FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日⑤

愛してる、そばにいて0245

 ←愛してる、そばにいて0244 →愛してる、そばにいて0246
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 真っ赤な顔のつくしに言葉を遮られて、司が口を閉じる。
 「あの、…その、え~、よかったら、お水…飲む?」
 意気込んで聞いてきたわりには、ごく普通の提案。
 「い、いらない?」
 「…ああ。もらうか」
 「うん」
 素直に頷いて、手に持っていた司の衣類を奥のクローゼットにかけに行ったつくしが戻ってくるのを、司がなんとはなしに見守ってしまう。
 すぐに戻ってきたつくしが、キッチンに備え付けられた冷蔵庫の前に立つ。
 「えっと、お水とか…あ、あった!すご、ここ普段使ってないんだよね?お水どころか、お酒やらジュースも完備とか、いったいどこのホテルよ」
 独り言が大きい。
 だが、今日のつくしはいつもとは違い、どこか変だった。
 …何かを隠している?
 「えっとぉ、うわぁ、水だけでも何種類あるのよ、これ。ホント、金持ちって」
 今更ながらのことをしきりに感心しては、呆れて、悪態をついている。
 しかし、大きな声の独り言も、そんな自分の落ち着かない気持ちを落ち着かせようとしているかのように、妙に空々しく上擦っていた。
 「あの…はい、これお水」
 ミネラルウォーターを注いだグラスをつくしに差し出され、何気なく受け取って、シュワシュワとグラスに出来ている水泡に首を傾げた。
 「これ、ペリエじゃねぇの?」
 「え?」
 一口口に含む。
 無味無臭の炭酸水の泡がわずかに舌先を痺れさせ、ないはずのわずかな苦味を感じさせる。
 「ペリエだな」
 「…えっと、ダメだったかな?」
 「別にいいけど」
 こだわるほどではない。
 あえて好んで飲むほどではないが、強い酒の合間の舌休め的に飲む時もあるし、最近ではアルコールを控えて食前酒代わりに飲むこともあったから。
 むしろ…、
 「お前の方が、ダメなんじゃなかったか?」
 自分用に注いできたらしいグラスを手に、横に座ったつくしを振り返ると、なぜか手に持った水を飲むことなく、ジッと司を伺っていた。
 「…牧野?」
 「え?あ……っと」
 慌ててグラスの水を口に含んで、「うげ、まずっ」と顔を顰めている。
 妙に子供じみたそのつくしの正直な反応に、司がクツクツと笑う。
 「ぷっ、変なヤツだな」
 「…だって」
 「苦手なもんなら、最初から持って来なきゃいいだろ」
 「そうなんだけどさ。その…え~、あ!ほら、ここの冷蔵庫って、横文字のもの多くて、馴染みのないメーカーのものばかりだから、普通の水だと思ったの。うん、そう!」
 「…ふーん」
 あきらかに挙動不審だった。
 しかし、それを言ってしまえば、いつもは必要以上に傍に寄ろうとしないつくしが、人一人分離れているとはいえ、わざわざ司の隣に座っている奇妙を思う。
 だが、その奇妙さは、今日初めてのことだけでなく、ずっと…彼女が自分に歩み寄ると言い出したあの日から続いている違和感だと今更ながらに気がつかされる。
 だが――。
 …だから、どうしたって言うんだ。
 たとえ、この女に欺かれ寝首を掻かれるのだとしても、司にとってそれこそ本望で、目の前の彼女に何をされたとしても退けるつもりにはなれなかったし、拒むことなどできようはずもない。
 彼女が与えてくれるものは、たとえどんなものであろうと、司にとって乾ききった大地に注がれる甘露にも等しかったから。
 「で?」
 「……で?」
 「こんな時間にさっさと寝室にも篭らず、わざわざ飲み物出してまで、俺を引き止めるからにはなんか話があんだろ?」
 「…………」
 見透かされていた、いやそれも当然か。
 緊張に渇いた喉に、再び舌に痛い炭酸水をゴクリと流し込んで、つくしはなんとかその言葉を絞り出す。
 「あのね。あの、あたし…、あたしね、今夜、あんたと一緒のベッドで寝たら、ダメかな?」
 司の視線が痛い。
 ドキドキと動悸打つ胸の鼓動の動揺を抑え、つくしが言葉を続ける。
 「む、昔を忘れて…い、今の現実を、生きたい。…受け入れたいの」




web拍手 by FC2





※ペリエ=スパークリング・ナチュラルミネラルウォーター。いわゆる単なる炭酸水。味がなくって、私的にはゲロまずいっすTOT
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0244】へ
  • 【愛してる、そばにいて0246】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私もペリエ駄目です笑
って、そんなことじゃなく…
多分司の想像の上をいく復讐に…私の心も警鐘を鳴らしています。。。
多分司にとっては、死よりツラいはず。
幸せな気持ちにさせて…これは私もツラい。。。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0244】へ
  • 【愛してる、そばにいて0246】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク