をつけたがるのも、夜間に一人でウロついちゃダメだとか口を酸っぱくお説教するのもあたしの為。
 あたしを愛してるから、大切にしたいと思ってくれているから。
 …お説教だなんて、類のキャラじゃないのに、それをあたしがさせている。
 「あのね、SPとかは…」
 『明日からつける』
 「気をつけるからっ!」
 だから、お願い。
 「結婚するまでは、普通に暮らさせてっ」
 『…牧野』
 類と一緒にいられれば、そこが御殿だと言った気持ちに変わりはない。
 でも、類と結婚するってことは、本当にその御殿に入ることなんだ。
 窮屈…なんていったらバチがあたる。
 でも、生まれながらにそういう生活に慣れていないあたしには、常時誰かがあたしを監視しているという生活が馴染まない。
 もちろん、監視してるんじゃなくって、守ってくれるんだってわかってる。
 でも、たぶん、そうやって少しづつ、類との結婚が近づけば近づくだけ、あたしと周囲の距離は広がってゆく。
 類と付き合ってると知られただけで、離れて行った人もいたし、逆に阿るような人もいた。
 普通でいたい、なんて、自分でもバカなワガママだってわかってる。
 だけど…。
 『婚約を正式に世間に発表するまでだよ』
 「類…」
 『牧野の気持ちもわかってるつもり』
 「……うん」
 『でも、俺と結婚する相手だって世間に知られてば、営利誘拐とかだってあるんだ』
 …そうなんだよ。
 今までのあたしの常識ではきっと通じないことがたくさんあるんだよね。
 『だから、牧野がどんなに窮屈だって嫌がっても、これだけは譲れない。婚約を発表したあとは、SPをつけること。出かける際は送迎の車を使うこと…今一人暮らししているアパートを出て、俺と一緒に屋敷かどこかのマンションに住むこと』
 「え~」
 SPはともかく、類と同棲って…。
 『お願い、俺のワガママもある。でも、それだけじゃない。お前を守りたいんだ』
 類の真剣な声音に、あたしは頷かざる得なかった。



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2





※牧野パパの受けている治療は、自由診療ってやつで、一切、保険がきかない設定。
検索してみるとわかりますが、一概にガンの治療といっても、保険が効く治療、保険分+アルファの先進医療、本来の保険料分まで自己負担になってしまう自由診療など、治療の方針の選択によって、費用は天地に。


関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0256】へ
  • 【ずっと君だけを見ていた4】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

SPがいる生活って、どんななんだろう…
まぁ常に監視の目があるって嫌ですよね…
気遣いさんの場合特に。
SPをつけてない時に起こったと…
これは類君ショックというか自分を責めそうですよね。
それにしても車の描写とか、もしやこれ伏線?いや暗示?とか、妄想して面白いです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0256】へ
  • 【ずっと君だけを見ていた4】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク