「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日⑤

愛してる、そばにいて0234

 ←愛してる、そばにいて0233 →愛してる、そばにいて0235
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 『赤ん坊が言葉を憶え、人に気持ちを伝える術を学ぶように、どんな人間も経験を糧に、今の自分よりずっとマシな生き物になるんだよ。…あんたに必要なことなら、それは仕方がないことなんだろう。けどね、その前に、よく自分の心を見極めるんだよ。人の言葉や過去からの幻影に囚われるのではなく、今、今だよ?今、自分が本当に望んでいることはいったいなんなのか』
 …過去ではなく、今の自分。
 けれど、つくしにとっての『今』とは、いったいどの自分のことなのだろうか。
 今ここにいる自分が、本当に現実の自分なのか、それさえもわからなくなることがあるというのに。
 一度、自分のすべてを失い、一から新しい人間になって、そして再びまた失ってしまった。
 もしかしたら、ここにいる『牧野つくし』という人物は、過去からの単なる亡霊であって、本当はもうこの世にはいない存在なのかもしれない。
 …そんなのイヤだ。
 たとえ『道明寺つくし』が本当の彼女なのだとしても、今、ここにいる…ここで過去からの幻影に苦しめられ、嘆き、哀しみ…そして、自分で掴み取る未来が欲しいと切実に願う自分こそが、幻影そのものなのだとは思いたくはなかった。
 …今、あたしは確かにここにいて、生きてる。
 ‘道明寺つくし’ではなく、‘牧野つくし’として。
 『もし、あたしが自分の望みのままに未来を選んだとして、それで誰かが傷ついてしまったら?あたしの選ぶ道が間違っているとしたら、あたしはいったいどうすればいいんですか?』
 もしかしたら、つくしがタマの大事な‘司坊っちゃん’を完膚なきまでに傷つけようとしているのだとしても、この老婆は同じことを言うのだろうか。
 ―――あんたに必要なことなら、それは仕方がないことなんだ、と。
 あるいは、
 『もしまた間違った道に踏み込んでしまって…それで取り返しのつかないことになってしまったら?』
 司に絆されて、また自分を壊してしまう結果になってしまうのだろうか。
 …そんなのもうイヤ。あたしは今度こそ、自分を生きたい。
 そうでなければ、今度こそ、もう二度と立ち上がれはしないだろう。
 『間違ってるか間違ってないかなんて、誰が決めるんだい?自分だろ?それに人間生きてるかぎり、取り返しがつかないことなんて何一つないんだよ。ただ、けっして諦めちゃいけない、それだけだ』
 …なにを?
 『絶望して投げてしまうことなんていつだってできる。人はね、どっちみちいつかは誰だって死んじまうものなんだ。急いだって急がなくたって、同じことだ。それなら、何をしても一生。一生分足掻いて立ち上がり続ければいいのさ』
 一瞬虚ろになったタマの目に、いったい何が映ったのだろうか。
 戦争で夫を失い、恩を受けた道明寺家に尽くし仕えるだけで70年。
 気が遠くなるほどの歳月だ。
 この老婆の中でどれほどの哀しみと苦悩、嘆きが通り過ぎ、そうした境地に至ったのか。
 『人は迷う生き物だし間違うことも珍しくはない。あたしもこんな歳になっても、いまだにわからないことばかりだ。大切な人たちに、いったいこのちっぽけな年寄りが、何をしてやれるのかってね。でもさ、迷うからこそ人間ってやつは可愛いものだし、いくらでもやり直しができる生き物なんじゃないかねぇ』
 『…………』
 タマの言葉に返せるものが、若輩のつくしにはまだあるはずもなく、また素直にそうですね、と頷くにはあまりに多くのものがつくしに伸し掛かっていた。
 『つくしさん、あんたには他の誰にも増して、してやれることをし残した気がするんだよ、あたしは。もっとしてやれることがあったんじゃないかってね』 
 そう空気を変えるように話を終わらせたタマに、つくしも便乗して、あえてクスリと笑う。
 『…なんだか、永遠のお別れの言葉みたいですよ』
 そうは言ったが、完全に冗談のつもりだったのに、ふっとつくしの顔を見上げたタマの顔は、存外に真面目なものだったから、かえってつくしの方が焦ってしまった。
 『そうだね、そうなのかもしれないねぇ』
 『そんな。道明寺のお姉さん…椿さんが無事に出産されたら、またこちらの世田谷のお屋敷に戻ってきてくださるんですよね?』 
 『…そのつもりではいるけどね。あたしもこの年だからね。この先何があってもおかしくはないって思ったら、一瞬一瞬が惜しくて大切に思えるんだよ。だから、伝えたい言葉はその場で伝えることにしているんだ。年寄りの世迷言ではあるけれど、多少なりとも憶えておいてくださいな』



*****



 『どわははははははっ!!!』
 ドッとテレビ画面の向こうで沸き起こった爆笑に、ハッとつくしは物思いから覚めた。
 いつの間にか時間は過ぎて、まもなく時刻は0時を回ろうとしている。
 早寝早起き、きわめて規則正しい生活を送っている彼女だったから、いつもだったらとっくに寝ている時間帯。
 それなのになぜか妙に目が醒めて、一向に眠れる気がしない。
 それもおそらく、昼間の出来事…殺しても死なないくらいに思っていた司が倒れたことや、楓や神崎とのヘビーな三者面談、そして記憶を取り戻して以来ずっと支えになってくれていたタマが期間限定とはいえ、遠方に去ったことによる気疲れだったに違いなかった。
 「あたし、本当にどうしたらいいんだろ」
 …どうしたいの?
 脳裏にさまざまなことがまるで走馬灯のように過ぎては、また再び現れてつくしを悩ませ消耗させてゆく。
 『簡単なことでしょう?あなたを傷つけた男に復讐を果たして、この道明寺家を出てゆく。それがあなたの望みだったのではなくって?』
 楓の声が彼女をそそのかす。
 『どんなことでもします。たとえそれが悪魔に身を売ることだとしても、私は与えられたチャンスに挑みたい。ただ指を咥えて眺めていても、けっして欲しいものは手に入らないとわかっていますから』
 神崎の思いつめた目に、在り日の司を彷彿とさせたのは、つくしの目の錯覚だったのだろうか。
 そして、
 『お母さん、大好き。俺、もっともっといい子になるから、だから俺とずっといてね。どこにもいかないで。俺とお母さんとお父さんと、ずっとずっとずっ~と一緒にいようね、約束だよ』 
 眠りに落ちる前に、何度も念を押してきた戒の願いが、胸の奥を軋ませつくしを惑わせる。
 …あたしが、本当に望んでいること。
 それは―――。
 なぜかあれほど憎かった司の寂し気な横顔がふいに思い浮かんで、つくしは低く小さく呻いた。
 「ああぁ…あぁ」
 …あぁ。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0233】へ
  • 【愛してる、そばにいて0235】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

楓さんが呼んだ相手は神崎さんだったんですね?
ヘビーそう…
神崎さんもついに本性を現す?!
てっきりここらで、類くん登場!となるかと思っていました笑
あー、悩めるつくしちゃんの決断は…
気になってもやもやしてます。
また楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0233】へ
  • 【愛してる、そばにいて0235】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク