「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日④

愛してる、そばにいて0209

 ←愛してる、そばにいて0208 →愛してる、そばにいて0210
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 楓が言ったセリフとほとんどまったく同じセリフが司の口から出て、つくしが息を呑む。
 ふっと笑う気配に、自分が何も言わずして、自分の心情をいとも容易く司に悟らせてしまったことを知る。
 『わかんねぇはずねぇだろ。バリバリ敵愾心燃やして俺を毛嫌いしていたお前が、急に態度を軟化させた理由なんてちょっと考えれば馬鹿でもわかる。…ま、引っかかるのは、ガキでアホだった昔の俺くらいなもんだってことだな』
 ほろ苦い口調に、司もまたつくしと同様、過去に想いを馳せていたのだと容易に察せられる。
 だが、その追憶の行き着く果ての記憶は、つくしにはあまりに辛すぎた。
 『来いよ、いまさらお前を獲って喰いやしねぇ。スカイツリー見て、ショッピングして、飯食うだけだ。昔みたいにどっかのホテルに連れ込んで、無理やりお前をどうこうしたりしないさ』
 「………」
 『今のまま、めったに俺と顔も合わせない、会話もしない、そんな状態でお前はいいのかよ?たしかに、嫌いな俺とほとんど接触しないで済むのは本望だろうが、同時に、この先も同じ状態が続く…なんの進展もないってことだ。俺はかまわねぇさ。どんな状態でもお前を離すつもりはないし、お前が…いればそれでいい。けど、お前は違うんだろ?俺の詭弁には違いねぇが、自分の今に不満があって、変えたいならお前も動く必要があるんじゃねぇの?』
 司の声音にはたぶんに自嘲が含まれていた。
 そして、もしかしたら懇願も。
 そんな事を思うほどにどこからしくない、力ない声。
 つくしを離さないし、解放するつもりはないと言いながら、唆すようなことも言う。
 おそらく彼が言うとおりそれは詭弁で、ただ彼女がいさえすればいいと言いながら、今の仮面夫婦然とした冷淡な関係と状況を変えたい司なりの策略でもあるのだ。
 信じられるか信じられないかといえば、正直、いまだ彼をまったく信じられる気がしないつくしだったが、たしかにいまさら司が自分をどうこうするのに、どこかのホテルに連れ込んだり、ましてや騙し討ちする理由がまったくなかった。
 おそらく遠い過去、デートだと銘打って連れ出され、貴金属だ服だと与えられたあげくに体を対価のように貪られたあの当時でさえ、司はそれを当然の権利あるいは自分が拒絶されることなどありえないとでも思っていただけで、彼女を騙し討ちにしたとか、ましてやそのことに対して彼女がどれほど傷ついて苦しんでいたかなど欠片とも想像していなかったに違いない。
 …そうだよね。
 司がその気なら、いつでもつくしを奪うことはできるのだ。
 昔も、今も―――それは司次第で、今も状況に大した違いはなかった。
 「……わかった。何時頃?」



*****



 あとで時間は連絡する、と言って電話が切れて、しばらくして携帯の方にメールで連絡が入った。
 いつもの帰宅時間予告と同じく極めて簡素で、ある意味事務的なものだったが、時間と待ち合わせの場所を指定されたことで、『あの道明寺とデートする』という現実が差し迫ってきた。
 かなり強引ではあった。
 だが、命令じゃない、という言葉通り断る余地はあったと思う。
 半ば挑発されたようなものだとは言え、ある意味、初めて自分で選択して応じた司との『デート』。
 「…あれ?桜子から電話あったんだ」
 確認してみればメールも入っていて、出かけるためにバッグに携帯電話を入れたまま、トイレに立っている間に着信があったらしい。
 …どうしよう。
 なぜか、今桜子と話をする気持ちになれなかった。
 司に恨みがある…だからつくしに味方をすると言いながら、どこか含んでいるところのある桜子に、これからその司と『デート』に出かけるということを悟られたくなかった。
 敏い彼女だから、たとえつくしが黙っていたとしても、容易に暴かれてしまいそうで。
 「あ、そっか。再来週、野点があるんだっけ」
 つくしが電話に出なかったので、メールでも連絡してきたらしい。
 まだまだ単独で公の場にでることを躊躇して控えているつくしだったが、見学がてら気分転換も兼ね、総二郎が亭主を務めることになっている寺での茶会に参加することになっていた。
 その折の衣装やその他打ち合わせを、次回の手習いの後にすることになっていたのだが…。
 「桜子はお休みかぁ。あの子も、本当は何かと忙しいんだろうな…」
 いまさら茶道の手習いに、一から通う必要など桜子にはないのだ。
 茶道に限らず、華道や礼儀作法一般、その他、種々様々多様、上流階級の令嬢として必要な教養や教育は、桜子も子供の頃から一通り教え込まれてすでに身につけてしまっている。
 もちろん趣味や社交の一つとして、手習いに通い続けることは『あり』ではあったが、桜子が師事していた師匠は西門一門ではあったものの総二郎ではなく、むしろ本来なら同じ流派で師匠を変えることは容易なことではないし、義理人情的にもありないことだっただろう。
 ひとえにつくしのために、道明寺家の威光と次期家元である総二郎のお声掛りで、つくしに同伴することになったのだ。
 「電話…は、明日でいいや。メールしとこ」
 メールを打ちかけて、不意に気がついた。
 司がつくしの携帯ではなく、またメールでもなく、直接固定電話にかけてきたわけ。
 「…まさかね。かけ直せばいいだけのことじゃん」
 つくしに電話やメールを無視されたくないから、あるいは切られたくないから…人を介する固定電話ならばと、そんな怯懦からだなんて…。
 あの傲慢な男が、そんな些細なことを恐れるはずがない。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0208】へ
  • 【愛してる、そばにいて0210】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

楓さんとの接触はバレてない?!

つくしのこととなると、メンタル弱い男になる司も大好きです笑
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0208】へ
  • 【愛してる、そばにいて0210】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘