FC2ブログ

「だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに」
総二郎

ハピネス

 ←光のカーテンの降る夜に…あなたと。  →星降る夜に願いを
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

~だから今日も I'm so happy~


 「誕生日、何がいい?」
 突然にそう言われたから、ついポロリと出てしまった本音。 
 「ディズニーランド!」
 「は?マジかよ」
 若干、西門さんの顔は引き攣っていた気がしたけど、その顔を見たらなおのこと行きたくなってしまったあたしって天邪鬼かな?
 でも、日頃抑えていた分、その反動だったのかもしれない。
 こんなことを言ったら子供っぽいと思われてしまうかも、こんなデートをしたいとか夢とかって呆れられちゃうんじゃないかなんて、いつも心の奥底に溜め込んで、彼に直接言えないことが少しづつ溜まり込んでいた気がする。
 「えっと、ダメかな?」
 それでもつい顔色を伺ってしまうのは、西門さんにツマラナイ女だと思われたくないから。
 あたしって見栄っ張りだよね。
 でもそれだけじゃなく、ただでさえ日頃忙しくて貴重な西門さんのたまの休みを、彼が望まぬことで無理矢理に付き合わせたりしたくないんだ。
 「バカ」
 コツンて小さく額のあたりを小突かれて、
 「痛いなぁ」
 本当に痛かったわけじゃないけど、我ながら甘ったれた声でボヤくフリをして小突かれたところを手のひらで隠したのは、あまりに優しい顔をした彼の顔になんだか涙ぐんでしまいそうだったから。
 …あたしの気持ちなんて、とっくにお見通しなんだよね。
 「そんな顔すんな」
 「…そんな顔?」
 「俺の機嫌を伺うみたいな…卑屈な顔」
 「………………」
 「お前らしくねぇよ、そんなの」
 繋いでいたあたしの手をギュッて握り直した西門さんが、ズンズン先へと歩き出す。
 「どこ行くの?」
 「ホテル」
 「はっ!?」
 こんな真昼間から何を抜かす、この男!?
 恋する乙女の可愛い心持ちになっていた、あたしの健気さも吹っ飛ばす一言。
 「ホ、ホテルなんか行くかっ!?」
 「じゃ、本屋にすっか?」
 「…………ほ、本屋?」
 ホテルの代替え案がなんで、本屋なのぉ?
 ポカンと口を開けて、二の句が継げないあたしの間抜けヅラがまたおかしいと、悪ガキそのまんまの顔で大笑いする秀麗な美貌を見上げているうちに、なんだかだんだん腹が立ってきた。
 「笑うなっ、この意地悪男ッ」
 日頃、あんたのそういう言動が目立つから、あたしが誤解?するんでしょっ。
 繋いだ手にギリギリと力を込め、爪を立ててムッと睨む。
 さすがに苦笑して、反対側の手でポンポンと手繋ぎしたままの手を叩いて宥められた。
 「いてて。まったく…どうしてお前はそう凶暴なんだ」
 「あんたがそうやって、あたしをカラかったり怒らせてばかりだから、あたしもそうせざるえないんじゃないの!」
 「ま、それはしょうがねぇな」
 「はぁ?」
 「お前を怒らせたり、百面相させるのが俺の趣味。お、タクシー来たから、あれ乗るぞ」



*****



 そして…今なぜか、ホテルのスウィートルームで、山ほどの旅行雑誌をテーブルに山積みにして、二人顔を突き合わせて雑誌やスマホを覗き込んでる。
 …結局まあ、あれから、あたしの誤解はやっぱり誤解じゃなくなってしまった。
 真昼間からなんだかんだといつもの西門パターンに引きずり込まれちゃって、二人共バスローブ姿だったりするんだよね…ハァ。
 「…お前、またバスローブの中にブラジャー着てんのかよ」
 「うん」
 「バスローブはバスタオルの代わりなんだから、普通そのまんま着るのが常識だろ。どこの世間にお前みたいに体拭いてから、下着まで着込んでる奴がいるんだよ」
 「え~だってさぁ…って……んん!?ちょっと、どこ見てんのよっ」
 ボカッ。
 「いてっ!!」
 今年の夏限定のグッズ特集とかに見入ってたから、うっかり自然に受け答えしちゃったけど、ハッ気がついて鉄拳制裁。
 西門さんが覗いていたと思しきバスローブの襟元を慌ててかき合わせる。
 「だから!気軽に俺をボカスカ殴んなっ」
 「……殴られるのが趣味なんでしょ?」
 たしかさっきそう言ってたよね?
 「殴られんのが趣味じゃねぇっつーの。俺はどれだけMなんだ」
 「結果的に殴られるのがわかってて、わざとそういうことを言うんだから、…相当?」
 「ふふん?じゃ、どっちがMかもう一度ここで検証してみっか?」
 「は?…うぎゃっ」
 ニヤリと笑った西門さんにいきなり横合いから体重を乗せられて、ソファの上に押し倒される。
 艶めいた美貌が濃厚に滲ませる色香に、ゾクリと背筋が泡立つ。
 いっひ~、さっきの今で、その気になんてなられたら、こっちの体がもたないっ!
 バスローブの合わせから滑り込んできた手に悲鳴。 
 「ぎゃあああ、やめれっ~どこ触ってんのよっ、この変態スケベッ!!」
 手足をバタつかせたり、胸に手を突っ張って猛烈に抵抗するけど、ただでさえウェイトの差があるっていうのに、この姿勢はいくらなんでもあたしに不利すぎるっ。
 だからと言って、本気で蹴り上げるわけにもいかないしねぇ。
 ひとしきりジャレあって、本格的にその気にさせたらヤバイと早々に降参する。
 「ごめんさい、ごめんさい、あたしがわるうございました!!」
 思いっきり不本意だけど、ここは謝るが勝ち!
 …っていうか、あたしの誕生日をとことん楽しもう、とかディズニーランド特集雑誌まで買い込んでくれちゃって、一緒にあーだこーだ計画してくれるのはいいけどさ。
 なにげに、さっきからちっとも進んでないよね。
 「もう…ホントに、あたしと一緒にディズニーランド行ってくれる気あるの?」
 「…行きたいんだろ?」
 倒れ込んでいたあたしの腕を引っ張て引き起こしてくれのに従って、体を起こして息をつく。
 「そりゃ…そうなんだけど」
 つい口ごもってしまったあたしの頭を、今度はぐちゃぐちゃっにかき混ぜてくれる。
 …まあ、いいけどね。
 これが外だともう一蹴り、二蹴りくらいするところだけど、それももうどうせ今更だ。
 「お前ってさ、俺に遠慮ないようで、なにげに遠慮しいだよな?」
 「……え?」
 「お前の中で、俺ってどんだけ自分勝手な奴なのか知らねぇけど、惚れた女のしたいことや望むことくらい叶えてやる気持ち、俺にだってあるんだぜ?」
 「西門さん」
 甘く微笑んで肩を抱いてくれる大きな手の温もり。
 「それに誕生日だろ?その日一杯はお前が女王様なんだから、好き勝手に俺を振り回せよ」
 「………うん」
 頷いて、雑誌へと顔を戻す。
 …嬉しい。
 「そのかわり、来年の俺の誕生日はまた俺が王様。お前、覚悟しとけよ」
 「……ああ、たしかに、あんたは王様だったわよね」
 それこそ半死半生に好き勝手されたつい半月前のあれこれを思い出して、顔が引き攣った。
 「ほれ、また俺がその気にならないうちに、パッパと決めちゃおうぜ」
 「パッパって、こういうのは、あれこれ悩んで計画立てるのも楽しみのうちなの!」



*****



 『西門さん、西門さん、こっちこっち!』
 念願のディズニーランドの真ん中で、手を振るあたしに苦笑して、西門さんが歩み寄る。
 『次はね、あれとこれと、それ!』
 『全然…次の予定だけじゃないじゃん』
 『だって、全部乗りたいんだもん!全部乗って、またもう一度乗りたい』
 欲張りなあたしに破顔して、クツクツ笑う西門さんの顔も凄く楽しそう。
 手を繋いで歩いて、お菓子を食べ歩きして食べさせあっては見つめ合って微笑んで、キャラクターの前で二人でチーズ。
 『大好き!西門さん』
 いつもは素直じゃなくって意地っ張りなあたしだけど、なぜか口をついてでる言葉は、あたしがいつも思ってることばかり。
 …大好き。
 …愛してる。
 …こうやっていつまでも、ずっと一緒にいたい。
 「…なんだよ。寝ながら笑ってんのかよ。どんな夢見てんだか」
 ふふふふ。
 …あ!ミッキー耳帽子だ!
 「ん~むにゃむにゃ。あたし…カチューシャ、西門さんはミッキー耳帽子………」
 「……………」
 見上げた空はどこまでも高く青く澄んで、あたしはとても幸せだった。

ハピネス



~FIN~



エーデルワイス:大切な思い出、勇気
エーデルワイス

【大切なのは自分が望んだように生きること。そして、それを続けること。お金があっても不幸な人生をおくるより、ずっと満足できるはず。】
~マージョリー・キナン・ローリングス(米国の女性作家 / 1986~1953) 参照 名言+Quotes

熊本(大分・宮崎)支援情報まとめ→http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/




web拍手 by FC2





総二郎ver.あとがき)

 実は私にとって、総二郎は司に次いで描きやすいキャラです。
 つかつく好きな読者の皆さんの中でも、類やあきらより、総二郎は読みやすいって方も多いと思います。
 類好きな方たちにとっては、あきらの方がいいのかな?
 潔癖(司):プレイボーイ(総)と真逆な個性な二人ですが、原作はともかく二次では司も分岐によってはプレイボーイに描かれることが多いからでしょうかねぇ?
 俺様度にしてみても、総二郎は司よりずっとソフトで、バランス型の次男の典型。
 …しかも、どちらかといえば、ヘタレ男^^;
 なんだろうなぁ、突き詰めていってもよくわからないのですが、やはりつくしとの掛け合いがいかにも王子様している類やあきらよりフランクな感じが近いんですかねぇ。
 総二郎、同時に私的にかなり創作意欲を沸かせてくれるキャラです。
 俺様男の集大成・司、宇宙人の類、安定のあきらは、それぞれ一途(あきらが一途かどうかは賛否が分かれそうですが^^;ま、不倫男のくせに、家庭的とかいうわけのわからないイメージありますからねぇ)路線のヒーローなのですが、唯一総二郎に関しては、私はカサノバのままで書いてみたいキャラだったりします。
 まあ、彼も本気で惚れた女ができれば様変わりしそうではあるのですが、原作番外編の『いちご物語』のイメージからして、メンタル弱そうで、本気で惚れた女に向き合わず逃げ出しそうなところがですねぇ…萌えますw
 いやあ、ダメ男の典型?
 これがそんじょそこらの普通の男とは違って、高スペック男子というところがミソですが。
 まあ、短編ではそこのところを表現しきれず、普通に一途?路線。
 そんなこんなで…やっぱり総二郎も短編だけじゃ書き足りないというか、書ききれなかったというか、あっという間の5話でした。
 またいつの日かこちらも中編でも書けたらいいなぁ、なんて。
 うーん、やはり花男は創作意欲を次々に沸かせてくれる萌え一杯の作品ですよね。


2016/07/06 byこ茶子
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【光のカーテンの降る夜に…あなたと。 】へ
  • 【星降る夜に願いを】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

総ちゃんも大好きでーす!
一時期は総二郎にどはまりしていました。
ヘタレ男子が好きなんですかね。
ヘタレを乗り越えて一途な所が萌えます。
あとは1人純和風な雰囲気だからですかね。
着物の色気がヤバいっ!!
私の中で一番フェロモン出てる男でーす笑

総ちゃんとディズニー楽しいだろうな。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

総つく

いつも楽しませて頂いています
  
総つくだ~い好きなんです 是非ぜひ 中編お願いします

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【光のカーテンの降る夜に…あなたと。 】へ
  • 【星降る夜に願いを】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク