「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日④

愛してる、そばにいて0208

 ←愛してる、そばにいて0207 →愛してる、そばにいて0209
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 …なんで、携帯じゃなくって内線?
 そんなことを思いながら、外線との通話が通じるのを待つ。
 わずかなタイムラグと共に回線が通じる。
 「もしもし?
 『牧野か?俺だ』
 「…うん、なに?」
 返事を返したところでわずかな間が空き、
 『ちょっと、待て。……だ……ろ?い………ぁ…る。あ……ああ、任せる』
断りを入れられ、誰かと会話を交わしているような声が、途切れ途切れに聞こえてくる。
 …神崎さんかな。
 この時間帯なら仕事中だろうから、おそらく会議の合間か移動中を狙って電話してきたのだろう。
 『わりぃ』
 「いいけど、忙しんじゃないの?用があるならメールで連絡してくれればいいし、急用なら神崎さんか、誰かに言付けてもらえば……」
 『お前、今夜、時間あるか?』
 開口一言で断りを入れようとしたつくしを遮るように、司が問いかけてくる。
 『総二郎んとこに行くのは今日じゃなかったよな?』
 たまに互いの都合で予定が変更になることもあったが、友人知人の立場の私事ではなく、総二郎には正式に師事していたので、基本毎週決まった日時で手習いを受けていた。
 少しづつ世間を広げ出してはいるものの、それでも今のつくしには立場がある。
 また、彼女自身も実年齢と精神年齢とのギャップ以外にも戸惑うことが多くて、必然、意気込みほどにはまだ新しいことにチャレンジできてはいない。
 道明寺家の奥様修行的な詰め込み教育を中断している現在、司に都合を聞かれるほどの都合等などつくしにはなかった。
 「夜から三井先生がいらしてくれることになってるけど」
 『三井』、というのは、つくしが記憶障害を患ってから司が雇い入れている臨床心理士の資格を持つ心理カウンセラーの一人で、彼女が高校時代に退行してしまう前にも、彼女のメンタル面のサポートのために、一人、二人は常に雇われていた。
 だが、つくしが『道明寺夫人』としてではなく、現在の自分の個を求めて学ぶことを望んだ為、司が用意したのが彼らだった。
 英才教育のスパルタ式家庭教師たちではなく、彼女の精神面をサポートしつつ彼女が望む勉学が自由にできるようにと、それぞれの分野のみならずある程度柔軟に対応できる教師たちが用意されたのだ。
 『……夕方から俺と出かけないか?』
 「え?それって、パーティに同伴ってこと?」
 美作商事の主催のパーティに出席して以来、何度か打診されればつくしも司について参加するようにしていた。
 今は少しでも見聞を広めること。
 本来の自分の世界ではないという気持ちもないではなかったが、屋敷に閉じこもっていても、自身の進退になんの変化もないということは、楓や桜子に指摘されるまでもなく自覚していたから。
 『いや、そうじゃない。俺も今日は早く上がれそうだから、外に美味い飯でも食いに行こうぜ』
 「外に飯って……」
 三ツ星レストランに勝るとも劣らぬ料理をいつでも食べられる環境にいて、なぜわざわざ外に食べに行く必要があるのかと怪訝に問い返しかけて、…やっとつくしは、どうやら司が自分をデートに誘っているのではないかと思い当たった。
 『教師には俺の方から断りを入れさせる。今日は戒も英徳の合宿で外泊してるんだ、特に予定がないならかまわねぇだろ?』
 かまうかまわない以前に、むしろ逆に彼女が応じる可能性があると考える司の神経こそつくしには信じがたい。
 それとも以前のように、自分が望めばなんでもつくしを従わせることができるとでも考えているんだろうか。
 …変わったと思ったけど。
 それはやはり単なる幻想で、三つ子の魂百までもということわざの通り、この男の本質もやはり昔のままだということだろうか。
 …あの人には、むやみやたらと反発するんじゃなくって、この男を受け入れたフリをしろって忠告されたけど。
 楓同様、桜子の物言いにも、それを示唆しているようなところがあった。
 だからこそ、つくしもまた内心の葛藤を堪えて、司とできるだけ対立しないようにと穏便な関係を心がけていたのだ。
 だが、たとえそうしていたからといって、司に対するわだかまりがなくなったわけではないし、このままこの男と夫婦としてやっていくつもりなど微塵ともない。
 それでも一応は、言葉を選ぶ。
 なんとかここまで築いてきた平穏を、些細な事柄で脅かしたくないのも確かだった。
 「悪いけど…」
 『スカイツリー、行きたいんだろ?』
 「……は?」
 『行こうぜ、スカイツリー。俺も仕事では何度か立ち寄ったけど、そういえば観光とかショッピングで行ったことねぇしな』
 ふいに脳裏に蘇るデ・ジャヴは脳の錯覚などではなく、おそらく過去にあった出来事の揺り返しなのだろう。
 そうと思い出してみれば、いつもこの男は強引で、彼女の意志や都合など無視をして従わせてきた。
 「それって命令?」
 そして、こう尋ねるのも決まり文句のようなものだった。
 ―――いや、違ったか。
 そう反駁することさえできず、口惜しさを堪えて俯くことしかできなかった過去の自分。
 『…命令じゃねぇよ』
 「じゃあ、行か……」
 『いいのか?』
 被せるように言い募ってきたセリフに、つくしは思わず拒絶の言葉を途切らせた。
 『お前、俺から逃げたいんだろ?』
 「…………っ」
 『機会を作りたいのなら、相手を油断させること。敵を知り、自分を知り…機会を待つのは常道だ。だったら、お前も表向き俺とそれなりに上手くやって、俺の油断を誘うなり弱点を知る必要があるんじゃねぇの?』




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0207】へ
  • 【愛してる、そばにいて0209】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひーっ!
まさか知ってる?!
ドキドキの展開で続きが気になりますっ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0207】へ
  • 【愛してる、そばにいて0209】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘