「中・短編-」
恋とウソと誤魔化しと…7話完

恋とウソと誤魔化しと…1

 ←愛してる、そばにいて0254 →恋とウソと誤魔化しと…2
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

恋とウソと誤魔化しと…

 CPは総二郎×つくし。
 つくし&総二郎ともに社会人。
 総二郎は家業につき、つくしはOLとなって一人暮らしをしているという、最初から長い付き合いの恋人設定。
 原作的に司との別離は、遠恋時代に円満解消?
 そこらへんの詳細設定は短い話なので、特に考えていないので、皆さんの妄想にお任せ!
 一応、記憶喪失分岐ではありませんが、そこは皆さん次第で^^
**********

 久しぶりに総と外で待ち合わせたランチ。
 普通にOLをしていて土日休みのあたしと、茶道家元家の若宗匠の総とではここのところ上手く休みが合わなくて、今日も、総がホテルのイベントホールでデモーストレーションをするのに合わせて、わざわざ電車で出てきた。
 「悪かったな」
 珍しく殊勝に謝ってくるから顔を見上げてみれば、五月人形の若武者みたいな美貌に疲れが見えた。
 「いいよ。どうせ、あたしも特に予定あったわけじゃないし」
 天気が良かったから、平日に片付けられなかった大物の洗濯物や大掃除をしようと思ってた程度。
 洗濯や掃除なんて、明日だっていいわけだしね。
 そもそも肝心の?総の方が、ホケホケとウチに泊まりにくる余裕なんてなかったから、それほど力入れて綺麗にしなくても気にならないくらいには片付いている。
 …ハァ。
 「……ハァ。参った」
 びっくりした。
 総が参っただなんて、弱音を吐くこともそうだけど、あたしがちょうど内心で溜息をついたのとほとんど同時に総までもが溜息をつくんだもん。
 そんなに疲れてるんだ。
 そりゃ、そうだよね。
 今日もこの後、新幹線で京都に移動で、茶会のデモーストレーションの為にホテルやデパートのイベントホール巡りだって言ってたっけ。
 「あのさ」
 「ん?」
 「いくら若いって言っても、あんまり無理…」
 「お、エレベーター来たぞ」
 無理したらダメだよ、って言いかけたのを遮られて、エレベーターに押し込まれた。
 「ちょっ、なにすんのよっ!」
 ドアが閉まるか閉まらないかで、肩に腕を回され抱き寄せられてしまった。
 あたしたちの後にレストランから出てきた人と、今、なにげに目が合わなかった?
 もしかしたら見られちゃったかも。
 は、恥ずかしすぎる。
 焦るあたしをよそに、総の方は一人で色気なんて出しちゃってる。
 耳元で囁かれる少しハスキーな低音が艶っぽくて、ドキドキしちゃう。
 「無理もするさ。後援会やら一門の狸ジジイども、俺がヘマすんのを今か今かと手ぐすね引いて待ってんだぜ?ヤツらの前で情けないところなんて見せられないだろ?」
 「……総」
 たぶん…あたしとの交際がなかったら、そこまで総が無理をすることはなかったんじゃないかと思う。
 普通に子供の頃から決められたレールに従って、政略結婚をして、家を継いでって…。
 「ハ―――ッ、マジ、充電不足。このあと、京都に行くんじゃなかったら、このままお前を上のホテルの部屋に連れ込めんのによ」
 「バッ、何言っちゃってんのよっ!」
 「俺、欲求不満で死にそう」
 顔を傾けた総に首筋に吸いつかれたタイミングで、階上に到着したエレベーターのドアが開いた。
 「ぎゃっ!」
 ドフッ。
 「ぐっ、いってぇっ!!」



*****



 横っ腹に決まったあたしのエルボーにいつまでもお腹を摩っていた総だけど、さすがにエントランスを出て、送迎のリムジンが停っている車止めのあたりまで着いた頃には、そのダメージもすっかり回復したらしく、さっきまでブーブー言って痛がっていたのが、嘘みたいに澄ました顔だ。 
 …っていうか、絶対わざと大げさにしてるよね。
 あたしだって手加減してるんだし、女の細腕でちょっと肘打ちしたくらい、撫でたようなもんでしょ?
 リムジンの前で何人かの総のお付の人が待っているのが見えて、あたしたちに気がついていたらしく、会釈をするとあちらも丁寧に会釈を返してくれる。
 「あれ?三沢さんたちと一緒にいる人たちって…?」
 男の人三人と、女の人一人。
 そのうちの二人はあたしもよく知っている西門家の運転手さんとお弟子さんだったけど、あと二人は見覚えのない人たちだ。
 「ああ、今回の日本伝統振興イベントを取り仕切ってくれるイベント会社の担当の人達」
 「へぇ?」
 「ここでもそうだけど、各地のイベント会場に随伴して、現地の手配や地ならし、俺たちと会場側のパイプ役を請け負ってくれてる」
 「そっかぁ」
 そういう会社もあるんだなぁ。
 立ち話をしていると、待っている人たちの一人が、腕時計を盛んに気にしているのに気がついた。
 …そっか、時間。
 忙しいんだろうに、のんびりこんなところで引き止めているわけにはいかない。
 総も気がついたんだろう。
 「そろそろ、行くか」
 「うん、頑張ってね。あたしももう帰るね」
 遠目にバス停が見える。
 歩いて駅まで出られないわけじゃないけど、迷ったせいもあってここまで来る時にはけっこう大変だった。
 「どうせ駅まで一緒だし、乗って行けよ?」
 「いやいやいやいや」
 それはマズイっしょ。
 いくら西門家のリムジンとはいえ、今、総がここにいるのはいわば仕事。
 ましてや馴染みの西門一門の人たちだけならともかく、外部の人がいるのに、公私混同だよ。
 コツンとあたしの頭を大きな手が拳で小さく小突いた。
 「痛い」
 「わけあるか。さっきのお前のエルボーの方がよほど痛かったぜ」
 「ははは」
 「まったく、お前はいつまでたっても妙なところで堅ぇんだからな」
 「…性格ですから」
 歩きながらそんなことを言っているうちに、あっという間にリムジンの前に到着。
 待ち受けていた人たちにあらためて挨拶をする。
 「こんにちは」
 「こんにちは」
 「お久しぶりです、牧野様」
 「…こんにちは」
 「どうも」
 にこやかに挨拶を返してくれる三沢さんたちに対して、初対面のイベント会社の人たちは怪訝な顔だ。
 それも当然の反応かな。
 こういった一流ホテルにあたしみたいなド庶民がいるのは、まあ、ないことではないかもしれないけど、天下の?西門総二郎と、いかにも親しげに歩いているのがあたしみたいな女なんだもん。
 あたしだって自分のことじゃなくって、もし他人事だったら奇妙に思うだろうから。
 「もしかして、若宗匠の恋人の方ですか?」
 イベント会社の女性に尋ねられた。
 綺麗な人だな。
 仕事だからかキツく長い髪をシニョンにまとめていて、派手じゃないけど、出るところは出ていて、…いわゆるボン・キュってタイプ?
 総のタイプとはまた違うけど、正直、こういう魅力的な女性が総とベッタリ一緒にいるのってあまりいい気がしない。
 もともと茶道って女性が多いし、綺麗な人が総の周りにいることも珍しくはなかったから、いまさらだけど。
 「ええ、俺の婚や…」
 「いえ!!」
 婚約者とか堂々と宣言されそうになって、ギョッと慌てて遮る。
 それはあくまでも内輪のことでしょっ!?
 総のご両親やうちの親にはある程度挨拶を済ませて、お互いにはそのつもりだけど、総の事情が事情で、西門家としてはまだ正式に認められていない。
 それにこんな往来で、総のことを知っている人もいるのにそんなことを言われたら、どこにどんな情報が流れてしまうかわかったもんじゃない。
 昔、道明寺と付き合っていた頃にあった、マスコミ関係や周辺のあれこれが蘇る。
 あたしは、あくまでも一般人でいたいのよっ。
 「恋人とかじゃありません。あたしたち、高校時代の先輩後輩、ただの友達です」



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0254】へ
  • 【恋とウソと誤魔化しと…2】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

安定の総ちゃんの色気!!!
文章なのに色気がだだもれてますよ!!!
っていうのは、私が総ちゃんにフェロモンを感じているからなのでしょうか笑

それにしても、つくしちゃん…
そんな風に説明しちゃうと総ちゃん怒っちゃう?笑
これからどんな仕返しがくるのか楽しみです!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0254】へ
  • 【恋とウソと誤魔化しと…2】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘