「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日⑤

愛してる、そばにいて0238

 ←Broken Heart~真情~ 【あきら×つくし】 →愛してる、そばにいて0239
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 司の目が見開かれ、息を飲む。
 「…姉貴のところって、本気か?」
 かすれた声音での返事は、それでもむやみにつくしを一刀両断せず、一応は話し合う余地を残してくれているのか。
 「お姉さんのところ…っていうのは、まあアレだけど。今のあたしにとっては、よく知らない人だし…でも、あんたがどうしても、あたしと離婚してくれないっていうんなら、別居というのでも…そういうのもありかとは、思う」
 「それに意味があんのか?」
 意外な反論。
 ハッと見返した司の顔は、怜悧で冷たかった。
 …あの人によく似ている。
 つくしの苦悩を淡々と見つめ、逃げているだけで解決になるのかと指摘し、嘲笑った楓の顔に。
 タマはつくしが本当に望めば、司も別居に応じるだろうと言っていた。
 その言葉をそのまま鵜呑みにするわけではなかったが、もしかしたら…という望みもなかったわけではない。
 「俺は、そうだな。お前がどうしてもそうしたいというのなら、応じてもいい」
 「……っ」
 「どちらにせよ、今の状態もほとんど別居と変わりがない。一応は、俺もしばらく仕事をセーブするつもりだし、ここんとこ海外出張もなかったからわりに屋敷にいはするが、元々お前が出張についてこなけりゃ、月のほとんど世界中飛び回ってロクロク家族と同居してらんねぇ因果な身の上だ」
 思わぬ方向から差し込んできたわずかな光。
 …今の状況を変えられるかもしれない? 
 しかし、タマの勧めもあって口に出しては見たものの、実は元々それほど‘別居’を強く望んでいたわけではなかった。
 なぜなら、それは――。
 「が…、お前にとって、その別居つーのはなんの意味合いがあるんだ?」
 「意味合いって」
 「俺がお前たちに会おうと思えば、世界中のどこからでも会いに行くさ。が、離婚と別居は違う。お前が離婚を望むのは、俺が嫌いで憎くて離れたいっつーのもあるだろうが、それだけじゃないだろ?」
 つくしがこれまで、それほど強く別居を望んでこなかったわけ。
 それは司の言う通り、離婚と別居は異なるもので、司に会いたくないという意味合いでは、今でも十分それは可能なのだ。
 戒の感情もあるから、それが実際にできるかはともかくとして、この広大な屋敷にいて、部屋さえ完全に分けてしまえば、今以上に会わないでいることもできるし、さらにまったく顔を見ないでいることも可能だろう。
 しかし、道明寺家からは逃げられない。
 常に道明寺でいること…‘司の妻’という名前からは逃れられないのだ。
 自分の人生を生きこと。
 すべての柵から自由になって、新たな未来を探すこと…それらすべてに関して、別居では叶わない。 
 しかし、今は…。
 「でもっ、そうしたいのっ」
 「………」
 テーブルに肘をついた両手に顔を埋め、つくしは悲鳴のような軋る声で叫ぶ。
 「あんたから離れたいの」
 …本当にあんたを愛してしまう前に。
 司を愛して、憎む自分と愛して司を慈しみたいと思う相反する自分との相克に引き裂かれてしまう前に。
 桜子は言っていた。
 憎んでいるからと言って、愛せないわけではないと。
 タマは言っていた。
 依怙地にならず、自分の真実の望み…心を見定めよ、と。
 だが、彼女たちは知らない。
 だからこそ、そんなことが言えるのだ。
 愛せるからといって、赦せるわけではないのだと、つくしも当事者になって知った。
 たとえ愛したとしても、赦すこととは同義ではないのだ。
 愛と憎しみはよく似ている。
 ともに誰かを一心に想い、心から締め出すことができずに、常にその誰かを心に住まわせることだから。
 …だから。
 だからきっと勘違いしてしまったのだ。
 愛と憎しみを。
 司を憎んで…愛してるのだと錯覚してしまった。
 あの日が…。
 たくさんの彼の仕打ちが、つくしの記憶の中で何度も何度も甦って、そのたびに彼女を苛み傷つけ続ける。
 …あんたがどんなに変わったのだとしても、真実、別人になっていたのだとしても。
 司を憎む心は澱となって彼女の心を荒ませ、壊してしまった。
 赦す心を。
 強さを。
 …もう戻れないよ。
 人は変わってしまう生き物だから。
 だからこそ、かつての彼女はおそらくもう死んでしまったのだろう。
 「どうしてシャッツは死ななければならなかったの?」
 「……っ」
 …なんで、あんたはあの子を殺してしまったの?
 自分一人の苦しみだったら、たぶん諦められた。
 彼への哀れみと愛しさに、いずれは絆され、遠い過去のことだったと水に流して、もしかしたら彼を赦せる日があったのかもしれない。
 けれど、罪のない小さな生き物の命を…、彼女が愛して大切にしていた存在を、平然と奪って殺してしまうことができる男が語る愛の、なんと空々しく恐ろしいものであるのか。
 …あんたはいつか、またあたしから大切なものを奪って壊してしまうんじゃないの?
 そんな懐疑を絶対に忘れたりできない。
 してはならない。
 そうでなければ再び起こるだろう悲劇を、もう二度とは見たくはないから。
 「ど、うしてっ、どうして…」
 「俺にも……わかんねぇ」
 司の言葉に、カッと激情が甦った。
 「わからない?わからないですって?」
 手の中に伏せていた顔をあげ、つくしがキッと司を睨む。
 「あんたの愛ってなに?どうしてあたしに執着するの?好きなら相手の幸せを願うのが本当の愛情でしょ?愛してる相手の大切なものも大切に守って、それがあたしにとっての愛情なのよ」
 「俺は………」
 司の顔が苦しげに引き歪む。
 「でも、あんたは違う。あんたは昔と少しも変わってない。何が変わったにしても、あたしにとってのあんたは、微塵も変わってなんかいないのよっ」
 司の顔は透き通って青白かった。
 その表情はいつものように冷たく冴えているばかりだったけれど、その顔色だけが彼の真実の心情を語っていた。 
 そして、その顔をかつての彼女は、ただ冷酷非道なものとしてしか感じてなかった。
 彼女が何を言おうと、どう苦しもうと、少しも斟酌せずに何も感じていないのだと。
 けれど、いつの間にか知ってしまった。
 その冷たい仮面の奥底の顔を。
 笑いたければ笑い、泣きたければ泣く、そんな当たり前のことを知らない男の哀れを。
 …感じてないわけじゃない。
 それがわかっていても、つくしは言わずにはいられなかった。
 「あたしを愛してるって言うんなら、あたしを解放してよ。今度こそ、あたしを帰らせて…あたしが元々生きていた、あたしが生きるべき本当の世界に」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【Broken Heart~真情~ 【あきら×つくし】】へ
  • 【愛してる、そばにいて0239】へ

~ Comment ~

「わかんねぇ」の意味は?

こ茶子様、こんばんは。
シャッツが死ななければならなかった理由について、司君は「わかんねぇ」と言ってますが、これは「(自分が命じてさせた訳じゃない。気が付いたら、ああなっていて何故そうなったかは俺にも)わかんねぇ」という意味では? 確かに口では「殺すぞ」と脅してましたが、本当にそうするつもりはなかったと思います。当時のつくしちゃんがシャッツをどれほど可愛がっていたかはよく知っていた筈だし(だから「シャッツ」と名付けたんだし)、そんなことをすれば心底嫌われるというくらいはわかっていたのでは? でも、つくしちゃんには伝わっていない。より溝を深くするだけのようですね…。
いつもお話に関して、こちらが言いたいことだけを脈絡なく送っているだけのコメでゴメンナサイ…m(_ _)m

切なく、苦しいです

こ茶子さま。
はじめてコメントを書きます。
「愛してる、そばにいて」いつも楽しみに読んでいます。あまりに切なく、苦しくなってきたので思わずコメントを書きました。
彼らはどうなるのでしょう....
つかつくファンの私はハッピーエンドを望んでいます...。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シャッツの真実はいずれつくしにもわかる日が来るのかな…
こんなにも憎い人を愛したくないという、つくしの気持ちも理解出切る気がします。
(体験した訳ではありませんが笑)
でもつくしちゃんもそんな自分の気持ちに気付いているということに今は一安心?!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Broken Heart~真情~ 【あきら×つくし】】へ
  • 【愛してる、そばにいて0239】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘